京都大会
歴代優勝校
   
トップ画面に戻る  資料室に戻る 京都の歴代代表校へ

 

年 度  秋季大会=前年 
()内選抜出場回数
春 季 大 会  選 手 権
 ()内は出場回数
        出来事、  主な選手など
 2018
(平成30)
@乙 訓
A京都翔英 
大会詳細
     
2017
(平成29)
 
@東山
A京都翔英
A龍谷大平安

大会詳細

センバツへの道
 @龍谷大平安
 
 (2−0綾部)

大会詳細
 
 京都成章
  
(12−6龍谷大平安)
 
平安8−0(8)西城陽
京都成章5−1綾 部
 大会詳細
 京都成章、1998年全国準V以来19年ぶり3回目の甲子園へ
 選抜大会は、10年ぶりに京都勢の出場なし。
 京都代表 センバツ成績(164試合78勝85敗1分 勝率.479)
           とにかく勝率を5割に戻そう!
 京都代表、夏の選手権成績(208試合118勝89敗1分 勝率.570)

 京都のチームが1994年度以来23年ぶりに府外のチームに公式戦で1勝もできず。
  秋 報徳学園9−7東山、智辯学園6−4京都翔英、大阪桐蔭7−0龍谷大平安
  春 彦根東3−2龍谷大平安
  夏の甲子園 神村学園3x−2京都成章
 
 センバツの行進曲は、星野源『恋』。
  甲子園練習で初めて女子マネが参加。
 3月26日の2回戦第2試合(福岡大大濠1対1滋賀学園)、
  第3試合(福井工大福井7対7健大高崎)が続けて延長15回引き分け再試合に。
  第9日に再試合2試合を組み込み、以降1日ずつ繰り下げ。休養日なしに。
  これをきっかけにタイブレーク制導入の声が高まる。
  3月のWBCの対オランダ戦でタイブレークとなり、8対6で勝ったのも弾みに。
  決勝は史上初の大阪対決。大阪桐蔭8−3履正社
  大阪桐蔭の藤原恭大(2年)がセンバツ決勝では史上初めて2本塁打。

  夏の甲子園の3回戦、史上初となる二度目の春夏連覇を狙う大阪桐蔭、
 1対0とリードの9回裏2死1,2塁でショートからの送球受けた一塁手の中川卓也が
 ベースを踏み間違えて満塁。仙台育英の馬目郁也に中越えヒットされ、2者が生還。
 サヨナラ負けとなった。
  花咲徳栄が、埼玉代表として初めて全国制覇を成し遂げる(14−4広陵)。
  広陵は、夏4度目の準優勝(1927年、1967年、2007年、2017年)。
  中村奨成(広陵) 大会最多本塁打新記録(6本)。
           大会通算安打タイ。(19安打  1986年水口栄二=松山商)
           大会通算打点新記録(17打点  15打点 08年萩原圭悟=大阪桐蔭)
           大会通算塁打新記録(43塁打  38塁打 09年河合完治=中京大中京) 
 大会通算本塁打 68本の新記録。 60本=06年

 龍谷大平安、春または夏の甲子園出場、6年連続で途切れる。
 東山が秋季大会で1995年以来22年ぶりに優勝
 綾部が春季大会で63年ぶり決勝進出、夏の京都大会で42年ぶりベスト4に。

  ◎清宮幸太郎(早稲田実)、◎中村奨成(広陵)、◎徳山壮磨(大阪桐蔭)
  ◎清水達也(花咲徳栄)、西川愛也(花咲徳栄)、川端健斗(秀岳館)
  ◎丸山和郎(前橋育英) ◎増田珠(横浜)、古賀悠斗(福岡大大濠)

   
2016
(平成28)

 
@龍谷大平安
       
40
A福知山成美
 

大会詳細

センバツへの道
 @京都翔英
 
 (4−2塔南)

大会詳細
 京都翔英
  
(11−1福知山成美)
 
成美4−0塔南
翔英9−2(7)立命館宇治
 大会詳細
 
 龍谷大平安、春40回目の出場で、春夏合わせて73回の通算最多出場記録を更新。
   春と夏の全国大会で99勝69敗1分(勝率589)で勝利数 単独2位に。
          1位中京大中京133勝、3位はPL学園96勝 4位県岐阜商87勝
        センバツ大会で40勝39敗1分で勝利数単独4位に
          1位中京大中京55勝、2位東邦51勝、3位PL学園と県岐阜商48勝
 原田英彦監督、春夏通算26勝15敗1分で、通算勝利数18位タイに浮上。
    18位は三原新二郎(元外大西)、森士(浦和学院)、佐々木順一朗(仙台育英)ら5人
  
 京都代表 センバツ成績(164試合78勝85敗1分 勝率.479)
           とにかく勝率を5割に戻そう!
 京都代表、夏の選手権成績(207試合118勝88敗1分 勝率.573)
 
 新設の京都工学院が1年生10人だけで夏の大会に初出場。夏の京都大会出場校が
79校となった。初戦(2回戦)で朱雀に5−4と初勝利。

 福知山成美の田所孝二校長が3月で退任。岐阜第一の野球部監督に。

 春、夏の京都を制して夏の甲子園に出場。秋季大会も準Vと順調だった京都翔英の
浅井敬由監督が10月30日、動脈瘤破裂で56歳の若さで無念の急逝。残念。
 後任監督に伊地知正喜部長が就任。
 北嵯峨の米川勲監督が、4月の異動で洛東へ。顧問に。
 5月、京都共栄に神前俊彦監督が就任。PL学園全盛時代の1982年、大阪府立春日丘
高校の監督として甲子園に出場。

 ◎寺島成輝(履正社⇒横浜)、◎今井達也(作新学院⇒西武)、◎藤平尚真(横浜⇒楽天)、
 ◎堀瑞輝(広島新庄⇒日ハム)、◎高橋昴也(花咲徳栄⇒広島)、
  古谷優人(江陵⇒SB)、◎九鬼隆平(秀岳館⇒SB)、◎松尾大河(秀岳館⇒横浜)、
 ◎島孝明(東海大市原望洋⇒ロッテ)、◎鈴木将平(静岡⇒西武)
 ◎藤嶋健人(東邦⇒中日) 高田萌生(創志学園⇒巨人)、

 ◎早川隆久(木更津総合⇒早稲田大)、大西健斗(北海⇒慶應義塾大)
 ◎渡辺雄太(いなべ総合⇒法政大)、◎小池航貴(木更津総合⇒帝京平成大)、
 ◎伊藤優平(八戸学院光星⇒八戸学院大)
 ◎入江大生(作新学院⇒明治大)、◎佐藤勇基(中京大中京⇒法政大)、
 ◎林中勇輝(敦賀気比⇒立教大)、 ◎納大地(智弁和歌山⇒東洋大)
◎U18アジア選手権=優勝

 石原彪(翔英⇒楽天)、清水陸哉(京都国際⇒SB)
 森元啓雄(京都翔英⇒帝京大)、
 瀧野雅太(京都翔英⇒東京国際大)、高向遼平(京都翔英)、
 市岡奏馬(龍谷大平安⇒明治大)、橋本和樹(龍谷大平安⇒立命館大)
 築山雄介(塔南⇒関西大)、上野晃徳(乙訓⇒京産大)
 
 
2015
(平成27)
大会結果
@龍谷大平安
       
39
A立命館宇治
       

B鳥 羽
大会詳細
 
センバツへの道
@龍谷大平安
 (7−4立命館)

大会詳細
 鳥  羽
  
(6−4立命館宇治)
 
鳥羽8−0(7)乙訓
立宇治7−6(15)京都共栄
 大会詳細
 龍谷大平安、春39回目の出場で、春夏合わせて72回の通算最多出場記録を更新。

 龍谷大平安と立命館宇治、京都勢のセンバツ2校出場は3年連続。
  昭和7=平安中、京都師範、昭和8=平安中、京都商、
 昭和9=京都一商、京都商以来。  京商のエースは沢村栄治

 京都代表 センバツ成績(160試合75勝84敗1分 勝率.472)
 京都代表、夏の選手権成績(206試合118勝87敗1分 勝率.576)

 龍谷大平安 全国大会で 96勝68敗1分(勝率.585)
 敦賀気比の松本哲幣(京都ライオンズ)、準決勝の対大阪桐蔭で2打席連続満塁弾。
 高校野球100年で初めて。決勝でも8回に決勝の2ラン。

 龍谷大平安、春季京都大会制し、府内で5季連続V。26連勝。
 夏は4回戦で京都翔英に屈し、6季連続Vならず。

 高校野球100年、第1回大会優勝の鳥羽が甲子園へ
 レジェンド校鳥羽、主催者に指名され、梅谷成悟主将が開会式で選手宣誓
 京都代表、9年ぶりの夏2勝 (2006年の福知山成美3勝以来)
 鳥羽が夏の甲子園出場で、2003年以来続いた平安、成美、外大西の独占時代終了。

 春季京都大会からタイブレーク制を導入。延長13回から無死12塁。打順は任意。
 1次戦2回戦の南陽-京都文教で初めて実施された。7対7で延長13回に入り、12対9で
京都文教が勝利。 

 立命館宇治の卯瀧逸夫監督が、夏の大会を最後に勇退。
 後任に、鳥羽高校時代の教え子で甲子園出場経験のある里井祥吾コーチ。

 京都翔英の太田弘昭監督が2015年秋季大会後に退任、
 後任に東邦の1977年夏準優勝メンバーで早稲田大出身の浅井敬由監督。

 西城陽の南條浩一監督が、4月の異動で山城へ。秋から監督に就任。
 北稜の市川靖久監督が、4月の異動で乙訓へ。監督に。
 山城の手島健守監督が、4月の異動で北稜へ。監督に。
 乙訓の末常拓司監督が、4月の異動で京都八幡へ。
 乙訓の卯瀧洋直部長が、4月の異動で北嵯峨へ。16年秋から監督に。
 乙訓に、染田賢作先生(奈良郡山→同志社大→横浜ベイスターズ)が新規赴任。

 高橋奎二(龍谷大平安⇒YS)
 ◎高橋純平(県岐阜商⇒SB)、◎オコエ瑠偉(関東一⇒楽天)
 ◎小笠原慎之介(東海大相模⇒CD)、◎平沢大河(仙台育英⇒ロッテ)、
 ◎佐藤世那(仙台育英⇒BW)、吉田凌(東海大相模⇒BW)、◎高橋樹也(花巻東⇒広島)

 ○広岡大志(智辯学園⇒YS) 平沼翔太(敦賀気比⇒日ハム)、
 ◎堀内謙伍(静岡⇒楽天)、成田翔(秋田商⇒ロッテ)

 〇勝野昌慶(土岐商⇒三菱重工名古屋)、〇永谷暢章(履正社⇒JR東日本)
 
  松本哲幣
(敦賀気比⇒同大)、◎篠原涼(敦賀気比⇒筑波大)、
 ◎杉崎成輝(東海大相模⇒東海大)、◎豊田寛(東海大相模⇒国際武道大)、
 ◎勝俣翔貴(東海大菅生⇒国際武道大)、◎郡司裕也(仙台育英⇒慶大)、
 ◎森下暢仁(大分商⇒明大)、◎船曳海(天理⇒法大)、小川良憲(近江⇒駒大)
 ◎上野翔太郎(中京大中京⇒駒大)、◎伊藤寛士(中京大中京⇒法大)、
 ◎津田翔貴(浦和学院⇒東洋大)、◎宇草孔基(常総学院⇒法大)、
 小倉匡祐(京丹後ボーイズ⇒浦和学院⇒三菱自動車京都))

 ◎U18W杯=準優勝 1−2アメリカ
 〇U23W杯=優勝  10−3豪州

 松尾大輝(鳥羽⇒箕島球友会)、梅谷成悟(鳥羽⇒天理大)、
 小薗晋之介(鳥羽⇒京産大)、山下太雅(立宇治⇒立命大)、伊藤大賀(立宇治)、
 奈良祥平(立宇治⇒立命大)、 西川寛崇(平安⇒京産大)、城島大輝(平安⇒日大)
、菅田大介(京都共栄⇒奈良学園大)、


2014
(平成26)
大会結果 
@龍谷大平安
       
38
A
福知山成美
       

  

大会詳細 
 
センバツへの道

日本一の軌跡
@龍谷大平安
   (6−5)
A立命館宇治
B鳥 羽
大会詳細
 
龍谷大平安33
  
(10−0京都すばる)
 
  平安9−2(7)東山
  すばる10−0(5)山城
 大会詳細

  
 龍谷大平安、38回目の出場でセンバツ初優勝
 龍谷大平安、秋季近畿大会で優勝。神宮大会に出場。
 龍谷大平安、春38回、春夏合わせて70回の通算最多記録を更新。
 龍谷大平安、1回戦・大島戦の勝利は、京都の選抜通算70勝目。
 京都勢、2年連続2校のセンバツ出場は、1998年(京都西、京都成章)、
 1999年(平安、峰山)以来15年ぶり。
 京都代表、センバツ成績(158試合75勝82敗1分 勝率.478)
 龍谷大平安、夏33回目、春夏合わせて71回目の通算最多記録を更新。
 京都代表、夏の選手権成績(203試合116勝86敗1分 勝率.574)
 
 福知山成美の田所監督、4月に校長就任。夏の京都大会をもって監督を退任。
 府立工の守本尚史監督が、4月の異動で宮津へ。秋から監督に。

 この夏の京都大会から、シード校は1回戦を免除されることに。2回戦から登場。

 
 ◎13〇安楽智大(済美⇒楽天)、◎13◎高橋光成(前橋育英⇒西武)、
 ◎浅間大基(横浜⇒日ハム)
 高濱祐仁(横浜⇒日ハム)、松本裕樹(盛岡大付⇒SB)、◎栗原陵矢(春江工⇒SB)、
 ◎岡本和真(智辯学園⇒巨人)、〇植田海(近江⇒阪神)、◎飯塚悟史(日本文理⇒横浜)
 清水優心(九州国際大付⇒日ハム)、古沢勝吾(九州国際大付⇒SB)、
 立田将太(大和広陵⇒日ハム)、石川直也(山形中央⇒日ハム)、
 桑原樹(常葉菊川⇒広島)、◎脇本直人(健大高崎⇒千葉ロッテ)、
 ◎香月一也(大阪桐蔭⇒千葉ロッテ)、小野郁(西日本短大付⇒楽天)、
 〇塹江敦哉(高松来た⇒広島)

 ◎小島和哉(浦和学院⇒早稲田大、◎森田駿哉(富山商⇒法大)、
 ◎岸潤一郎(明徳義塾⇒拓大)、伊藤優輔(都小山台⇒中大)
 青島凌也(東海大相模⇒東海大)、中川圭太(PL学園⇒東洋大)
 〇田嶋大樹(佐野日大⇒JR東日本)、田中空良(豊川⇒東邦ガス)
 佐藤雄偉知(東海大相模⇒Honda鈴鹿)、◎山城大智(沖縄尚学⇒亜大)
 ◎岸田行倫(報徳学園⇒大阪ガス)、◎岡田耕太(敦賀気比⇒駒大)
 ◎安田孝之(明徳義塾⇒大院大)、◎吉田有輝(履正社⇒明大)
 ◎安里健(沖縄尚学⇒亜大)、峯本匠(大阪桐蔭⇒立大)
  

 ◎13 U18W杯=準優勝 
 ◎U18アジア選手権=準優勝 1−2韓国
 〇U23W杯=優勝  10−3豪州

 亀井塔生(日星⇒横浜)、
 ◎徳本健太朗(平安⇒青学大)、河合泰聖(平安⇒中央大)、姫野大成(平安⇒関学大)、
 中口大地(平安⇒国学院大)、大谷司(平安⇒同大)、常仁志(平安⇒東北福祉大)、
 高橋佑八(平安⇒関大)、中田竜次(平安⇒龍大)、石川拓弥(平安⇒亜大) 
 石原丈路(成美⇒近大)、佐野友亮(成美⇒立命大)、西田友紀(成美⇒関大)、
 山上大輔(立命館宇治⇒立命大)、佐田梨貴人(京都国際⇒ジェイプロジェクト)
 萠抜哲也(綾部⇒京都学園大) 大江克哉(塔南⇒花園大)
2013
(平成25)
大会結果 
 第85回
@京都翔英
A福知山成美
B
龍谷大平安
      (
37
     
 大会詳細
センバツへの道
@鳥羽
 (4−3=10回)
    北嵯峨

大会詳細
 第95回
福知山成美

    (5−0鳥羽)
  
  
鳥羽8−1京都廣学館
   成美1−0京都翔英


大会詳細
 秋季近畿大会で京都翔英が優勝。神宮大会に出場。(1−3北照)
 龍谷大平安、春37回、春夏合わせて69回の通算最多記録を更新。
 京都代表、選抜成績(150試合68勝81敗1分 勝率.456)
 京都代表、夏の大会成績(202試合116勝85敗1分.勝率.577)

 京都、センバツで1999年(平安、峰山)以来の2校出場。
    センバツで1998年(京都西、京都成章)以来の2校とも初戦敗退。

 センバツで、高田涼太(浦和学院)、松井秀喜に並ぶ3戦連続本塁打。
 夏の甲子園で、前橋育英の高橋光成、9者連続Kの史上2位。

 ◎12◎森友哉(大阪桐蔭⇒西武)、◎松井裕樹(桐光学園⇒楽天)、
 ◎田口麗人(広島新庄⇒巨人)
 ◎渡辺諒(東海大甲府⇒日ハム)、児山祐斗(関西⇒YS)、関根大気(東邦⇒横浜)、
 ◎若月健矢(花咲徳栄⇒BW)、鈴木翔太(聖隷クリストファ⇒中日)、
 横田慎太郎(鹿児島実⇒阪神)、◎吉田雄人(北照⇒BW)、
 ◎内田靖人(常総学院⇒楽天)、◎奥村展征(日大山形⇒巨人⇒YS)
 ◎上林誠知(仙台育英⇒SB)、岸里亮佑(花巻東⇒日ハム)、和田恋(高知⇒巨人)、
 中村祐太(関東一⇒広島)、〇岸本淳希(敦賀気比⇒中日)
 ◎園部聡(聖光学園⇒BW)
 
 ◎山岡泰輔(瀬戸内⇒東京ガス⇒BW)、谷岡竜平(成立学園⇒東芝⇒巨人)
 土肥星也(尽誠学園⇒大阪ガス⇒ロッテ) ◎高橋由弥(岩国商⇒駒大)
 坂東湧梧(鳴門⇒JR東日本)、喜多亮太(敦賀気比⇒セガサミー)
 ◎岩重章仁(延岡学園⇒岡山シティーライト)
 
 大竹耕太郎(濟々黌⇒早稲田大)、宮台康平(湘南⇒東大)、
 竹村春樹(浦和学院⇒明大)、遠藤康平(常葉菊川⇒青学大)
 下石涼太(広陵⇒東海大)、笠松悠哉(大阪桐蔭⇒立教大)
 ◎逸崎友誠(明徳義塾⇒拓大)、◎竹村春樹(浦和学院⇒明大)
 ◎熊谷敬宥(仙台育英⇒立教大)、◎森龍馬(日大三⇒法大)
  
 ◎U18W杯=準優勝 2−3アメリカ

 曽根成海(京都国際→福岡ソフトバンク)
 榎本和輝(翔英⇒大商大)、日下部光(成美⇒大商大)、木村匠(成美⇒仏教大)
 遠藤涼太(鳥羽⇒大体大)、北川瑠輝也(鳥羽⇒大体大)、坂本龍聖(平安⇒大産大)、
 牧野勇人(平安⇒天理大)、福岡拓弥(平安⇒創価大)、有田浩之(平安⇒桐蔭横浜大)、
 山口翔悟(翔英⇒拓殖大)、仲村渠康太、桑原大輝(福知山成美)、
 嶋田侑人(龍谷大平安)、小林大記(京都廣学館) 
2012
大会結果
@鳥 羽
A立命館
 
大会詳細
@鳥羽
 (9−1
  福知山成美)

大会詳細

龍谷大平安32
  
(4−1京都両洋)

   平安6−1成美
   両洋4−1東山
大会詳細
 龍谷大平安、春夏合わせて68回の通算最多出場(春36回、
 夏32回)記録を更新。 
 京都代表、夏の大会成績(201試合116勝84敗1分.勝率.580)
       選抜成績(148試合68勝79敗1分 勝率.463)

 大阪桐蔭、史上7校目の春夏連覇。
 大阪桐蔭vs光星学院、史上初の春夏決勝同一カード。

 松井裕樹(桐光学園)、夏の甲子園1回戦の今治西戦で、戸田善紀
(PL学園・昭和38春)の21を上回る9回22奪三振の最多記録、小川正太郎
(和歌山中・大正15夏)の8個連続を上回る10連続三振の最多記録をマーク。
 大会4試合で通算68奪三振。
(最多は昭和33年夏・板東英二=徳島商の6試合83K)
 夏の大会の9イニング最多奪三振は、1925年(第11)の森田勇(東山中)ら
5人の19Kだった。

 ◎高橋大樹(平安⇒広島)、〇真砂勇介(西城陽⇒福岡ソフトバンク)
 ◎大谷翔平(花巻東⇒日ハム)、鈴木誠也(二松学舎大付⇒広島)
 ◎藤浪晋太郎(大阪桐蔭⇒阪神)、◎田村龍弘(光星学院⇒ロッテ)、
 ◎北条史也(光星学院⇒阪神)、〇青山大紀(智辯学園⇒トヨタ自動車⇒BW)
 森雄大(東福岡⇒楽天)、◎浜田達郎(愛工大名電⇒中日)、〇武田健吾(自由ヶ丘⇒BW)
 〇笠原大芽(福岡工大城東⇒SB)、〇下妻良寛(酒田南⇒楽天)
 ◎大塚尚仁(九州学院⇒楽天)

 田中正義(創価⇒創価大⇒SB)、柳裕也(横浜⇒明大⇒中日)、
 佐々木千隼(東京・日野⇒桜美林大⇒ロッテ)
 石井一成(作新学院⇒早稲田大⇒日ハム)
 黒木優太(橘学苑⇒立正大⇒BW)、吉川尚輝(中京⇒中京学院大⇒巨人)、
 京田陽太(青森山田⇒日大⇒中日)、浜口遥大(三養基⇒神奈川大⇒横浜)、
 中塚駿太(つくば秀英⇒白鴎大⇒西武)、大山悠輔(つくば秀英⇒白鴎大⇒阪神)、
 加藤拓也(慶応⇒慶大⇒広島)、、畠世周(近大福山高広島⇒近大⇒巨人)
 水野滉也(札幌日大⇒東海大北海道C⇒横浜)、星知弥(宇都宮工⇒明大⇒YS)
 池田隆英(創価⇒創価大⇒楽天)、澤田圭佑(大阪桐蔭⇒立教大⇒BW)
 田村伊知郎(報徳学園⇒立教大⇒西武)

 ◎水本弦(大阪桐蔭⇒亜大)、波多野陽介(日本文理⇒東北福祉大)
 玉熊将一(北海⇒法大)、竹内諒(松阪⇒早稲田大)、諏訪洸(下妻二⇒亜大)
 ◎岡野祐一郎(聖光学院⇒青学大)、◎榊原友(東海大甲府⇒東海大)
 ◎中道勝士(智弁学園⇒明大)、◎金子凌也(日大三⇒法大)
 藤原隆蒔(近江⇒京産大)、◎佐藤拓也(浦和学院⇒立教大)
 天久翔斗(光星学院⇒東海大)、〇佐野洋樹(一関学院⇒JR九州)
 ◎菅原拓那(常総学院⇒国学院大)、◎城間竜平(光星学院⇒東北福祉大)
 ◎伊與田一起(明徳義塾⇒専大)、◎呉屋良拓(浦添商⇒日大)
 ◎笹川晃平(浦和学院⇒東洋大)

 ◎U18世界選手権=6位
 〇U23W杯=優勝 10−3豪州

 久保田昌也(平安⇒国学院大)、井澤凌一朗(平安⇒東北福祉大)
 梅田響(平安⇒龍谷大)、原井佑輔(成美⇒京産大)、響和也(成美⇒関大)
 吉本純也(京都共栄⇒関西国際大)、片岡卓人(京都共栄⇒関西国際大)、
 五味拓真(鳥羽⇒関大)、枝勇樹(鳥羽⇒天理大)、
 津田智弘(乙訓⇒びわこ成蹊大)、
 
 鍵田匡宏、釣井景太、菊地聖矢、横垣勝太(京都両洋)、
 西田晃太郎(福知山成美⇒近大)、山口拓郎(東山⇒びわこ成蹊大)
 高須翔大(西城陽⇒立命大)、神田尚之(北嵯峨)、土井康平(乙訓)
 本多和樹(府立工⇒三菱自動車京都)、足立匠(府立工)、
 伊藤数馬、青木裕司(立命館⇒立命大)
    
2011
大会結果 
@塔   南
A京都外大西
B京都成章

 
大会詳細 
@立命館宇治
 (4−3
  福知山成美)

 大会詳細 
 龍谷大平安31
  (9−3立命館宇治)
  
   立宇治9−5両洋
   平 安6−3成美

 大会詳細 
 3月11日 東日本大震災。
 龍谷大平安、春夏合わせて67回の通算最多出場(春36回、
夏31回)記録を更新。
 京都代表、夏の大会成績。(199試合115勝83敗1分.勝率.581)
 京都代表、選抜の成績。(147試合68勝78敗1分 勝率.466)

 桑原将志(福知山成美⇒横浜)、駒月仁人(塔南⇒埼玉西武)、芳川庸(洛北⇒巨人)

 武田翔太(宮崎日大⇒SB)、◎近藤健介(横浜⇒日ハム)、高山峻(日大三⇒明大⇒阪神)
 今永昇太(北築⇒駒大⇒横浜)、岡田明丈(大商大高⇒大商大⇒広島)
 茂木栄五郎(桐蔭学園⇒早稲田大⇒楽天)、重信慎之介(早稲田実⇒早稲田大⇒巨人)
 上沢直之(専大松戸⇒日ハム)、◎原樹理(東洋大姫路⇒東洋大⇒YS)、
 吉田正尚(敦賀気比⇒青学大⇒BW)、坂本誠志郎(履正社⇒明大⇒阪神)
 ◎野田昇吾(鹿児島実⇒西濃運輸⇒西武)
 
 横山雄哉(山形中央⇒新日鐵住金鹿島⇒阪神)、多和田真三郎(中部商⇒富士大⇒西武)
 野村亮介(静清⇒三菱日立PS横浜⇒中日)、大城滉二(興南⇒立教大⇒BW)、
 ◎横尾俊健(日大三⇒慶大⇒日ハム)、上原健太(広陵⇒明大⇒日ハム)
 桜井俊貴(北須磨⇒立命大⇒巨人)、田中豊樹(佐賀商⇒日本文理大⇒日ハム)、
 熊原健人(宮城・柴田⇒仙台大⇒横浜)、〇吉持亮汰(広陵⇒大商大⇒楽天)
 〇本田圭佑(東北学院⇒東北学院大⇒西武)、〇乙坂智(横浜⇒横浜)
 〇柿沼友哉(静岡・誠恵⇒日大国際関係学部⇒ロッテ)、
 〇山崎晃太朗(青森山田⇒日大⇒YS)、

 ◎釜田佳直(金沢⇒楽天)、◎〇歳内宏明(聖光学院⇒阪神)、
 〇三好匠(九国大付⇒楽天)、高城俊人(九国大付⇒横浜)、
 松田遼馬(波佐見⇒阪神)、◎高橋周平(東海大甲府⇒中日)、
 今村信貴(大成学院大高⇒巨人)、◎北方悠誠(唐津商⇒横浜)、
 西田直斗(大阪桐蔭⇒阪神)、長江恭平(長崎海星⇒西武)、川上竜平(光星学院⇒YS)
 ◎北川倫太郎(明徳義塾⇒楽天)

 前田滉平(京都外大西⇒駒大⇒王子)、◎吉永健太朗(日大三⇒早稲田大⇒JR東日本)、
 〇丸子達也(広陵⇒早稲田大⇒JR東日本)
 ◎道端俊輔(智弁和歌山⇒早稲田大⇒明治安田生命)
 ◎畦上翔、(日大三⇒法大⇒Honda鈴鹿)、◎谷田成吾(慶応⇒慶大⇒JX-ENEOS)、
 藤岡裕大(岡山理大付⇒亜大⇒トヨタ自動車)、海部大斗(履正社⇒明大)、
 〇大野亨輔(星稜⇒専大⇒三菱日立PS横浜)、◎佐藤大貢(東海大相模⇒東海大)
 ◎板崎直人(作新学院⇒筑波大⇒東京ガス)、
 ◎臼田哲也(東海大相模⇒東海大⇒東京ガス)
 ◎宮内和也(習志野⇒明大⇒NTT東日本)、

 ◎U18アジア選手権=優勝 6−1韓国
 〇U23W杯=優勝  10−3豪州

 新谷承起(綾部ファイターズ⇒綾部シニア⇒成美⇒大商大⇒カナフレックス)
 小嶋恭介(平安⇒立正大)、太田翼(平安⇒近大⇒日本生命)、松下拓司(平安⇒日大)、
 古川昴樹(立宇治⇒立命大⇒大阪ガス)、津田響(成美⇒京産大⇒西濃運輸)、
 奥田史也(成美⇒九州共立大⇒カナフレックス)、幕谷昴大(成美⇒仏教大)
 福本拓也、川部開大、土肥純平(立宇治⇒立命大)、光山一生(京都両洋)、
 桂拓也(山城⇒京都学園大)、石原壮希(福知山⇒京都教育大)、
 宮城謙次郎(鳥羽⇒龍谷大)、河邉良太(鳥羽⇒三菱自動車京都)
 末永将史(西城陽⇒同大)、粟津達也(塔南)、笠舞一騎(塔南⇒大阪電気通信大)、
 西野健太郎(京都成章⇒同大)
 
2010
大会結果
@立命館宇治(
A福知山成美 
@府立工
(4−1京都成章)
 京都外大西
   (8−0京都翔英)
    
    外大西2−0成章
    翔 英5−3平安
 福知山成美、不祥事で夏の大会に出場できず。
 興南、史上6校目の春夏連覇。

 島本浩也(福知山成美⇒阪神タイガース)
 山田哲人(履正社⇒YS)、有原航平(広陵⇒早稲田大⇒北海道日本ハム)、
 中村奨吾(天理⇒早稲田大⇒千葉ロッテ)、山崎康晃(帝京⇒亜大⇒横浜)、
 中崎翔太(日南学園⇒広島)、戸根千秋(石見智翠館⇒日大⇒巨人)
 後藤駿太(前橋商⇒BW)、宮國椋丞(糸満⇒巨人)、石田健大(広島工⇒法大⇒横浜)、
 江越大賀(長崎海星⇒駒大⇒阪神)、田中英祐(白陵⇒京大⇒ロッテ)
 塚原頌平(つくば秀明⇒BW)
 
 島袋洋奨(興南⇒中大⇒SB)、柿田裕太(松本工⇒日本生命⇒横浜)、
 山崎福也(日大三⇒明大⇒BW)、吉川大幾(PL学園⇒中日、巨人)、
 野間峻祥(村野工⇒中部学院大⇒広島)、浜田智博(宮崎工⇒九州産大⇒中日)、
 佐野泰雄(和光⇒平成国際大⇒西武)、薮田和樹(岡山理大付⇒亜大⇒広島)、
 風張蓮(伊保内⇒東農大北海道オホーツク⇒YS)、
 〇山下幸輝(関東一⇒国学院大⇒横浜)

 一二三慎太(東海大相模⇒阪神)、中野ジャスティン(向上⇒関東学院大⇒JX-ENEOS)
 我如古盛次(興南⇒立教大⇒東京ガス)、峰下智弘(佐賀学園⇒近大⇒東京ガス)、
 
 〇U23W杯=優勝  10−3豪州

 森脇亮介(塔南⇒日大⇒セガサミー)、中村充、渡辺悠斗(外大西)、
 酒居知史(平安⇒大体大⇒大阪ガス⇒千葉ロッテ)、
 飯田遼(平安⇒奈良学園大⇒新日鉄住金広畑)、
 西山勇弥(綾部シニア⇒府立工⇒福井工大)、
 杉恒太郎(北嵯峨⇒京産大⇒西濃運輸)、
 小嵜裕之、田口真基、西川進士郎(立宇治)、高橋道岳(洛西)
 今井新水(成美⇒京産大⇒ミキハウスRED)、白石遼(成美⇒佛教大⇒OBC高島)
2009  @福知山成美()
A立命館
B塔 南
 
@京都両洋
 (1−0
  福知山成美)
 
龍谷大平安30
 (5×ー4福知山成美)
    
    平安9−2鳥羽
    成美6−2外大西
 第2回京津大会に「東寺中」として出場した「洛南」、1959年(昭和34)
の「東寺」以来、50年ぶり復活。京都大会出場78校に。

センバツで、早稲田実と慶応が出場。センバツで早慶揃い踏みは初めて。
夏は1956年に1度ある。

 昨年の秋季大会に不祥事で出場できなかった龍谷大平安が、春季大会
後の急成長で混戦の京都大会を制す。

 岩橋慶侍(京都すばる⇒京産大⇒東京ヤクルト)
 今宮健太(明豊⇒SB)、筒香嘉智(横浜⇒横浜DeNA)、菊池雄星(花巻東⇒西武)、
 今村猛(清峰⇒広島)、岡大海(倉敷商⇒明大⇒日ハム)、岡田俊哉(智辯和歌山⇒中日)
 原口文仁(帝京⇒阪神)、大瀬良大地(長崎日大⇒九州共立大⇒広島)、
 梅野隆太郎(福岡工大城東⇒福岡大⇒阪神)、岩崎優(清水東⇒国士舘大⇒阪神)、
 岩貞祐太(必由館⇒横浜商科大⇒阪神)、高梨裕稔(千葉・土気⇒山梨学院大⇒日ハム)
 森唯斗(徳島・海部⇒三菱自動車倉敷オーシャンズ)、

 堂林翔太(中京大中京⇒広島)、秋山拓巳(西条⇒阪神)、
 杉浦稔大(帯広大谷⇒国学院大⇒YS)、加治屋蓮(宮崎・福島⇒JR九州⇒SB)、、
 西浦直亨(天理⇒法大⇒YS)、九里亜連(岡山理大付⇒亜大⇒広島)、
 嶺井博希(沖縄尚学⇒亜大⇒横浜)、石川駿(北大津⇒明大⇒JX-ENEOS⇒中日)、

 河合完治(中京大中京⇒法大⇒トヨタ自動車)
 
 長岡宏介(成美⇒王子)、福本匠(成美⇒関学大⇒兵庫県警桃太郎)、
 杉本聖和(成美⇒近大⇒大和高田クラブ)、深瀬幹太(成美⇒大産大⇒カナフレックス)
 縄田健太(平安⇒関西大)、橋本貴弘(平安⇒近大)、
 中川拓(外大西⇒法政大)、釣井将貴(両洋⇒明治大)、
 山田和毅(紫野⇒京産大⇒日本生命)、山口拓也(立命館宇治⇒立命館大⇒NTT西日本)
 崔智浩(京都国際)
2008
(平成20) 
第80回選抜
@平 安(
36
A西城陽
 
@龍谷大平安
 (6−4)
A福知山成美
B京都国際
 
 第90回
 福知山成美

   (8−2立命館宇治)
   
    成美12−2外大西
    立宇治5−4平安
 秋季近畿大会、平安が準優勝(2−6東洋大姫路) 
 「ラスト平安」、選抜出場最多記録(36)を更新。
 選抜後、校名が「龍谷大学付属平安」に。ユニフォームの左袖に「龍谷大学」と入った。
 奥本保昭監督、塔南に赴任。

 甲子園球場が改修された。
 選抜の80回大会を記念して、開会式で谷村新司が開会式で観客に『今ありて』
 の歌唱指導を行った。
 3回戦の平安対鹿児島工が延長15回3−3の引き分け再試合となり、翌日、1−0で
 平安が勝った。初戦は2回戦で21世紀枠の愛知成章に3−2、3回戦も突破して
 準々決勝に進んだが、聖望学園に0−8で敗れた。
 優勝は、沖縄尚学で聖望学園に9−0。
 大会本塁打は14本。京都はなし。

 夏の大会の選手宣誓は、福知山成美の椎葉一勲主将。代表は55校。
 北京五輪の日程(8月8日〜24日)を考慮して、史上最も早い8月2日に開幕。
組合せ抽選は予選決勝終了直後にその球場で主将が引いた。甲子園練習も行わ
なかった。
 開会式の前に、中西太(高松一)、仲宗根弘(首里)、板東英二(徳島商)、村椿輝雄
(魚津)、太田幸司(三沢)、坂本佳一(東邦)、香川伸行(浪商)、桑田真澄(PL学園)
芝草宇宙(帝京)、鈴木康仁、糸屋義典(駒大苫小牧)が高校時代のユニフォームで
登場し、子供たちとキャッチボールを行った。
 福知山成美は、1回戦で常葉菊川に1−2で敗戦。
 優勝は大阪桐蔭、17−0常葉菊川。
 大会本塁打は49本。

 金子侑司(立宇治⇒立命館大⇒玉西武)、
 杉山晃紀(綾部⇒巨人)、申成鉱(京都国際⇒広島)、

 浅村栄斗(大阪桐蔭⇒西武)、小川泰弘(愛知・成章⇒創価大⇒YS)、
 則本昴大(八幡商⇒三重中京大⇒楽天)、中島卓也(福岡工⇒日ハム)、
 西勇輝(菰野⇒BW)、中村悠平(福井商⇒YS)、西野勇士(新湊⇒ロッテ)、
 杉谷拳士(帝京⇒日ハム)、戸柱恭孝(鹿屋中央⇒駒大⇒NTT西日本⇒横浜)、
 倉本寿彦(横浜⇒創価大⇒日本新薬⇒横浜)、鍵谷陽平(北海⇒中大⇒日ハム)
 福谷浩司(愛知・横須賀⇒慶大⇒中日)、松葉貴大(東洋大姫路⇒大体大⇒BW)、
 又吉克樹(沖縄・西原⇒環太平洋大⇒香川⇒中日)、橋本到(仙台育英⇒巨人)、
 杉山翔大(東総工⇒早稲田大⇒中日)、東浜巨(沖縄尚学⇒亜大⇒SB)
 西野真弘(東海大浦安⇒国際武道大⇒JR東日本⇒BW)、辛島航(福岡・飯塚⇒楽天)
 三嶋一輝(福岡工⇒法大)、大田泰示(東海大相模⇒巨人)、中田廉(広陵⇒広島)

 近田玲央(報徳学園⇒福岡SB⇒JR西日本)
 赤川克紀(宮崎商⇒YS)、坂口真規(智辯和歌山⇒東海大⇒巨人)、
 土屋健二(横浜⇒日ハム⇒横浜)、竹下真吾(福岡・八幡⇒九州共立大⇒ヤマハ⇒YS)
 川満寛弥(宮古総合実⇒九州共立大⇒ロッテ)、白崎浩之(埼玉栄⇒駒大⇒横浜)
 古本武尊(福岡大大濠⇒龍谷大⇒中日)、伏見寅威(東海大四⇒東海大⇒BW)、
 石崎剛(茨城・三和⇒住金鹿島、新日鐵住金鹿島⇒阪神)
 井藤真吾(中京大中京⇒中日)、佐藤峻一(北見柏陽⇒道都大⇒BW)

 戸狩聡希、町田友潤(常葉菊川⇒ヤマハ)、伊波翔吾(浦添商⇒沖縄電力)
 伊藤慎悟(常葉菊川⇒法大⇒三菱日立PS横浜)、平生拓也(宇治山田商⇒西濃運輸)、
 佐藤翔太(東洋大姫路⇒東洋大⇒東芝)、竹内大助(中京大中京⇒慶大⇒トヨタ自動車)
 福島由登(大阪桐蔭⇒青学大⇒Honda)、萩原圭悟(大阪桐蔭⇒関学大⇒ヤマハ)
 大塚椋司(聖望学園⇒JX-ENEOS)、山崎福之(聖望学園⇒国学院大⇒セガサミー)

 近藤均(福知山成美⇒関西大⇒王子)、内田尚利(北嵯峨⇒京産大⇒大和高田クラブ)
 山口篤史(平安⇒日大⇒ニチダイ)、川口亮(平安⇒亜大)、小林正幸(平安⇒関学大)、
 植田秀志(成美⇒近大)、生駒敬(成美⇒近大)、高久侑久(成美⇒大産大)、
 塩見剛史(綾部ファイターズ→綾部シニア→光泉→龍谷大→新日鐵住金東海REX)
2007  @福知山成美
A京都成章
B京都学園
 
@立命館
 (17−1東山)
 京都外大西
   (2−1京都すばる)
  
   外大西6−4西城陽
   すばる6−3平安
  
 06年京都成章新チームから松井常夫監督。
     京都翔英、新チームから太田弘昭監督。
 07年春、卯瀧逸夫監督、立命館宇治へ。

 中村憲(京都すばる⇒広島⇒福山ローズファイターズ)
 辻孟彦(外大西→日体大→中日)、

 中田翔(大阪桐蔭⇒日ハム)、菅野智之(東海大相模⇒東海大⇒巨人)、
 丸佳浩(千葉経大付⇒広島)、中村晃(帝京⇒SB)、野村祐輔(広陵⇒明大⇒広島)、
 菊地涼介(武蔵工大二⇒中央学院大⇒広島)、唐川侑己(成田⇒ロッテ)
 田中広輔(東海大相模⇒東海大⇒JR東日本⇒広島)、田中健二朗(常葉菊川⇒横浜)
 鈴木大地(桐蔭学園⇒東洋大⇒ロッテ)、高木勇人(三重海星⇒三菱重工名古屋⇒巨人)
 三上朋也(県岐阜商⇒法大⇒JX-ENEOS)、岡島豪郎((関東学園大付⇒白?大⇒楽天)、
 小林誠司(広陵⇒同大⇒日本生命⇒巨人)、田島慎二(中部大第一)
 伊藤光(明徳義塾⇒BW)、菊池保則(常盤大高⇒楽天)、
 藤岡貴裕(桐生一⇒東洋大⇒ロッテ)、益田直也(市和歌山商⇒関西国際大⇒ロッテ)、
 吉田一将(青森山田⇒日大⇒JR東日本⇒BW)
 東明大貴(岐阜・富田⇒桐蔭横浜大⇒富士重工⇒BW)
 浦野博司(浜松工⇒愛知学院大⇒セガサミー⇒日ハム)、

 佐藤由規(仙台育英⇒YS)、植松優友(金光大阪⇒ロッテ)、
 平田真吾(山口・豊北⇒北九州市立大⇒Honda熊本⇒横浜)、
 伊藤隼太(中京大中京⇒慶大⇒阪神)、土生翔平(広陵⇒早稲田大⇒広島)
 中後悠平(近大新宮⇒近大⇒ロッテ⇒3Aリノ・エーシズ)、

 市丸大介(佐賀北⇒早稲田大⇒東芝)、岡崎啓介(PL学園⇒立教大⇒日立製作所)
 
 山田遼摩(立命館宇治⇒立命館大⇒ニチダイ)
 新実彰平(洛星⇒京都大)、本田拓人(京都外大西⇒近大中退)
 大西諒、土屋友胤(立命館⇒立命館大)
 関本憲太郎(平安⇒立正大⇒日本通運)、
2006  @平  安
A京都外大西(
@京都成章
 (9−4平安) 
 福知山成美
   (3−2西城陽)
   
    成美4−2外大西
    西城陽3−0成章
  
 05年外大西新チームから上羽功晃監督。
 06年4月、山田知也監督、綾部から鳥羽へ。

 大野雄大(外大西⇒佛大⇒中日)
 田中将大(駒大苫小牧⇒楽天⇒ニューヨーク・ヤンキース)
 前田健太(PL学園⇒広島⇒ロサンゼルス・ドジャース)、
 斎藤佑樹(早稲田実⇒北海道日本ハム)、秋山翔吾(横浜創学館⇒八戸大⇒西武)
 坂本勇人(光星学院⇒巨人)、柳田悠岐(広島商⇒広島経済大⇒SB)、
 梶谷隆幸(開星⇒横浜)、秋吉亮(足立新田⇒中央学院大⇒パナソニック⇒YS)、
 石川歩(富山・滑川⇒中部大⇒東京ガス⇒ロッテ)、
 澤村拓一(佐野日大⇒中央大⇒巨人)、会沢翼(水戸短大付⇒広島)、
 高橋朋己(加藤学園⇒岐阜聖徳大⇒⇒西濃運輸⇒西武)、
 松永昴大(高松商⇒関西国際大⇒大阪ガス⇒ロッテ)
 増田達至(山口・蜉w園⇒福井工大⇒NTT西日本⇒西武)、
 福山博之(島根・大東⇒大商大⇒横浜⇒楽天)、
 下水流昂(横浜⇒青学大⇒Honda⇒広島)
 福田永将(横浜⇒中日)
 宮崎敏郎(佐賀・厳木⇒日本文理大⇒セガサミー⇒横浜)

 石山泰雅(金足農⇒東北福祉大⇒ヤマハ⇒YS)、増渕竜義(鷲宮⇒YS⇒日ハム)、
 小山雄輝(大府⇒天理大⇒巨人)、大石達也(福岡大大濠⇒早稲田大⇒西武)
 
 川角謙(横浜⇒青学大⇒東芝)

 田中一八(成美⇒九州共立大⇒日本新薬)、
 平野和樹(平安⇒東北福祉大⇒日本生命)、大八木誠也(平安⇒法大⇒王子)、
 妻鳥裕也(平安⇒東農大)、山敷亮(洛星⇒京都大⇒三菱自動車京都)
 宮本俊輔(久御山⇒近大⇒JR東日本東北)、、、
 駒谷謙(成美⇒京産大⇒伯和ビクトリーズ)、渡辺壮大(成美⇒関西大)、
 北岡繁一(外大西⇒立命館大)、南本裕文(外大西⇒京産大⇒ジェイプロジェクト)、
 古市谷達也(西城陽)、野崎将司(西城陽⇒早稲田大)、西山翔大(成章⇒立命館大)
 
2005  @福知山成美
A京都学園
B立命館宇治
 
@京都成章 
 (7−2
  立命館宇治)
京都外大西
   (3−2乙訓)
   
   外大西3−2平安
   乙訓4−3京都学園

 平安の炭谷銀仁烽ェ、夏の京都大会で4本塁打の大会新。
 夏の甲子園、開会式2日前に明徳義塾が出場辞退。県準優勝
の高知が代替出場。
 辻内崇伸(大阪桐蔭)が、夏の甲子園2回戦・藤代戦(8−1)で
19K大会タイ。

 前年の秋季大会(福知山成美の初優勝)から1次戦で敗者復活戦が導入された。

 炭谷銀仁焉i平安⇒埼玉西武)、
 福井優也(済美⇒早稲田大⇒広島)、川端慎吾(市和商⇒YS)、
 角中勝也(日本航空第二⇒独立・高知⇒ロッテ)、
 平田良介(大阪桐蔭⇒中日)、陽仲寿(福岡第一⇒日ハム)、
 山口俊(柳ヶ浦⇒横浜)、T−岡田(履正社⇒BW)、
 吉川光夫(広陵⇒日ハム⇒巨人)、前田大和(樟南⇒阪神)、
 野上亮磨(神村学園⇒日産自動車⇒西武)、今成亮太(浦和学院⇒日ハム⇒阪神)
 十亀剣(愛工大名電⇒日大⇒JR東日本⇒西武))、赤見内銀次(盛岡中央⇒楽天)、
 村中恭兵(東海大甲府⇒YS)、

 斎賀洋平(愛工大名電⇒JX-ENEOS)、
 
 西下文也(外大西)、峯研人(乙訓)、
 河野秀数(山城⇒佛大⇒新日鐵住金広畑⇒北海道日本ハム)
 末永仁志(南京都⇒千葉ロッテ)。上内辰也(立宇治⇒立命大⇒東邦ガス)
2004  @立命館宇治()
A京都外大西
@福知山成美
 (4−1鳥羽) 
 京都外大西
   (6−3京都成章)
   
   外大西4−3平安
   成 章4−3立命館
 選抜で東北のダルビッシュ有、熊本工戦で無安打無得点試合。


 ダルビッシュ有(東北⇒日ハム⇒テキサス・レンジャーズ)
 田沢純一(横浜商大高⇒新日本石油ENEOS⇒ボストン・レッドソックス他)
 涌井秀章(横浜⇒西武⇒ロッテ)
 石川雄洋(横浜⇒横浜)
 井納翔一(木更津総合⇒上武大⇒NTT東日本⇒横浜)、
 美馬学(藤代⇒中央大⇒東京ガス⇒楽天)
 上本博紀(広陵⇒早稲田大⇒阪神)
 大野奨太(岐阜総合学園⇒東洋大⇒日ハム)
 東野峻(鉾田一⇒巨人⇒BW⇒横浜)、
 榎田大樹(小林西⇒福岡大⇒東京ガス⇒阪神)
 鵜久森淳志(済美⇒日ハム⇒YS)
 佐藤達也(大宮武蔵野⇒北海道東海大⇒Honda⇒BW)
 
 松本啓二焉i千葉経大附⇒早稲田大⇒横浜)、巽真悟(新宮⇒近大⇒福岡SB)、
 榊原諒(中京⇒三菱自動車岡崎⇒関西国際大⇒日ハム⇒BE)、
 須田幸太(土浦湖北⇒早稲田大⇒JFE東日本⇒横浜)、
 岩本貴裕(広島商⇒亜大⇒広島)

 大谷侑(外大西⇒亜大)、藤原大輔(立宇治⇒立命館大⇒大阪ガス)、
 
2003
(平成15) 
@北嵯峨
A京都成章
B平 安(
35
@平 安
 (7−6鳥羽)
第85回
 平 安
29

   (8−4京都外大西)
   
    平安10−5成美
    外大西3−2立宇治
 02年秋、府立工の新チームから守本尚史監督。
 03年4月卯瀧逸夫先生、京都すばる教頭(副校長)に。野球部は総監督。
 秋季近畿大会、京都3位の平安が優勝(6−3智辯和歌山)。
 選抜に「神宮大会枠」と「希望枠」が設けられる。
 各地区の補欠1位校から守備力のデータで選ぶ「希望枠」は、
 2008年までで廃止となった。

 常総学院、1987年から2003年までの17年間に、春夏V各1回、準V春2、夏1.
          春5回、夏9回出場で春10勝、夏21勝の計31勝。

 成瀬善久(横浜⇒千葉ロッテ⇒YS)
 荒波翔(横浜⇒東海大⇒トヨタ自動車⇒横浜)
 西村健太焉i広陵⇒巨人)
 内竜也(川崎工⇒千葉ロッテ)
 荻野貴司(郡山⇒関西学院大⇒トヨタ自動車⇒千葉ロッテ)
 大島洋平(享栄⇒駒澤大⇒日本生命⇒中日)
 清田育宏(市立柏⇒東洋大⇒NTT東日本⇒千葉ロッテ)、
 白浜裕太(広陵⇒広島)、
 堂上剛裕(愛工大名電⇒中日⇒巨人)
 聖沢諒(長野・松代⇒國學院大⇒楽天)
 
 加藤政義(東北⇒九州国際大⇒北海道日ハム⇒横浜)
 給前信吾(横浜商大⇒東農大中退⇒信濃グランセローズ)、、

 日岡拓也(立宇治⇒立命大⇒王子)
 
2002  @平 安(34
A福知山成美
 
@平 安
 (8−5)
A大 谷
B京都学園
 
 東 山
   (4−3立命館宇治)
   
    東山9−7成美
    立宇治6−0峰山


 西岡剛(大阪桐蔭⇒千葉ロッテ⇒阪神)
 坂口智隆(神戸国際大附⇒大阪近鉄、オリックス⇒YS)
 長野久義(築陽学園⇒日本大⇒Honda⇒巨人)
 大隣憲司(京都学園⇒近大⇒福岡ソフトバンク)、
 岸孝之(名取北⇒東北学院大⇒西武⇒楽天)、
 嶋基宏(中京大中京⇒國學院大⇒楽天)
 牧田和久(静清工⇒平成国際大⇒日本通運⇒埼玉西武)、
 高井雄平(東北⇒YS)
 今浪隆博(平安⇒明治大⇒北海道日本ハム⇒YS)
 吉見一起(金光大阪⇒トヨタ自動車⇒中日)、
 浅尾拓也(常滑北⇒日本福祉大⇒中日)
 大谷智久(報徳学園⇒早稲田大⇒トヨタ自動車⇒千葉ロッテ)
 尾崎匡哉(報徳学園⇒日本ハム)
 森岡良介(明徳義塾⇒中日⇒YS)
 松本哲也(山梨学院大付⇒専修大⇒巨人)、
 谷元圭介(三重・稲生⇒中部大⇒バイタルネット⇒北海道日本ハム⇒中日)、
 増井浩俊(静岡⇒駒大⇒東芝⇒日ハム)、

 大原秉秀(成美→東京ヤクルト)、横山徹也(成美→近鉄)、、、、
2001  @鳥 羽(
A立命館宇治
B 桂
 
@福知山成美
 (4−1平安) 
 平 安28
   (7−0立命館宇治)
   
    平 安7−2鳥羽
    立宇治8−7北嵯峨 
 秋季近畿大会、鳥羽が優勝(5−3関西創価P野間口

 京都西が、「京都外大西」に。野球部に三原新二郎監督が復帰。

 選抜に「21世紀枠」が設けられる。

 夏の大会から、延長戦が15回打ち切りに。
 平安の乗田貴士が、夏の甲子園3回戦の金沢戦(3−1)で4犠打、
1試合の最多タイ(過去2人、83年夏の修徳・高橋尚成も)
 寺原隼人(日南学園)154キロ。宜野座旋風。

 今江敏晃(PL)、神内靖(延岡学園)、松田宣浩(中京)、大竹寛(浦学)、
 中村剛也、岩田稔(大阪桐蔭)、高塚雄太、今浪隆博(平安)、武内晋一(智辯和)
 片岡易之(宇都宮学園)、栗山巧(育英)、寺内崇幸(栃木工)、新井良太(広陵)、
 青山浩二(函館工)
 平野佳寿(鳥羽→京都産大→オリックス)、里井祥吾(鳥羽)、
 福田岳洋(大谷→高知大→Ritベースボールク→香川→横浜)、

 小針崇宏(作新学院⇒筑波大 作新学院監督06年9月〜)、
2000  @鳥 羽(
A京都西 
@京都成章
 (5−2鳥羽) 
 鳥 羽
    (9−1大谷)
    
    鳥羽3−0東稜
    大谷8−7西城陽

  
 坂元弥太郎(浦学)が、夏の甲子園1回戦・八幡商戦(2−1)で
19K大会タイ。
 鳥羽の中井賢次が、夏の甲子園2回戦・桐生一戦(5−1)で
2打席連続本塁打。

 福知山商が「福知山成美」に校名変更。

内川聖一(大分工)、摂津正(秋田経法大附)、中島裕之(伊丹北)
内海哲也(敦賀気比)、赤松真人(平安→立命大→阪神)、亀井善行(上宮太子)
中田賢一(八幡)、岸本秀樹(平安→立命大→横浜)、藤田一也(鳴門一)
中里篤史(春日部共栄)、田中浩康(尽誠学園)、牧田明久(鯖江)、土谷鉄平(津久見)、
池辺啓二(智辯和歌山)、浜名翔(東海大浦安)、松家卓弘(高松)

近澤昌志(鳥羽→近鉄)、谷口豊、中井賢次、市川靖久(鳥羽)、
大志万修一(成美)、中谷祐太、倉田大祐(京都西)、
1999  @峰 山(
A京都西
B平安(
33) 
@須 知
 (5−3京都西) 
 福知山商
    (13−5東山)
    
    福商4−1峰山
    東山7−6平安
 この選抜から、初戦の2回表裏に対戦校の校歌を流すようになった。
 福知山商、夏の甲子園1回戦の勝利(6−2盛岡中央)が、京都勢の
夏の大会通算100勝目(100勝76敗 勝率.568)。

岩隈久志(堀越)、青木宣親(日向)、糸井嘉男(宮津→近大→日本ハム)、
川崎宗徳(鹿児島工)、馬原孝浩(熊本市立)、鳥谷敬(聖望学園)、
田中賢介(東福岡)、栗原健太(日大山形)、朝倉健太(東邦)、
比嘉公也(沖縄尚学)、正田樹(桐生一)、川島亮(千葉経大附)
藤井淳志(豊橋東)、岸田護(履正社)、高谷裕亮(栃木・小山北桜)

藤原健太(福商)、柳田殖生(福商→NOMOベースボールク→中日)、
河原寛樹(峰山)、谷山潤一、具志賢三(平安)
1998
(平成10) 
@京都西(
A京都成章(

第70回選抜
@平 安
 (5−4東山) 
 第80回
京都成章
   
(7−0鳥羽)
    
    成章7−1北嵯峨
    鳥羽4−3峰山
 京都成章、夏の決勝で横浜の松坂大輔に無安打無得点試合を喫する。
 横浜、史上5校目の春夏連覇。
 鹿児島実の杉内俊哉、夏の1回戦・八戸工大一戦(4−0)で無安打
無得点試合を達成する。
 
松坂大輔、小山良男、後藤武敏、小池正晃(横浜)、和田毅(浜田)、久保康友(関大一)
藤川球児(高知商)、杉内俊哉(鹿児島実)、館山昌平(日大藤沢)、新垣渚(沖縄水産)
東出輝裕(敦賀気比)、木佐貫洋(川内)、森本稀哲(帝京)、村田修一(東福岡)、
矢野謙次(国学院久我山)、杉山直久(東舞鶴→龍谷大→阪神)、木村昇吾(尽誠学園)
加藤大輔(九国大付)、久保田智之(滑川)、古木克明(豊田大谷)、小谷野栄一(創価)
永川勝浩(新庄)、長田秀一郎(鎌倉学園)、久保裕也(沖学園)、梵英心(三次)
寺本四郎(明徳義塾)、上重聡、大西宏明、古畑和彦、平石洋介(PL)、
古岡基紀(京都成章)、吉見太一(京都成章→立命館大→サンワード貿易→西武)、
橋本健太郎(久御山→東北福祉大→日本新薬→阪神)
、 
1997  @平 安(32
A東 山
B北嵯峨
 
@平 安
 (15−5大谷)
 
平 安27
    (7−2東山)
   
    平安2−1洛北
    東山9−5立宇治
 
96年秋福知山商新チームから田所孝二監督。
97年卯瀧逸夫監督、鳥羽に赴任。

川口知哉(平安→オリックス)、石川雅規(秋田商)、井川慶(水戸商)
五十嵐亮太(敬愛学園)、平野恵一(桐蔭学園)、石原慶幸(県岐阜商)、
細川亨(青森北)、平野恵一(桐蔭学園)、能見篤史(出石)、
田中充(西京商→横浜)、小川裕介(立宇治→立命大→オリックス)、
 
1996  @京都西
A北嵯峨 
@鳥 羽
 
(10−3)
A京都成章
B平 安 
 北嵯峨
   (7−3花園)
   
    北嵯峨5−4京都西
    花 園4−3洛 北

 第68回 鹿児島実 6−3 智弁和歌山
 第78回
 松山商 6−3(11回) 熊本工

 選抜の行進曲は「TOMORROW」(岡本真夜)
 組合せ抽選が東西対抗から地区別対抗に変更された。
 鹿児島実が選抜7回目(夏11回)の出場で初優勝。鹿児島勢としても春夏通じて初優勝。
 
  選抜の本塁打は5本。金属バット採用後では最少。

 夏の大会から記録員1名のベンチ入りが認められる。
 地方大会の参加校が4089校となり、前年の4098校からが戦後初めて減少。
 (1978年〜1980年生まれ世代)
 決勝では9回裏2死から熊本工1年の6番レフト澤村幸明が(法大⇒日本通運)が奇跡の
同点ソロ本塁打。3対3になって延長戦へ入る。
 10回裏には熊本工が1死満塁のチャンスをつかむ。松山商の沢田監督は、ここで
マウンドからライトに回っていた新田浩貴(2年⇒東芝)に代えて、ライトに強肩の矢野勝嗣
(松山大)を入れた。3番の本多大介(青学大⇒JR九州)の放った打球はライト後方への
大きな飛球となった。3塁ランナーの星子崇(松下電器)がスタートを切ったが、高い軌道を
描いた送球がダイレクトに返り、しかも滑り込むランナーの顔面にドンピシャでタッチアウト。
 NHKの実況アナ、ライト飛球が上がった瞬間に「行ったぁ〜、これは文句なし」と絶叫。
スロー再生で「満塁ですから、これ、タッチいらないんですよね」と大混乱。それほど
 「奇跡のバックホーム」だった。
 延長11回に3点をあげた松山商が夏5回目の優勝を果たした。

 北嵯峨は初戦で横浜に1−3.
 
 夏の大会本塁打は23本。
 

 森野将彦(東海大相模⇒中日)、岩村明憲(宇和島東⇒YS⇒メジャーリーグ、楽天)
 山本省吾(星稜⇒慶應義塾大⇒近鉄)、小林宏之(春日部共栄⇒千葉ロッテ)
 阿部真宏(横浜⇒法大⇒近鉄、BW、西武)、広瀬純(佐伯鶴城⇒法大⇒広島)、
 山田秋親(北嵯峨→立命大→福岡ダイエー⇒ミキハウス)、関本健太郎(天理⇒阪神)
 松井光介(横浜⇒亜大⇒jR東日本⇒YS)、浜中治(南部⇒阪神)、
 後藤光尊(秋田⇒法大⇒川崎製鉄千葉⇒BW,、楽天)、鈴木尚広(相馬⇒巨人)
 武田久(生光学園⇒駒大⇒日本通運⇒日ハム)、吉見祐治(星林⇒東北福祉大⇒横浜他)
 山井大介(神戸弘陵⇒奈良産大⇒河合楽器⇒中日)
 加藤康介(清水商⇒日大⇒千葉ロッテ他)
 下窪陽介(鹿児島実⇒日大⇒日本通運⇒横浜)、石井義人(浦和学院⇒横浜、西武他)
 高塚信幸(智弁和歌山2年⇒近鉄)、中谷仁(智弁和歌山2年⇒阪神)
 前川克彦(PL学園⇒近鉄) 荒金久雄(PL学園⇒青学大⇒ダイエー、BW)
 鎌田祐哉(秋田経大付⇒早稲田大⇒YS)
 
 石丸裕次郎(松山商⇒駒大⇒東芝)、渡部真一郎(駒大⇒松山フェニックス)
 宗政徳直(高陽東⇒日体大⇒東京ガス)、

 吉崎勝(東山→ミキハウス→日本ハム)、宇野正美(花園→巨人)、
木元邦之(京都西→龍谷大→日本ハム)、、
 
1995  @東 山
A京都成章
B福知山商
 
@北嵯峨
 (6−1東山)
 
 京都成章
   (6−4京都西)
   
    成 章2−0東山
    京都西4−1田辺
 
 1月17日、阪神淡路大震災。

 第67回 観音寺中央 4−0 銚子商
 第77回
 帝 京 3−1 星 稜

 阪神淡路大震災で開催が危ぶまれ、1月26日だった選考会議も延期されたが、
2月17日に開催を決定。2月21日に選考会議が行われた。兵庫から報徳学園、育英、
神港学園の3校が選抜された。

 応援団の楽器使用が自粛された。選手は電車で球場入り。地下鉄サリン事件の影響で
観客には厳重な手荷物検査が実施された。

 両耳の打者ヘルメットの着用が義務化された。
 選抜の行進曲は「がんばりましょう」(SMAP)
 初戦から大会屈指の強打者・福留孝介のPL学園と沢井良輔の銚子商が1回戦で激突、
10−7で銚子商が打ち勝った。
 今治西のエース藤井秀悟が準々決勝の神港学園戦で左ひじ内側側副靭帯を損傷して
降板。試合は延長13回5−4でサヨナラ勝ちしたが、銚子商との準決勝には高野連規定に
よって登板できなかった。2−6銚子商。
 強気な攻めで勝ち上がった観音寺中央は、決勝でエース久保尚志が強打の銚子商を
7安打完封し、初出場で初優勝。。
 選抜の本塁打は18本。

 夏の大会の抽選方法を改め、最初の抽選で3回戦まで櫓を組む方式に。
 帝京が星稜を3−1で破り、夏6回目の出場で2回目の優勝。決勝は白木隆之(帝京)と
山本省吾(星稜)の2年生投手対決。
 帝京は、ここ10年で春夏12度出場し、優勝3回。
 夏の大会の本塁打は13本。

 斉藤和巳(南京都→福岡ダイエー)、
 福留孝介(PL学園⇒日本生命⇒中日、カブス他、阪神)、
 藤井秀悟(今治西⇒早稲田大⇒YS、北海道日本ハムなど)、
 安藤優也(大分雄城台⇒法大⇒トヨタ自動車⇒阪神)
 荒木雅博(熊本工⇒中日)、星野智樹(四日市工⇒プリンスホテル⇒西武)
 藤本敦士(育英⇒亜大を中退して甲賀総合科学専門学校⇒デュプロ⇒阪神)
 的場直樹(上宮⇒明大⇒ダイエー)、木塚敦志(浦和学院⇒明大⇒横浜)、
 長谷川昌幸(市立銚子⇒広島)
 江尻慎太郎(仙台二⇒早稲田大⇒日ハム、横浜)、山下勝己(近大付⇒近大⇒近鉄)
 沢井良輔(銚子商⇒千葉ロッテ)、山本省吾(星稜⇒慶應義塾大⇒近鉄他)

 久保尚志(観音寺中央⇒中大⇒鷲宮製作所)、
 小坂将商(智辯学園⇒中大⇒松下電器 智辯学園監督)、
 関口清治(盛岡大附⇒東北福祉大 盛岡大附コーチ、監督08年9月〜)
 安田健吾(熊本工⇒熊本工大=崇城大 熊本工監督11〜)
 原田一範(弘前工  弘前学院聖愛監督01〜))
 
 本家穣太郎(帝京⇒早稲田大⇒安田生命) 白木隆之(帝京2年⇒三菱自動車川崎)、、
 加納良明(京都成章⇒日本IBM野洲、サンワード貿易)、丹波誠巳(京都成章⇒同志社大)
 南木洋介(京都西⇒城西大)、中西有希人(東山⇒日ハム)、
 尾迫大樹(東山⇒仏教大⇒田村コピー)、
1994  @北嵯峨
A鳥 羽
@桃山
 (6−2北嵯峨) 
 西城陽
   (4−0大谷)
    
    西城陽6−3北嵯峨
    大 谷7−1桃 山
 

 第66回 智弁和歌山 7−5 常総学院
 第76回
 佐賀商 8−4 樟 南

 93年秋、平安新チームから原田英彦監督。

 選抜の行進曲は「負けないで」(ZARD)
 選抜で金沢の中野真博が、江の川戦(3−0)で史上2人目の完全試合を達成。
 複数投手制推進のため、ベンチ入りが15人から16人に増える。その年に、全試合
笠木伸二(NTT西日本)、松野真人(帝京大⇒王子製紙苫小牧)の継投で勝ち上がった
 智弁和歌山が、2回目の選抜で初優勝。夏は5回。
 
 この夏から、地方大会に登板した全投手に関節機能検査を実施。
 夏のベスト4に佐賀商、樟南、柳ヶ浦の九州勢が3校。樟南は4月に鹿児島商工から
校名変更。ベスト4のもう一校は初出場の佐久。
 決勝は4対4の9回表、佐賀商主将の西原正勝(駒大⇒佐賀リコー)が決勝戦では
史上初の満塁本塁打を放つ。

 初出場の西城陽は、初戦で大垣商に0−7と敗退。

 京都のチーム、公式戦で府外のチームに1勝もできず。
 秋 石 山6−3北嵯峨、神戸弘陵1−0鳥 羽
 春 PL学園7−0桃 山
 夏の甲子園 大垣商7−0西城陽


 新井貴浩(広島工⇒駒大⇒広島、阪神、広島)、
 里崎智也(鳴門工⇒帝京大⇒千葉ロッテ)、金城龍彦(近大付⇒住友金属⇒横浜)、
 赤星憲之(大府⇒亜大⇒JR東日本⇒阪神)、多村仁(横浜⇒横浜、福岡ソフトバンク)
 嶋重宣(東北⇒広島)、斉藤宜之(横浜⇒巨人)、福原忍(広陵⇒東洋大⇒阪神)、
 二岡智宏(広陵⇒近大⇒巨人、北海道日本ハム)、金村暁(仙台育英⇒日本ハム)
 蔵本英智(県岐商⇒名城大⇒中日)、藤井彰人(近大付⇒近大⇒近鉄、阪神)
 サブロー(PL学園⇒千葉ロッテ)、土肥義弘(春日部共栄⇒プリンスホテル⇒西武)、
 渡辺俊介(國學院大栃木⇒國學院大⇒新日鉄君津⇒千葉ロッテ)
 小関竜也(國學院大栃木⇒西武)、相川亮二(東京学館⇒横浜、YS、巨人)
 矢野英司(横浜⇒法大⇒横浜)、嘉勢敏弘(北陽⇒BW)、紀田彰一(横浜⇒横浜)
 福岡真一郎(樟南⇒九州産大⇒プリンスホテル) 田村恵(樟南⇒広島)
 遠藤良平(筑波大付⇒東京大⇒日本ハム)

 中野真博(金沢⇒青学大⇒東芝)、峯謙介(佐賀商2年⇒JR九州)
 長谷川菊雄(八戸工大一⇒八戸工大 八戸工大一監督08年〜)


 河端龍(西城陽→龍谷大→東京ヤクルト)、巌勝哉(京都西⇒三菱自動車京都)
 南部弘和(鳥羽⇒京産大⇒三菱重工神戸)、
1993
(平成5) 
@東 山(
A北嵯峨(

B京都成章 
@東 山
(3−0京都成章) 
第75回
京都西

   (3−2京都成章)
    
    京都西8−4西城陽
    成 章4−3北嵯峨
 

 第65回 上 宮 3−0 大宮東
 第75回
 育 英 3−2 春日部共栄

 秋季近畿大会、東山が優勝(5−3南部) エースは岡島秀樹

 選抜で現在の大会歌「今ありて」が採用される。行進曲も「今ありて」(谷村新司)
 上宮は背番号「8」の左腕・牧野将光(近大⇒大阪ガス)が決勝戦で完封。
大会を通じて4試合に登板して3試合で完投(うち1試合完封)の活躍。

 北嵯峨が3−4世田谷学園、東山が2−6国士舘といずれも初戦敗退。
 東山のエース岡島は制球が定まらず、8四死球で自滅。

 夏の決勝で、育英の安田聖寛が負傷。病院へ行って戻ってきた直後の8回裏、1死
2、3塁からスクイズし、春日部共栄の土肥が本塁へ悪送球して決勝点となる。
 主将の安田は深紅の大優勝旗を足をひきずりながら受け取り、場内一周した。

 岡島秀樹(東山→巨人・MLB)
 大家友和(京都成章→横浜・MLB)
 倉義和(京都成章→京産大→広島)
 高橋由伸(桐蔭学園⇒慶應義塾大⇒巨人)、
 上原浩二(東海大仰星⇒大体大⇒巨人⇒ボストン・レッドソックス他)、
 松井稼頭央(PL学園⇒西武)
 高橋尚成(修徳⇒駒大⇒東芝⇒巨人⇒MLB⇒横浜)
 建山義紀(東海大仰星⇒甲賀総合科学専門学校⇒日本ハム)、
 清水直行(報徳学園⇒日大⇒東芝府中、東芝⇒千葉ロッテ)
 平尾博嗣(大宮東⇒西武)
 平井正史(宇和島東⇒オリックス)
 井端弘和(堀越⇒亜大⇒中日、巨人)、
 川上憲伸(徳島商⇒明大⇒中日)
 大村直之(育英⇒近鉄)
 小野晋吾(御殿場西⇒千葉ロッテ)
 金子誠(常総学院⇒日本ハム)

 金進一(北嵯峨⇒近大)、北村和久東山⇒法大⇒三菱自動車京都、岡崎)、
 永田誠(平安⇒九州共立大⇒日本通運名古屋)、
 細谷忍(京都西⇒奈良産大⇒いすゞ自動車)、茨木久晴(京都西⇒龍谷大⇒神戸製鋼)、
 福井裕之(京都西⇒亜大⇒NTT西日本)、青山達也(京都西⇒城西大⇒JR東海)
 山田知也(西城陽⇒京都教育大)、
1992  @東 山(
A京都西 
@北嵯峨
 (1−0東山) 
 京都西
   (6−4北嵯峨)
    京都西5−4東山
    北嵯峨7−0西宇治
   
 

 第64回 帝 京 3−2 東海大相模
 第74回
 西日本短大付 1−0 拓大紅陵

 選抜の行進曲は「どんなときも」(槇原敬之)
 この年に甲子園のラッキーゾーンが撤去される。ここ3年間の選抜の大会本塁打が
20本(89年)、25本(90年)、18本(91年)だったのに対してこの年は7本と激減した。
その7本のうちの3本が星稜の松井秀喜だった。

 決勝は史上初の東京対神奈川対決となり、帝京が10回目の出場で選抜初優勝。
東京では早実、日大三、日大桜丘、岩倉に続いて5校目。

 東海大相模8番吉田道の第一打席、カットが3バント失敗とみなされ三振をとられた。

 東山は、前年秋季近畿大会で神戸弘陵(兵庫2位)に3−4(延長13回)と初戦敗退
ながら、近畿2位(大阪1位)の上宮が不祥事で出場を辞退し、繰り上げ出場となった。
 上宮の控え投手に黒田博樹がいた。

また、近畿ベスト8の神戸弘陵も不祥事で出場を辞退し、兵庫3位で近畿ベスト8だった
育英が繰り上げ出場した。

 東山は初戦で御殿場西に4−3(延長10回)に勝ったが、続く3回戦で浦和学院に1−3
で敗れた。東山のエースは背番号「10」をつけた2年生の岡島秀樹。
 御殿場西のエースはおなじく2年生の小野晋吾(千葉ロッテ)だった。


 夏の甲子園2回戦 星稜対明徳義塾戦で、星稜の4番松井秀喜に対し、
5打席連続で敬遠して大きな話題になった。
 決勝は西日本短大付のエース森尾が拓大紅陵打線を6安打完封。6試合を一人で
投げ、わずか1失点だった。

 京都西は初戦で桐静岡代表の陽に1−3で敗退。

 91年秋から京都西が三原監督から真鍋知尚監督に。
 92年春、守本尚史監督、峰山に赴任。

 松井秀喜(星稜⇒巨人⇒ニューヨーク・ヤンキース)、
 黒田博樹(上宮⇒専修大⇒広島⇒ドジャース、ヤンキース⇒広島)
 岩瀬仁紀(西尾東⇒愛知大⇒NTT東海⇒中日)、今岡誠(PL学園⇒東洋大⇒阪神)
 小林雅英(山梨県立都留⇒日体大⇒東京ガス⇒千葉ロッテ)、
 三沢興一(帝京⇒早稲田大⇒巨人他)、森尾和貴(西日本短大付⇒新日鉄八幡)
 安達智次郎(村野工⇒阪神)、吉田道(東海大相模⇒近鉄)
 久保貴裕(京都成章→福岡ダイエー)、田中敏昭(峰山→横浜)、
 竹清剛治(平安→三菱自動車京都→千葉ロッテ)、
 岡本真也(峰山→佐藤工務店他→中日)、、
 
1991  @鳥 羽
A向 陽 
@北嵯峨
 (4−3京都西)
 北嵯峨
    (3−0宇治)
    北嵯峨11−0鳥羽
    宇 治9−0山城

 第63回 広 陵 6x−5 松商学園
 第73回
 大阪桐蔭 13−8 沖縄水産

 選抜の行進曲は「おどるポンポコリン」(BBクィーンズ)
 選抜決勝は大正15年の第3回大会と同じ学校の対決に(広陵中7−0松本商)。
5対5の9回裏、広陵は二岡聡のレフト前安打と盗塁、四球で2死1、2塁とし、
8番下松孝史が7回からライトに入っていたエース上田佳範の頭上を越えるサヨナラヒット。
 大会史上2回目の決勝サヨナラで広陵が65年ぶりの優勝。

 初出場の山梨市川が2回戦で宇都宮学園、準々決勝で桐生一にサヨナラ勝ちして
ベスト4に進出。「ミラクル市川」と呼ばれた。エースは樋渡卓哉(慶応義塾大)

 夏の決勝は5対7と逆転された大阪桐蔭が5回裏に6点をとって再逆転。初出場で優勝は
14校目。

 沖縄水産のエース大野倫は、春からヒジを痛め、沖縄大会では痛み止めの注射をうって
登板。甲子園でも6試合全てに完投した(773球)。大会後に疲労骨折と診断された。

 北嵯峨のエース細見和史が京都大会で6試合に登板して4完封、62奪三振、
防御率0.00をマーク。「無失点男」として夏の甲子園に挑んだが、初戦で秋田に3−4と
敗れた。

イチロー(愛工大名電⇒BW)、松中信彦(八代一⇒新日鉄君津⇒福岡ダイエー)、
石井一久(東京学館浦安⇒YS⇒ロサンゼルス・ドジャース)、
清水隆行(浦和学院⇒東洋大⇒巨人)、中村紀洋(渋谷⇒近鉄など)、
三浦大輔(高田商⇒横浜) 上田佳範(松商学園⇒日本ハム)、萩原誠(大阪桐蔭⇒阪神)、
林孝哉(箕島⇒ダイエー)、谷口功一(天理⇒巨人)、
坪井智哉(PL⇒青学大⇒東芝⇒阪神、日本ハムなど)、
大野倫(沖縄水産⇒九州共立大⇒巨人、福岡ダイエー)
細見和史(北嵯峨→同大→横浜)、
上山勲(北嵯峨→近鉄)、松岡正樹(平安→巨人)、
川中基嗣(東山→東洋大→日通→巨人)、
1990  @北嵯峨(
A京都成章
@北嵯峨
 
(4−3)
A京都西
B平 安 
 平 安26
   (5−1北嵯峨)
    平 安7−6京都西
    北嵯峨4−0大谷
 

 第62回 近大付 5−2 新 田
 第72回
 天 理 1−0 沖縄水産

 選抜は、全31試合のうち1点差試合が15試合、延長6試合、サヨナラ5試合。
 2回戦(対日大藤沢 9回裏逆転サヨナラ3ラン)と準決勝(対北陽 17回)でサヨナラの
新田が「ミラクル」と呼ばれた。
 決勝は近大付が、「ミラクル新田」を5−2で破り、7回目(春6、夏1)の甲子園で初優勝。

 選抜初出場の北嵯峨は初戦敗退(2−3玉野光南)。

 夏の予選参加校、初めて4000校の大台に(4027校)。
 観客数が史上最多の92万9000人。
 沖縄水産が沖縄勢として初めて決勝へ。天理が2度目の全国制覇。

 平安は、5−3関東一、5−0境、0−1(14回)丸亀。4番はのちの日星山中始之監督
 
 京都商が「京都学園」に校名変更。

 和田一浩(県岐商)、稲葉篤紀(中京) 谷佳知(尽誠学園)、西口文也(県和商)、
 小笠原道大(暁星国際)、
 
 青柳博文(前橋商⇒東北福祉大  健大高崎監督02〜)
 栗林俊輔(磐田南⇒筑波大 磐田北監督99〜 浜松工監督03〜 静岡監督08〜)
 工藤公治(大湊⇒青森大 大湊監督05〜16 青森北17〜))

 山中始之(平安)、太田弘昭(松山商)
 水口(大江)、谷内聖樹(西京商→近鉄)、
 
1989
(平成元) 
@京都西(
A八 幡
@北嵯峨
(12−3福知山) 
 京都西
    (8−6平安)
    京都西7−3城陽
    平 安2−1花園
 

 第61回 東 邦 3−2 上 宮
 第71回
 帝 京 2−0 仙台育英

 佐賀龍谷の田代広之が1回戦の日生第二戦(12−0)で甲子園大会春夏通算1000号
本塁打。
 東邦の山田喜久夫投手、決勝で上宮の元木、種田を抑え、前年準Vの雪辱果たす。

 京都西は4−1日立工、11−2苫小牧工、5−2広島工と工業高校を3タテしベスト4に
進出。準決勝では優勝した東邦に2−4で敗れた。

 帝京、1980年代 春6回出場で準V2度、夏3回出場で優勝1度、ベスト4に1度。
春10勝、夏9勝の計19勝。

 仙台育英が、東北としては18年ぶり、宮城県勢として初の決勝進出。優勝旗の
白河越えが話題となる。

 京都西は学法石川に6−4と勝ったが、仙台育英に0−4.

 前田智徳(熊本工)、小久保裕紀(星林)、石井貢(藤嶺藤沢)、
 仁志敏久(常総学院)、新庄剛史(西日本短大付)、大越基(仙台育英)
 種田仁,元木大介(上宮)、森田知裕(北嵯峨)、河原純一(川崎北)、
 井上一樹(鹿児島商)、吉岡雄二(帝京⇒巨人、近鉄他))
 田代広之(佐賀龍谷⇒ダイエー)

 山口達也(大津商⇒青森大  滋賀学園監督00〜)

後藤俊幸(鳥羽→三菱重工神戸→ロッテ)、
、 
1988  @平 安
A大 谷
第60回選抜
 
@北嵯峨
 (1−0鳥羽)
 
 第70回
 京都西
    (6−3平安)
    京都西5−1塔 南
    平 安4−0南京都
 

 第60回 宇和島東 6−0 東 邦
 第70回
 広島商 1−0 福岡第一

 甲子園球場のラッキーゾーンが2・5メートル後退する。

 センバツ3回戦で、中京の木村龍二(青山学院大→巨人)は、宇部商を9回1死
まで完全に抑え込んでいた。だが、8番西田がカーブをライト前ヒットした。代打の
小松が送りバント。1番坂本への初球が内角に甘く入り、逆転の2ランホームラン
となった。
 宇部商の玉国光男監督は、66年に春夏連覇した中京商に、選抜の準決勝で
延長15回サヨナラ負けした時の主将・二塁手。

 センバツ優勝は、強打の宇和島東。

 宇部商の1年生宮内洋が、夏の3回戦・東海大山形戦で、1−2の9回表1死2、3塁から
史上初の代打逆転ホームランを放つ。宮内は3年夏にも4番で甲子園に出場、住友金属を
経て横浜に入団。2年在籍。宇部商は劇的な試合が多いと評判に。

 常総学院の須田努が開幕戦の対小浜で、1試合8の個人最多打点。得点は19−1.

 決勝は息詰まる投手戦を制した広島商。6度目の優勝は中京と並び最多。
 京都西は、7−4と高崎商に勝ったが、大垣商の篠田淳投手に抑えられ1−2と敗戦。

 伊藤智仁(花園→三菱自動車京都→ヤクルト)、
 谷繁元信(江の川)、
 赤堀元之(静岡)
 石井琢朗(足利工)、
 波留敏夫(大谷→熊谷組→横浜)
 川崎憲次郎(津久見)
 佐伯貴弘(尽誠学園)
 宮本慎也(PL学園)
 前田幸長
 山之内健一(福岡第一)
 篠田淳(大垣商)、
 田口茂樹(西城陽→近鉄)
 中村公信(朱雀→田村コピー→阪神)
、 
1987  @京都西(
A洛 星
@京都西
 (7−4花園) 
 北嵯峨
    (9−3京都西)
     北嵯峨1−0洛星
     京都西7−4花園
 

 第59回 PL学園 7−1 関東一
 第69回
 PL学園 5−2 常総学院

 秋季近畿大会、京都西が優勝(8−7明石)
 PL学園、史上4校目の春夏連覇。のちにプロ選手5名。
 
 京都西は選抜で上羽功晃主将が英語も交えた選手宣誓。
  5−3長崎海星、0−3帝京。
 帝京の芝草宇宙、夏の2回戦・東北戦(3−0)で無安打無得点試合も、ベスト4で
 PLに5−12と屈す。春もベスト8で延長11回2−3とサヨナラ負け。 

 卯瀧逸夫率いる北嵯峨、初めて甲子園へ。
 4−3(10回)秋田経大付、3−2東海大山形、0−3東亜学園。

 野村弘樹(PL⇒横浜)、橋本清(PL⇒巨人)、立浪和義(PL⇒中日)、
 片岡篤史(PL)⇒同志社大⇒日ハム他)、宮本慎也(PL2年⇒同大⇒YS)、
 三輪隆(関東一)、若田部建一(鎌倉学園)、
 桧山進次郎(平安→東洋大→阪神)、伊良部秀輝(尽誠学園)
 高村祐(宇都宮南⇒法大⇒近鉄)、

 西谷浩一(報徳学園⇒関西大 大阪桐蔭コーチ93〜 監督98〜01 02秋〜)

 上羽功晃、佐々木善丈、高木英臣(京都西)
 前川宏文(北嵯峨)、塚本善之(西城陽→広島)、藤原清景(大谷→近鉄)
 北村俊介(大谷→中日)、石黒行兼(西京商)、、、、、
1986 @京都西(
A綾 部 
@京都商
 (5−4平安) 
 京都商11
   (7−1北嵯峨)
    京都商13−5洛東
    北嵯峨6−0 桂
 

 第58回 池 田 7−1 宇都宮南
 第68回
 天 理 3−2 松山商

 春は、初出場の新湊がエース酒井盛政の活躍で富山勢初のベスト4.
 決勝は、梶田茂生が投打に活躍した

 86年4月、京都成章の開校と同時に奥本保昭監督就任。
 選抜の京都西の初戦(11−1甲府商)が、京都勢の選抜通算50勝目。
(50勝56敗勝率.472)。6−4函館有斗、1−2(14回)新湊

 夏は天理が松山商を破り、奈良代表の初優勝。
 準優勝の松山商、6試合で88安打のチーム最多安打。
 松山商の水口栄二が6試合19安打で個人最多安打。
 
 京都商が11回目の夏で1−0東海大山形、0−14沖縄水産

野茂英雄(成城工⇒新日鐵堺⇒近鉄⇒ロサンゼルス・ドジャース)、
近藤真一(享栄⇒中日)、藪恵一(新宮⇒東京経済大⇒朝日生命⇒阪神)、,
高津臣吾(広島工⇒亜大⇒YS),金本知憲(広陵⇒東北福祉大⇒広島、阪神)、
長谷川滋利(東洋大姫路⇒立命館大⇒BW⇒カリフォルニア・エンゼルス)、
水口栄二(松山商⇒早大⇒近鉄)、山崎武司(愛工大名電⇒中日他)
飯田哲也(拓大紅陵⇒YS)、岡林洋一(高知商⇒専大⇒YS)、
下柳剛(夐浦⇒八幡大⇒新日鉄君津⇒ダイエー他)、内藤尚行(豊川⇒YS)

杉浦正則(和歌山橋本⇒同志社大⇒日本生命)、梶田茂生(池田⇒筑波大⇒日本生命)、
酒井盛政(新湊⇒伏木海運)
1985
(昭和60) 
@大 谷
A京都西
@京都西
 (8−3大谷)
 
 花 園
   (4−3平安)
    花 園6−3大谷
    平 安10−6東山

 第57回 伊野商 4−0 帝 京
 第67回
 PL学園 4x−3 宇部商

 春は、前年の岩倉に続き、伊野商が初出場で優勝。
 準決勝でエース渡辺智男が清原を3三振と完全に抑え、3−1と勝利。

 夏の1回戦でPL学園が東海大山形相手に29−7.最多得点、最多安打(32安打)。
 大会後、この敗戦が山形県議会で取り上げられる。
 
 PL学園の清原和博、決勝で4回と6回にそれぞれ同点本塁打。
夏の大会で5本塁打の大会記録。5大会で通算13本。
 チーム本塁打10本の新記録。
 桑田真澄、5季連続出場で通算20勝3敗。防御率1.55.
 大阪代表が通算100勝突破。

 宇部商の藤井進が3試合連続本塁打。東農大二戦のHRは大会通算500号。
 
 花園は1−2関東一。

 桑田真澄、清原和博、松山秀明、内匠政博(PL)、西山秀二(上宮)
 佐々木主浩、葛西稔(東北)、大森剛(高松商)、野田浩司(多良木)、
 遠山奨志(八代一)、田中幸雄(都城)、渡辺智男(伊野商)
 大島公一(法政二)、小林至(多摩)、藤井進(宇部商)、空木秀之(花園)
 
 小林昭明(帝京⇒筑波大⇒ロッテ 帝京コーチ02〜10 バスケ、ダンス部顧問
        帝京五監督16〜)
 
 北崎純一(京商→広島)、小島弘務(平安→住友金属→ロッテ)、
 江坂政明(平安→神戸製鋼→近鉄)、平尾俊彦(北嵯峨)、、
1984  @京都西(
A花 園
B紫 野 
@京都商
(16−3京都西)
 
 京都西
   (9−5大谷)
    京都西15−4朱雀
    大 谷8−1宇 治

 第56回 岩 倉 1−0 PL学園
 第66回
 取手二 8−4(10回) PL学園

 秋季近畿大会、京都西が準優勝(1−7PL学園)
 
 選抜大会から、甲子園のスコアボードが電光式に。外野フェンスの優勝校ボード撤去。
 選抜決勝で、岩倉がPL学園の甲子園連勝記録を「20」で止めて優勝。
岩倉のエース山口重幸が、強打のPL打線を1安打に抑える。
 
 京都西は明野に6−1と初戦突破も、KK2年のPL学園に1−10.

 清原和博、夏の甲子園1回戦の享栄戦で1試合3本塁打の新記録。
 1回戦の境・法政一戦で境の安部伸一投手がノーヒットノーランのまま延長に突入したが、
10回裏2死から末野芳樹にサヨナラ本塁打を浴びた。
 準決勝の金足農戦は、8回表を終わって2−1と金足農がPLをリード。その裏、桑田が
レフト席上段へ飛び込む特大2ラン。
 決勝は取手二が3点リードで迎えた8回に2点、9回に1点をとってPLが追いつくが、
エース石田文樹をライトへ回し、再びマウンドへ上げて再生させた。木内マジック。
延長10回、中島彰一が決勝3ラン。桑田、血染めの投球で無念の降板。

 京都西は三原監督就任2年目で夏も初出場。3−4(11回)新潟南。

星野伸之(旭川工)、中村武志(花園→中日)、野村謙二郎(佐伯鶴城)
石田文樹、吉田剛(取手二)、大久保博元(水戸商)、苫篠賢治(上宮)、
長谷川寿(金足農)、
真鍋知尚、中坪将司(京都西)、
志村亮(桐蔭学園)、田辺徳雄(山梨・吉田)、、、
1983 @京都西
A山 城
B立命館(
) 
@平 安
 (6−2)
A東 山
B東宇治
 東 山
    (2−1花 園)
     東山3−2洛星
     花園9−3京都西
 

 第55回 池 田 3−0 横浜商
 第65回
 PL学園 3−0 横浜商

 秋季近畿大会、立命館が準優勝(1−9泉州)

 選抜は50年ぶりに出場校が32校となり、以後定着する。
 「やまびこ打線」の池田が、夏春連覇。

 立命館は初戦で桜美林に1−2.

 夏は、桑田、清原のKK1年生がデビュー。準決勝で桑田が3季連続優勝を狙う
池田を5安打に抑え、桑田はHRも打って7−0と完勝。
 決勝で清原、右中間ラッキーゾーンへ甲子園初HR。
 PL学園はチーム8本塁打の大会新記録。

 東山は、好投手小野和義擁する創価に2−0.学法石川に2−5.

 83年春、京都西に三原新二郎監督就任。

 桑田真澄、清原和博(PL1年)、
 渡辺久信(前橋工)、小野和義(創価)、池山隆寛(市尼崎)、
 山本昌(日大藤沢)、古田敦也(川西明峰)、吉井理人(箕島)
 小宮山悟(芝浦工大柏⇒早稲田大⇒ロッテ、NYメッツ)
 光山英和(上宮)、大門和彦(東宇治→大洋)
、、、
 
1982  @宇 治
A西京商(

B洛 星
 
@宇 治
 (6−2北嵯峨) 
 宇治
    (6−3西京商)
    宇 治8−5平安
    西京商7−0北嵯峨


 第54回 PL学園 15−2 二松学舎大付
 第64回
 池 田 12−2 広島商


 選抜の2回戦で、中京が大成に1−0で勝ち、甲子園通算100勝を達成。
 決勝は榎田(PL)、市原(二松学舎大付)の投げ合いで6回まで3−1だったが、
最後は大差に。昭和5,6年の第一神港商以来、52年ぶり春2連覇。

 夏は、池田「やまびこ打線」が大爆発。従来の甲子園戦法を粉砕した。
 準々決勝では、早実の荒木大輔に江上、水野が本塁打を浴びせ、14−2と圧勝。
5期連続出場した荒木の甲子園が終わった。 

 佐賀商の新谷博、夏の1回戦・木造戦(7−0)で無安打無得点試合。
9回2死まで完全ペースも、代打に死球で完全試合ならず)

 西京商は、荒木の早実に1−3。宇治も早実に0−12と春、夏連敗。

 荒木大輔(早稲田実⇒YS)、石井丈裕(早稲田実⇒法大⇒プリンスホテル⇒西武他)
 小沢章一(早稲田実⇒早大)、斎藤雅樹(市川口⇒巨人)、
 西崎幸広(瀬田工⇒愛知工業大⇒日本ハム)、阿波野秀幸(桜丘⇒亜大⇒近鉄)、
 新谷博(佐賀商⇒駒大⇒西武)、川相昌弘(岡山南⇒巨人)、
 荒井幸雄(横浜商⇒日本石油⇒YS)、石井浩郎(秋田⇒早稲田大⇒西武他)、
 畠山準(池田⇒南海)、榎田健一郎(PL⇒阪急)、苫篠誠治(上宮⇒西武)、
 
 荒井直樹(日大藤沢⇒いすゞ自動車 日大藤沢監督96〜 前橋育英監督01〜)
 青木尚龍(八代学院=神戸国際大付⇒愛知工業大  神戸国際大付監督90〜)
 
 新多一繁、湯川素哉・1年(宇治)、塚田(山城)、
 松岡祐介(西京商⇒日本IBM野洲)、
1981  @東 山(
A京都商
@京都商
 (3−0平安)
京都商10
    (4−3東 山)
    京都商8−2洛星
    東 山2−0立命館

 第53回 PL学園 3x−3 印 旛
 第63回
 報徳学園 2−0 京都商

 秋季近畿大会、東山が準優勝(5−9PL学園)
 選抜の東山の初戦(6−2早実)が、京都勢の選抜通算100試合目。
(48勝52敗 勝率.480)。荒木大輔2年擁する早実を破る快挙。
 2回戦では上宮に2−9。
 槙原寛己(大府)の快速球が話題に。
 PL学園は決勝で9回裏、0−2から逆転サヨナラ勝ち。

 夏は京都商が小さな大投手・井口和人の好投で決勝へ。5試合で9得点も6失点。
 決勝では0−2で金村義明が投打に活躍した報徳学園に屈す。
 京都代表の決勝戦は、平安全国制覇の1956年以来25年ぶり。
 名古屋電気の工藤公康、夏の2回戦・長崎西戦(4−0)で無安打無得点
試合を達成。
 3回戦の報徳対早実は、9回表まで早実が4−1とリードも、報徳が9回裏に追いつく。
 10回裏にサヨナラ勝ち。5x−4.

 工藤公康(名電)、吉村禎章(PL)、槙原寛己(大府)、月山栄珠(印旛)
 金村義明(報徳)、伊東昭光(帝京)、園川一美(九州学院)、
 村田真一(滝川)、加藤誉昭(都城商)、源五郎丸洋(日田林工)
 
 永田祐治(報徳学園⇒中京大 報徳学園監督94〜17選抜)

 井口和人(京都商)、水本啓史(京商→中日)、堀田徹(京商→巨人)
 吉岡健二(東山)、岸利哉(向陽)、上本孝一(西舞鶴→広島)、
 
1980
(昭和55) 
@平 安(31
A京都西 
@宇 治
 (10−2平安)
 
 東宇治
    (4−0京都商)
    東宇治3−0亀岡
    京都商7−4花園

 第52回 高知商 1−0 帝 京
 第62回
 横 浜 6−4 早稲田実

 箕島 1968年春に初出場して1980年までの13年間で春V3回、夏V1回。
     春19勝、夏11勝、春夏30勝。

 春は「球道くん」の愛称もつ中西清起がエースの高知商が、帝京を1−0で下す。
 帝京のエースも、後にプロ野球で活躍する2年生の伊東昭光。準決勝の丸亀商戦
 の12回サヨナラ本塁打。投手としては史上2本目のサヨナラ弾。

 平安が、京都勢として5年ぶり選抜も、初戦で上尾に1−2.

 夏は西東京代表に超進学校の都立国立。初戦で箕島に0−5.
 東東京代表の早稲田実、エースが故障で代役の1年生「10」荒木大輔が快投。
 44.2回無失点で「大ちゃんブーム」起きる。
 優勝は愛甲猛が投打の中心だった横浜(6−4早稲田実)

 東宇治は、初戦を7−2金沢でものにしたが、2回戦で早実とあたり1−9.
  荒木には9回1死まで3安1球4K。代わった芳賀から4番崎本が意地のHR.

 東宇治の斉藤監督は4月に就任。それまで監督経験なし。

 秋山幸二(八代)、,駒田徳広(桜井商)、中西清起(高知商)
 和田豊(我孫子)、河野博文(明徳)、広沢克実(小山)、
 愛甲猛(横浜)、荒木大輔(早実1年)、
 山越吉洋(平安→法政大→本田技研→阪急)、
 広瀬新太郎(峰山→大洋)
 
 小林徹(習志野⇒青山学院大   市船橋監督91春〜01 習志野07〜)

1979  @東山
A西舞鶴
 
@西舞鶴
 (8−1峰 山)
 宇 治
    (5−1峰山)
    宇治7−0乙訓
    峰山10−3八幡

 第51回 箕 島 8−7 浪 商
 第61回
 箕 島 4−3 池 田

 箕島、史上3校目の春夏連覇。
 選抜の決勝で箕島(8−7浪商)の4番北野敏史がサイクル安打を達成。
 選抜のベスト4を箕島4x−3(10)PL学園、浪商5−3東洋大姫路の近畿勢が独占。
 2回戦の宇都宮商戦で、PLの阿部慶二が史上初の2打席連続本塁打。
 選抜の本塁打は18本。

 夏の甲子園3回戦で箕島対星稜、延長18回の死闘。延長で2度、箕島が起死回生の
本塁打で追いつく。
 浪商のドカベン香川伸之、3試合(倉敷商、広島商、比叡山)連続本塁打。

 宇治は初戦(2回戦)で0−8星稜。
 比叡山が1回戦で12−4と釧路工に勝ち、夏の甲子園で都道府県最後の勝利。

 決勝は箕島4−3池田。

 夏の本塁打は27本。

 石井毅、嶋田宗彦、北野敏史、森川康弘(箕島)、牛島和彦、香川伸行(浪商)、
 正田耕三(市和商)、小早川毅彦、阿部慶二、山中潔(PL)、仁村徹、福田治男(上尾)
 橋川正人、岡田康志(池田)、岡崎郁(大分商)、藤田浩雅(御殿場西)、
 清川栄治(京商→大商大→広島))、森浩二(高知商)、河野博文(明徳)
 白井一幸(志度商)、長富浩志(千葉日大一)、栗山英樹(創価)、長島清幸(自動車工)
 銚子利夫(市銚子)、高野光(東海大浦安)、坂本佳一(東邦)、西岡良洋(田辺)、
 堅田外司昭、加藤直樹(星稜)、杉永政信(鯖江)、鴻野淳基(名古屋電気)、

 和泉実(早稲田実⇒早稲田大 南陽工監督84〜 早実監督92〜)
 岡田龍生(東洋大姫路⇒日体大⇒鷲宮製作所 履正社監督87〜)
 、
、 
1978  @平 安
A花 園
@平 安
 
(10−2)
A宮 津
B八 幡 
 第60回
 京都商
    (2−0同志社)
  京都商11−2加悦谷
  同志社4−2堀 川

 第50回 浜松商 2−0 福井商
 第60回
 PL学園 3x−2 高知商

 奥本保昭(桃山)、京都大会史上初のサイクル安打。
 松本稔(前橋)、第50回記念大会のセンバツ1回戦で、比叡山(1−0)を
相手に春、夏を含め史上初の完全試合を達成した。

 桐生の阿久沢毅が、王貞治以来20年ぶりに2試合連続本塁打。

 センバツは、2年生エース樽井徹の浜松商が決勝で福井商を2−0で破って優勝。

 第60回記念の夏の大会で、予選参加校が3000校を超えた。この大会から、1府県
1代表、道都各2代表の計49代表制になった。
 ベンチ入りメンバーも、14人から15人となった。

 1回戦の仙台育英対高松商は、大久保美智雄と河地良一の投げ合いで延長17回
まで進んだ。その裏、1死満塁から河地が投じた206球目が打者の頭を直撃。サヨナラ
押し出し死球の幕切れとなった。

 南陽工の津田恒美は、1回戦の宇治山田商に2−0で勝って2回戦へ進出。対天理
との試合で、8番打者の若井康至にかわそうとして投げたカーブを本塁打され、0−1
で敗れた。以後、真っ向のストレート勝負を心掛け、プロ野球では「炎のストッパー」
と呼ばれた。また、座右の銘を「弱気は最大の敵」とした。

 優勝は、決勝で高知商を9回裏、0−2から逆転サヨナラ勝ちしたPL学園。準決勝の
中京戦でも9回裏に0−4から同点に追いつき、延長12回に押し出し四球で奇跡の
サヨナラ勝ちをしたことから、「奇跡のPL」、[逆転のPL」といわれた。

 盛岡一の応援団の伝統「弊衣破帽」が話題になる。

西田真二、木戸克彦、金石昭人(PL学園)、津田恒美(南陽工)、川又米利(早実)、
石嶺和彦(豊見城)、松永浩美(小倉工)、田中富生(南宇和)、森脇浩司(社)、
吉竹春樹(九州産業)、山森雅文(熊本工)、広瀬哲朗(富士宮北)、中西親志(相可)、
白武佳久(佐世保工)、工藤幹夫(本荘)、福良淳一(延岡工)、定岡徹久(鹿児島実)、
真喜志康永(沖縄)、南牟礼豊蔵(都城工)、早川和夫(栃木商)、大野雄次(君津商)
右田一彦(九州学院)、石川賢(日川)、村岡耕一(日田林工)、
大久保美智雄(仙台育英)、

谷松浩之、柳川明弘(PL学園)、野口裕之(米子東)、荒木健二(早稲田実)、
栗岡英智、武藤哲裕、山中茂直(中京)、八重樫永規(盛岡一)、石井雅博(箕島)
木暮洋、阿久沢毅(桐生)、森下知幸(浜松商)、大野久(取手二)、小川史(浦安)
菊地聡(印旛)、松本稔(前橋)、板倉利弘(福井商)、
原田英彦(平安)、中島裕司(京商→大商大→近鉄)、奥本保明(桃山)
余田一人、中馬政俊(京商)、夜久幸治(福知山)、近江博(加悦谷)、
豊原豊(花園→大商大→近鉄)、北野政明(宇治→巨人)
 
1977  @東 山
A宇 治
 
@平 安
 (1−0東山) 
 京都商
    (9−1福知山商)
   京都商2−1西京商
   福 商4−3北桑田

 第49回 箕 島 3−0 中 村
 第59回
 東洋大姫路 4x−1(10回) 東 邦

 77年4月、卯瀧逸夫監督、北嵯峨に赴任。
 77年秋、京都商の勝山五郎監督が勇退。

 センバツは箕島が決勝で中村を3−0で下して2度目の優勝。エースは、定時制
の生徒だった東裕司。部員12人の中村が「24の瞳」で話題に。エースは山沖之彦。
 夏の決勝は、東洋大姫路が10回裏、4番安井浩二のサヨナラ3ランで東邦を下す。
(4−1)。決勝戦史上初のサヨナラ3ラン。エースは松本正志。
 東邦の1年生エース坂本佳一が「バンビ坂本」と呼ばれてアイドルになった。
 3回戦の大鉄対津久見で、6−6の延長11回裏、大鉄の川端正が史上初の満塁
サヨナラ本塁打を放った。(サヨナラ本塁打は史上6本目)。
 三重海星の矢田恭裕が史上2人目の2打席連続本塁打。
 京都商は初戦で津久見に1−9。

小松辰雄(星稜)、鈴木康友(天理)、山沖之彦(中村)、西村徳文(福島)、
川口和久(鳥取城北)、仁村薫(川越商)、杉本正(御殿場西)、平田勝男(長崎海星)、
田村藤男(関東一)、池田親興(高鍋)、屋敷要(三田学園)、川端順(鳴門)、
尾上旭(銚子商)、三浦広之(福島商)、井辺康二(東海大一)、五十嵐信一(日大二)、
山口哲治(智辯学園)、青山道雄(東海大工)、米村明(PL学園)、藤高俊彦(伊香)、
桃井進(丸子実)、

 松本正志(東洋大姫路⇒阪急)、宮本賢治(東洋大姫路⇒亜大⇒YS)、
 坂本佳一(東邦1年⇒法政大⇒日本鋼管)、見形仁一(宇都宮学園⇒専大)、
 中葉伸二郎、米田保伸(智辯学園)、東裕司、上川誠二(箕島)、
 浅井敬由(東邦⇒早稲田大)、三谷志郎(今治西⇒早稲田大)、
 鍛冶本明典、川端正(大鉄)、清水隆一、弓田鋭彦(早稲田実)
 
 田所孝二(福知山⇒関西大⇒日本新薬 福知山商・成美監督 岐阜第一監督)
 佐々木順一朗(東北⇒早稲田大⇒NTT東北 仙台育英コーチ、監督95年9月〜)
 服部浩一(京商→大商大→阪神)、篠原靖(京商)、
 
 多賀章仁(平安)、阪東秀樹(福知山商)、石津明宏(福知山)
1976  @東宇治
A西京商 
京都商   京都商
   (2−1東宇治)
   京都商4−3八幡
   東宇治4−3西京商

 第48回 崇 徳 5−0 小 山
 第58回
 桜美林 4x−3 PL学園

 センバツの1回戦で、鉾田一の戸田秀明が、大会史上8人目のノーヒットノーランを
達成する。
 2回戦の崇徳対鉾田一は、黒田真二と戸田の投げ合いで7回まで無得点。8回裏、
鉾田一は戸田のチーム初ヒットが本塁打。9回表2死ランナーなしから、一塁手の
エラーで出塁、さらに遊ゴロをはじいて1,2塁とすると崇徳の4番永田が逆転
の右中間3塁打。
 準決勝の福井戦で、崇徳の黒田は8回2死まで完全に抑えたが、24人目の打者に
ヒットを許し、史上初の完全試合を逃した。
 決勝で崇徳は、小山を5−0で破って初出場、初優勝。

 夏は、長崎大会で16人連続三振を記録した長崎海星の酒井圭一が「サッシー」と
呼ばれて話題に。3回戦で春夏連覇めざす崇徳を1−0で破る。
 柳川の末次秀樹が8打席連続安打の大会記録。
 原・津末で人気の東海大相模は、小山の急造投手・黒田光弘に3安打8三振に
抑えられ、2回戦で0−1と敗れる。
 桜美林が決勝でPL学園を延長11回、菊地太陽のサヨナラヒットで4−3と下して
優勝。「イエス、イエス、イエス」の校歌が話題になる。

 京都商は1回戦で、春準V、夏3回戦進出の小山に0−2.

原辰徳、津末英明(東海大相模)、宇野勝(銚子商)、久保康生、立花義家(柳川商)、
辻発彦(佐賀東)、高木豊(多々良学園)、高沢秀昭(苫小牧工)、田中幸雄(流山)
大石大二郎、久保寺雄二(静岡商)、弓岡敬二郎(東洋大姫路)、青島健太(春日部)
山崎隆三、小川達明(崇徳)、酒井圭一(長崎海星)、赤嶺賢勇(豊見城)、
木村孝(近大付)、

松本吉啓、片桐幸宏(桜美林)、黒田真二、応武篤史(崇徳)、玉川寿(土佐)、
末次秀樹(柳川商)、 中村誠治(PL学園)、初見幸洋、黒田光弘(小山)、
武藤一邦(秋田商)、戸田秀明(鉾田一)、早瀬万豊(作陽)、続木敏之(新居浜商)
近江晃(京商)、
1975
(昭和50) 
@東山(
A宮津
@東 山
(8−2京都共栄)
 
  桂
    (3−0宮津)
     桂9−1京都共栄
     宮津3−2綾部

 第47回 高 知 10−5(13回) 東海大相模
 第57回
 習志野 5x−4 新居浜商

 選抜の開会式当日、門司工(豊国学園)が出場辞退。同高生徒が起こした事件
の責任を取るため。急きょ、補欠校の佐世保工が出場することになったが、開会式
は欠席。翌日に関西に到着し、その翌日、静岡商に4−7で敗退した。

 選抜の行進曲は『おかあさん』(森昌子)
 選抜では、この大会から金属バットが採用された(夏は前年から)。

 準々決勝・東海大相模対豊見城は、0−1と1点を追う東海大相模の
9回裏1死、3番原辰徳(2年)が見逃しの三振を喫したが、4番津末英明(2年)から
4連打で2対1と逆転勝ち。好投手の赤嶺賢勇(2年)を攻略した。
 豊見城は初出場。監督は、当時34歳の栽弘義。センバツでは、家庭の事情で19歳
だった部員をベンチに入れるため、部員を監督とし、自身は部長として背広で采配。

 決勝では、高知が延長13回表に5点を入れ、10−5で東海大相模を下した。
 東山は、1回戦で6−9と北海道日大に敗れた。
 選抜の本塁打は11本で通算146本。(京都はなしで通算4本のまま)
 選抜で大会本塁打が10本を超えたのは第1回大会以来。ただし、第一回大会の
 山本球場は狭かったので1982年まで大会本塁打と認められていなかった。

 夏は、記録的な長雨で日程消化が遅れた。8月23、24日に阪神対ヤクルトが予定
されていたが、高校野球を優先し、プロ野球を中止とした。
 桂戦(1−8)で、土佐の玉川寿(2年)にサイクル安打を達成された。
 習志野が2度目の優勝。新居浜商戦の9回裏に5−4でサヨナラ勝ち。
 夏の本塁打は15本。通算292本。(京都はなしで通算16本のまま)

 岡田彰布(北陽⇒早稲田大⇒阪神)、北別府学(都城農⇒広島),
 篠塚利夫(銚子商⇒巨人)、小川淳司(習志野⇒中央大⇒YS)、
 杉村繁(高知⇒YS)、小林誠二(広島工⇒広島)、
 熊野輝光(志度商⇒中央大⇒)、山本和範(戸畑商⇒近鉄、南海)、
 福原峰夫(修徳)、
 尾花高夫(PL学園⇒新日鉄堺⇒YS)、谷真一(広島商⇒)、
 片岡大蔵(新居浜商)、柴田保光(島原農)

 本多利治(高知⇒日体大 春日部共栄監督)、山岡利則(高知⇒大昭和製紙)、
 佐藤功(東海大相模⇒早稲田大⇒日本石油)、島貫省一(福島商⇒早稲田大⇒巨人)、
 住友一哉(鳴門工⇒法政大⇒プリンスホテル⇒近鉄)、
 今太、中村昭、塚原修(上尾)、村上博昭(新居浜商⇒明治大中退)
 今泉達彦(桂)、堀井恒雄(花園→大商大→大洋)、
 永山勝(和歌山・向陽⇒立命館⇒南海  福岡SBスカウト)、
1974  @平安(30
A東山
@平 安
 (5−3東山)
 平 安25
   (1−0西京商)
     平安3−0朱雀
     西京商9−8 桂

 第46回 報徳学園 3−1 池 田
 第56回
 銚子商 7−0 防府商

 選抜の行進曲は『草原の輝き』(アグネス・チャン)
 選抜の優勝は、報徳学園。住谷正治、東芳久の右左の投手をうまく継投して勝ち
上がり、決勝でも池田を3−1で破った。監督は、当時34歳の福島敦彦。
 11人で戦う山の学校・池田が決勝に進出、「さわやかイレブン」として話題になる。
監督は、当時50歳の蔦文也。
 選抜の表彰式で、この大会から『栄光』が使われる。これまで春、夏とも『勇者は
還りぬ』を使っていたが、この曲はアラブとの戦争に勝って凱旋するユダヤ戦士を
讃える曲。前年のオイルショックによってアラブ諸国を気遣い、急きょ、オリジナル
の曲を作った。作曲は、元大阪市音楽団長の永野慶作。評判がよく、センバツで
引き続き使われることに。
 平安は若狭に1−0、岡崎工に4−2、大分商に3−1と勝ってベスト4進出。報徳学園
に1−5で敗れた。
  選抜の本塁打は1本で通算135本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏の大会から、金属バットが正式に採用された。アメリカのイーストン社製のバット
しか使用できなかった。
 銚子商の土屋正勝、土浦日大の工藤一彦という剛腕投手と、鹿児島実の定岡正二、
東海大相模の1年生・原辰徳が甘いマスクで人気となる。
 東海大相模が夏の2回戦(初戦)で土浦日大と対戦。9回裏に1点をあげて追いつき、
延長16回に3−2とサヨナラ勝ち。
 東海大相模は、準々決勝の鹿児島実戦も9回裏に1点をあげて3対3で同点に。ナイター
の延長戦となり、14回お互い1点ずつをとり、15回表、無死満塁から押し出しが決勝点と
なる。
 準決勝の鹿児島実対防府商戦で、定岡正二は3回、ホームへ滑り込んだ際に右手首
を負傷。控えの堂園一広がリリーフ。1対1の9回裏、2死2塁で堂園が2塁へけん制。
これがセンターへ抜け、さらにセンターが後逸して2塁ランナーがサヨナラのホームを
踏んだ。
 優勝は、決勝で防府商を7−0で破った銚子商。
 平安は、1回戦から登場して一関商工を9−1、上尾に延長13回5−4とサヨナラ勝
ち、東洋大姫路にも4−3で勝ったが、準々決勝で優勝する銚子商に0−6で敗れた。
 夏の甲子園の本塁打は11本。通算277本。(京都はなしで通算16本のまま)

 金森栄治(PL学園⇒早稲田大⇒プリンスホテル⇒西武、阪神 金沢学院東監督14〜17)、
 西本聖(松山商⇒巨人、中日、オリックス)、鹿取義隆(高知⇒明大⇒巨人、西武)
 定岡正二(鹿児島実⇒巨人)、高橋慶彦(城西⇒広島、ロッテ、阪神)、
 石毛宏典(市銚子⇒駒澤大⇒プリンスホテル⇒西武)、角富士夫(福岡第一⇒YS)
 工藤一彦(土浦日大⇒阪神)、松沼雅之(取手二⇒東洋大⇒西武)、
 金田留広(愛知⇒愛知学院大中退⇒日通浦和⇒東映、ロッテ)
 高橋三千丈(静岡商⇒明治大⇒中日)、山内孝徳(鎮西⇒電電九州⇒南海、ダイエー)、
 角盈男(米子工⇒三菱重工三原⇒巨人)、
 広橋公寿(東海大五⇒八幡大⇒東芝⇒西武、中日、福岡ダイエー)
 土屋正勝(銚子商⇒中日⇒ロッテ)、荒川俊男(土浦日大⇒巨人)、、
 向田佳元(前橋工⇒早稲田大⇒富士重工)、林真人(土浦日大⇒阪神)
 堂園喜義(鹿児島商⇒広島)、大慈弥勲(中津南⇒太平洋ク  メジャースカウト)、
 井神国彦(防府商⇒専修大)
 山根一成(平安⇒同志社大)、大谷竜則(平安)、前嶋純二(平安⇒法大⇒松下電器)、
 亀山和明(平安⇒早稲田大⇒三菱自動車京都)、池永泰幸(平安⇒明大⇒朝日生命)
 勝村法彦(平安⇒京産大⇒丸勝 京産大監督)、田中久義(平安⇒阪急)
 中屋恵久男(早稲田実⇒早稲田大⇒プリンスホテル)

 小倉全由(日大三⇒日大 関東一監督81〜 日大三監督97〜)
 杉山繁俊(東海大相模⇒東海大⇒日産自動車 福岡工大付監督91〜09
        東海大福岡監督13〜)
1973  第45回
@京都商(
A東 山
 
@京都商
 (3−1平安)
 
 第55回
 京都商

   (6−0東山)
    京都商5−0京都西
    東山8−2舞鶴高専


 第45回 横 浜 3−1 広島商
 第55回
 広島商 3x−2 静 岡

 選抜の入場行進曲は「虹を渡って」(天地真理)
  第45回記念大会で30校。日大山形が出場し、センバツ空白県がなくなった。
初戦で境を5−2で破り、山形が春夏で初勝利。都道府県では最後。
 作新学院の江川卓、選抜大会60K。(北陽19、小倉南10、今治西20、広島商
11)。現在も最多奪三振記録。
 江川の快速球に初戦の北陽戦ではファールしただけで「バットに当たった」と拍手が
起きた。
 横浜が2回戦の小倉商戦で2−2の延長13回裏、1死満塁で横浜の4番長崎誠
(リッカー)が大会史上初のサヨナラ満塁本塁打。
 この3月31日には、第2試合で作新学院8−0小倉南、第3試合で横浜6x−2
(13回)小倉商と、2試合続けて北九州市小倉区の高校が連敗した。
 準決勝の作新学院対広島商は、作新が1−0とリードの5回裏2死、四球、
バントの達川光男を2塁に置き、9番佃正樹(左投右打)がライト前へポテン
ヒットで同点に追いつく。江川卓は140イニングぶりの失点だった。
 また、1対1の8回裏、広島商が2死2、3塁からダブルスチールを敢行。捕手の
悪送球を誘って作新学院を2−1で破った。
 優勝は、決勝で3−1と広島商を破った横浜。延長12階の決勝点は、5番富田毅の
2ラン本塁打。

 京都商は1回戦で日大一に0−2で敗れた。
 選抜の本塁打は8本で通算134本。(京都はなしで通算4本のまま)

 この夏の甲子園から京都は1代表に。滋賀1位は、福井1位と代表決定戦を行う。

 夏の1回戦、柳川商は作新学院の江川に対してプッシュ打法で粘り、1対1のまま
延長戦へ。15回裏に作新学院が2−1でサヨナラ勝ち。
 2回戦で、作新学院対銚子商は、江川と土屋正勝(2年)の投げ合いとなり、0対0の
まま雨中の延長戦に。12回裏、サヨナラ押し出し四球で銚子商が勝つ。
 北陽の有田二三男が、夏の3回戦・高鍋戦(1−0)で無安打無得点試合。
 優勝は、9回裏にサヨナラスクイズで静岡を下した広島商(3x−2)。
 
 京都商は、1回戦で札幌商に1−0(延長11回)で勝利。2回戦で高松商に0−1で
サヨナラ負けした。
  夏の本塁打は10本。通算266本。(京都はなしで通算16本のまま)

 江川卓(作新学院⇒法政大⇒阪神、巨人)、達川光男(広島商⇒東洋大⇒広島)、
 掛布雅之(習志野⇒阪神)、山倉和博(東邦⇒早稲田大⇒巨人)、
 袴田英利(自動車工⇒法政大⇒ロッテ)、遠藤一彦(学法石川⇒東海大⇒横浜大洋)、
 平野謙(犬山⇒名古屋商科大⇒中日、西武)、大野豊(出雲商⇒出雲信金⇒広島)、
 中尾孝義(滝川⇒専大⇒プリンスホテル⇒中日、西武他)、
 古屋英夫(木更津中央⇒亜大⇒日ハム他)、
 藤田学(南宇和⇒南海)、山根和夫(岡山県勝山⇒日本鋼管福山⇒広島)
 河埜敬幸(八幡浜工⇒南海、福岡ダイエー)、門田富昭(小倉商⇒西南学院大⇒大洋)

 大橋康延(作新学院⇒大洋) 植松精一(静岡⇒法政大⇒阪神)、
 金光興二(広島商⇒法政大⇒三菱重工広島 広島商監督89〜95 法大監督03〜13)
 ,川本幸生(広島商⇒広島修道大⇒リッカー 広島商監督85〜89 06)
 宮内英雄(銚子商⇒三菱重工川崎を1年退部して競輪選手)、多部田英樹(銚子商)、
 佐藤清(天理⇒早稲田大⇒日本生命)、
 堀場英孝(丸子実⇒慶応義塾大⇒プリンスホテル⇒広島他)、
 有田二三男(北陽⇒近鉄)、慶元英章(北陽⇒近大⇒クラウン、西武)、
 永川英植(横浜2年⇒YS)、長崎誠(横浜⇒リッカーを退部してプロゴルファー)、
 植上健治(高松商⇒阪神、クラウン)、佐藤博正(札幌商⇒ロッテ)、
 指田博(川越工⇒帝京大⇒鷲宮製作所)、
 須長三郎(川越工2年⇒早大⇒プリンスホテル 
        秀明、埼工大深谷、東農大三、本庄第一監督)、
 島本啓次郎(箕島⇒法政大⇒巨人、近鉄)
 佃正樹(広島商⇒法政大⇒三菱重工広島)

 小竹重行(京都商⇒同志社大⇒日本新薬)、

 馬淵史郎(三瓶⇒拓殖大 阿部企業監督 明徳義塾監督90〜)
 佐々木啓史(駒大岩見沢⇒駒大 駒大岩見沢監督78〜07 クラーク国際監督14〜)、

 
1972  @東 山
A花 園(
@西京商
 
(5−3)
A立命館
B花 園
 西舞鶴 (1−5膳所
   (8−0福知山商)
    西舞鶴3−0西京商
     福 商4−2立命館

 第44回 日大桜丘 5−0 日大三
 第54回
 津久見 3−1 柳 井

 小河浩(西舞鶴)が夏の京都大会3回戦の園部戦(3:0)で完全試合。
 (三振3、内ゴ10、内飛7、外飛5、邪飛2)
 西舞鶴は京滋大会で膳所に1−5で敗れ、2年連続で夏の甲子園に京都代表の
出場がなかった。2年連続は初めて。

 選抜の入場行進曲は「また逢う日まで」(尾崎紀世彦)
 選抜から、耳付きヘルメットの着用が義務づけられた。
 沖縄が5月15日に日本へ返還されるのを記念して選抜に名護が出場。
「ジャンボ仲根」で話題の193センチのエース仲根正弘の好投で、日大桜丘
が東京決戦となった日大三を5−0で下した。
 初戦(2回戦)の松江商戦(6−0)では、8回まで無安打ピッチング。
 選抜のベスト4は、日大桜丘3x−2東北、日大三5−3銚子商と東日本が独占。

 花園は、1回戦で専大北上に0−1。
 選抜の本塁打は5本で通算126本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏は、沖縄の日本返還を記念し、南九州代表・名護の平安山良克主将が選手
宣誓を行った。
 雨天のため、開会式だけの8月11日は大会第0日とされている。
 8月15日正午の黙とうは、8回表、2点を追う名護が1死2,3塁と攻めた場面で
フルカウントまで粘った平安山主将の打席だった(3−5足利工)。
 選抜Vの日大桜ヶ丘は1回戦で高知商に延長11回3−4で敗れた。
 1回戦で三重と長崎の海星同士がぶつかり、長崎海星が2−0で勝った。
 夏のベスト4は、津久見5−3天理、柳井7−2高知商と西日本が独占。
 優勝は津久見、決勝で3−1と柳井を下す。

 夏の本塁打は7本。通算256本。(京都はなしで通算16本のまま)

 斎藤明夫(花園⇒大商大⇒大洋)、
 松本匡史(報徳学園⇒早稲田大⇒巨人 本名は哲さとし 大学時代に肩の脱臼など怪我が
        多かったことから匡史ただしに改名した)、
 森繁和(千葉県科学技術工業が廃校で3年のみ駒大高⇒駒大⇒住友金属⇒西武
       中日監督17〜)、
 大宮龍男(亨栄⇒駒大⇒日ハム、中日他)、
 佐藤義則(函館有斗⇒日本大⇒阪急  投手コーチとして有名)、
 木田勇(横浜第一商=横浜商大高⇒日本鋼管⇒日ハム、横浜)
 鈴木孝政(成東⇒中日 長嶋茂雄、一茂親子と公式戦で対戦した唯一の投手)、
 高代延博(智辯学園⇒法政大⇒東芝⇒日ハム、広島 3塁コーチとしても有名)、
 田代富雄(藤沢商⇒大洋 打撃コーチとしても有名)
 島田誠(直方学園⇒九州産大中退して丹羽?鉦電機、あけぼの通商⇒日ハム、
     福岡ダイエー)、
 池之上格(鶴丸⇒南海、横浜 福岡ダイエー、阪神でスカウト)、三井雅晴(半田商⇒ロッテ)
 田野倉利行(早実⇒中日、ロッテ)、岡村隆則(柳井⇒中央大⇒河合楽器⇒西武)、
 山川猛(東洋大姫路⇒駒沢大学⇒西川物産⇒西武、阪神)
 仲根正広(日大桜ヶ丘⇒近鉄、中日)、常田昭夫(日大桜丘⇒日大中退して日立製作所)
 吉沢俊幸(日大三⇒早稲田大⇒阪急、南海)、待井昇(日大三⇒太平洋ク)、
 水江正臣(津久見⇒YS)、中川信秀(津久見⇒太平洋ク)
 根本隆(銚子商⇒日本石油⇒大洋、西武)、城間盛雅(名護⇒阪急)、
 杉本義勝(柳井)、益永博之(高知商⇒明治大)
 益山性旭(大阪福島商=履正社⇒帝京大⇒阪神 76年の阪神ドラフト1位。名物司会者
       だった伊東一雄が「性はセックスの性」と紹介して爆笑に)
 
 山下繁昌(報徳学園⇒日大 八戸工大一監督1978〜07)

 中井康之(西京商→巨人)、豊島寛(京商→中日)、本田勤(花園→南海)、
1971 @平 安(29
A大 谷 
@平 安
 
(5−2)
A嵯峨野
 
 宮津(0−2比叡山
  (8−6花園)
    宮津3−1久美浜
    花園3−2京都商

 第43回 日大三 2−0 大 鉄
 第53回
 桐蔭学園 1−0 磐 城

 選抜の入場行進曲は「希望」(芹洋子)
 選抜に、平安が6年連続出場。初出場の1928年(昭和3)からの6年連続出場に並ぶ。
 選抜で北海が、野球部員とは関係のない在校生の暴力事件で出場を辞退。
青函連絡船の中で辞退を聞いた部員は青森から引き返した。「涙のUターン」。
 代替出場の芦別工は、近大付に1−5と初戦(2回戦)敗退。
 史上初の東京・大阪決戦となった決勝で日大三が大鉄を2−0で下した。
 
 野球ドラマ「ガッツジュン」のオープニング映像に、この年の開会式と、
木更津中央対高知の一戦の模様が使用された。

 平安は、1回戦で1−2東邦。
 選抜の本塁打は4本で通算121本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏は、創部5年目で初出場の桐蔭学園が優勝。決勝で磐城に1−0.
 磐城のエース田村隆寿が「小さな大投手」と呼ばれた。
 徳島の池田が初出場(5−4浜田、1−8県岐阜商)

 宮津は前評判通り京都大会を制したが、京都大会から4連戦となる京滋代表戦で
比叡山のエース澤田に完封を許し、0−2で敗れた。
 夏の本塁打は5本。通算249本。(京都はなしで通算16本のまま)

 落合博満(秋田工⇒東洋大を中退して東芝府中⇒ロッテ、中日、巨人、日ハム
       中日監督04〜11  2011年野球殿堂入り
 中畑清(安積商⇒駒大⇒巨人 横浜監督12〜15)、
 田尾安志(大阪府泉尾⇒同志社大⇒中日、西武、阪神 楽天初代監督2005)、
 梨田昌孝(浜田⇒監督  近鉄監督2000〜04 日ハム監督08〜11 楽天監督16〜)
 羽田耕一(三田学園⇒近鉄 三田学園監督15〜)、
 真弓明信(柳川商⇒電電九州⇒太平洋ク、阪神 阪神監督09〜11)、
 若菜嘉晴(柳川商⇒西鉄、阪神他)、岡義朗(岡山東商⇒広島、南海、阪神)
 平田薫(坂出工⇒駒大⇒巨人、横浜、YS)、二宮至(広島商⇒駒大⇒巨人)、
 藤瀬史朗(桜宮⇒大阪体育大⇒近鉄)、水谷新太郎(三重⇒YS)
 定岡智秋(鹿児島実⇒南海 柳ヶ浦監督15〜)、
 吹石徳一(南部⇒日本新薬⇒近鉄 近鉄、楽天スカウト 日本新薬監督)
 永射保(指宿商⇒太平洋ク、西武 横浜他)、福田功(郡山⇒中央大⇒中日)
 行澤久隆(PL学園⇒中央大⇒日ハム、西武)
 橘健治(津久見⇒近鉄)、奥田直也(大鉄⇒ロッテ、中日)、
 竹内広明(深谷商⇒大洋)、保坂英二(日大一⇒東映)、
 田村政雄(県和歌山商⇒中央大⇒大洋、南海)

 大塚喜代美(桐蔭学園⇒三協精機、日本鋼管、ライト工業)、
 田村隆寿(磐城⇒日大⇒ヨークベニマル 安積商、磐城、聖光学院監督)、
 渡部良克(日大三⇒日大⇒名古屋日産)、ライト(岡山東商)、
 後藤寿彦(岐阜⇒慶應義塾大⇒三菱重工三原 慶応大監督94〜01春)
 
 大八木治(東海大相模⇒東海大 前年の全国制覇は控え捕手、
    東海大甲府監督77〜91 相洋監督〜2000 啓新監督12〜)
 江島聖一(平安→阪神)、
 中嶋愛和(京商→中日)、速石直美(宮津)、熊本(大谷)、中島(田辺)、
1970
(昭和45) 
@平 安(28
A京都商
 
@平 安
 (7−6大谷)
 平 安24
   (5−1京都商)
          3−0比叡山

     平安9−1東山
     京都商1−0堀川

 第42回 箕 島 5x−4(12回) 北 陽
 第52回
 東海大相模 10−6 PL学園

 平安が、春、夏ともに出場は20度目。

 選抜の入場行進曲は、大阪万博に合わせ、2度目の行進曲となる
「世界の国からこんにちは」(三波春夫)だった。
 選抜の決勝は、箕島対北陽の近畿対決。延長12回裏、2死3塁から箕島の
エース島本講平のサヨナラ安打で5対4と勝つ。島本講平が甲子園のアイドルに。
監督は、当時27歳の尾藤公。近畿同士の決勝は選抜史上5度目。
 北陽(現関大北陽)のエースは、のちに大阪学院大高の監督として96年
センバツに出場した永井春夫(西川物産 大阪学院大監督)。当時、蒸発して5年間も
連絡が取れなかった母親と再開して話題になった。

 平安は3−6で1回戦敗退。
 選抜の本塁打は4本で通算117本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏の甲子園大会の優勝は東海大相模。監督は、1965年に三池工を全国制覇に
導いた原貢。優勝校としては歴代最多の18失点したが、スクイズを1度もせず、
打ち勝った。(5−4唐津商、7x−6=10回滝川二、3x−2岐阜短大付、10−6PL学園)
 夏のこの大会より、閉会式で、両校の選手がバックスクリーンの掲揚台に上り、国旗、
大会旗を降納するようになった。

 平安は初戦で13−0須坂園芸に勝ったが、2回戦で12−13と熊谷商にサヨナラ負け。
 夏の本塁打は10本。通算244本。(京都は1本で通算16本に)
 平安の中山義朗が2回戦の熊谷商戦の10回表、勝ち越しとなる本塁打をレフトラッキー
ゾーンへ放り込んだ。京都代表としては夏の16本目、春夏通算20本目。

 新井宏昌(PL学園⇒法政大⇒南海、近鉄)、新美敏(PL学園⇒日本楽器⇒日拓、広島),
 淡口憲治(三田学園⇒巨人、近鉄)、小林繁(由良育英⇒全大丸⇒巨人、阪神)
 佐伯和司(広陵⇒広島)、 金城基泰(此花商⇒広島、南海他)、
 松沼博久(取手二⇒東洋大⇒東京ガス⇒西武)、
 池谷公二郎(静岡商⇒金指造船所⇒日本楽器⇒広島)
 柏原純一(八代東⇒南海、日ハム、阪神)、杉浦亨(愛知⇒YS)、
 梶間健一(鉾田一⇒日本鋼管⇒YS)、
 菅野光男(武相⇒三菱重工川崎⇒日ハム)、三沢淳(江津工⇒新日鉄広畑⇒中日)
 島本講平(箕島⇒南海、近鉄)、湯口敏彦(岐阜短大付⇒巨人)、
 池内豊(志度商⇒南海、阪神他) 笹本信二(鳴門⇒同志社大⇒阪神、阪急他)
 福井保夫(津山商⇒松下電器 ドラフト大目玉の山口高志回避し、近鉄がいの一番指名)、
 大北敏博(高松商⇒巨人、西武)、 宮本四郎(三重⇒中京大⇒大洋、阪急)
 倉持明(横浜第一商業=横浜商科大高⇒日本鋼管⇒ロッテ)
 高浦美佐緒(千葉商⇒法政大で4年の時に江川の教育係⇒三菱自動車川崎⇒横浜大洋
          現役引退後はスカウトやコーチも)
 
 東門明(武相⇒早稲田大 日米大学野球で送球を後頭部に受け、その影響で亡くなった)
 前川善裕(東葛飾⇒早稲田大⇒日本鋼管)、

 大須賀康浩(浪商⇒法政大⇒鐘淵化学、三菱自動車川崎  三菱自動車川崎監督
          福井工大福井監督02〜17)、
 長沢宏之(市立西宮⇒日体大 夙川学院ソフトボール部監督 神村学園監督03〜
        環太平洋大監督08〜 創志学園監督10〜)

 市場博己(平安→ヤクルト)、片山文男,(平安⇒西川物産)、船本昌敬(堀川)、
 芦田宏(福知山商→近鉄)

1969  @平 安(27
A西京商
@平 安
 (8−0宮津)
 
 平 安23
  (4−1同志社)
          2−1比叡山

     平安10−1東山
     同志社4−3花園
 

 第41回 三 重 12−0 堀 越
 第51回
 松山商 0−0(18回) 三 沢
       松山商 4−2 三 沢


 選抜の入場行進曲は「三百六十五歩のマーチ」(水前寺清子)
 選抜で、平安の川本浩次主将が選手宣誓。京都の高校では初めての選手宣誓だった。

 平安は、春は優勝校の三重に2回戦(初戦)で2−6、夏は準々決勝で太田幸司の三沢に
1−2で敗れた。

 選抜で県岐阜商の鍛治舎巧(早稲田大→松下電器 オール枚方、秀岳館監督)が、
準々決勝の比叡山戦で間柴茂有から「甲子園通算100号」本塁打。

 浪商の上田芳央が、1回戦の日体荏原戦で戦後初の満塁本塁打を放った。
また、浪商は、この試合で山田康雄、山本吉雄も本塁打を放ち、史上2チーム目の
1試合3本塁打を記録した。2回戦では三沢に4−2と勝つも、準決勝で優勝した三重に
0−2で敗れた。
 選抜の本塁打は6本で通算113本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏の決勝は、松山商対三沢の延長18回引き分け再試合。翌日の再戦で、
松山商が4−2で勝った。三沢の太田幸司がアイドルに。

 夏の甲子園で、松商学園の降籏英行が、1回戦の三笠(南北海道・現市立三笠高校)戦で
ノーヒットノーランを達成。
 夏の本塁打は9本。通算224本。(京都はなしで通算15本のまま)

 
 太田幸司(三沢⇒近鉄)、河埜和正(八幡浜工⇒巨人)、
 山下大輔(清水東⇒慶應義塾大⇒大洋)、
 山本功児(三田学園⇒法大⇒本田技研鈴鹿⇒巨人、ロッテ ロッテ監督99〜03)
 蓑田浩二(広島県大竹⇒三菱重工三原⇒阪急)、栗橋茂(帝京商工⇒駒大⇒近鉄)、
 福間納(大田⇒松下電器⇒ロッテ、阪神)、藤波行雄(静岡商⇒中央大⇒中日)
 八重樫幸雄(仙台商⇒YS)、間柴茂有(比叡山⇒大洋、日本ハム)、
 仁科時成(岡山山陽⇒大倉工業⇒ロッテ)、有田修三(宇部商⇒新日本製鉄八幡⇒近鉄)、
 鈴木治彦(大宮⇒早稲田大⇒太平洋ク、西武)、 佐野仙好(前橋工⇒中央大⇒阪神)、
 堂上照(金沢⇒電電北陸⇒中日)、藤沢公也(八幡浜⇒日鉱佐賀関⇒中日)
 井原慎一郎(丸亀商⇒YS)、加藤博一(佐賀県多久工⇒西鉄、阪神、横浜)
 小俣進(藤沢商⇒日本コロムビア⇒大昭和製紙富士⇒広島、巨人、ロッテ)
 関東孝雄(仙台育英⇒日本通運浦和⇒中日 巨人)
 小林秀一(八代一⇒愛知学院大 巨人のドラフト1位を拒否し熊谷組へ)
 八重樫憲一(三沢⇒東映、日拓他)、
 井上明(松山商⇒明治大)、谷岡潔(松山商⇒大洋)、
 樋野和寿(松山商⇒明大⇒日本鋼管)、
 渋谷通(平安→広島)、川本浩次(平安→阪神)
 
 鍛治舎巧(県岐阜商⇒早稲田大⇒松下電器  松下電器監督 枚方ボーイズ監督
        秀岳館監督14〜17)
 比屋根吉信(報徳学園⇒大体大⇒西濃運輸   興南監督76〜86 阿部企業監督
                    熊本・有明監督97〜05 京大監督10〜12)
1968  @平 安(26
A東 山
第40回選抜 
@平 安
 (4−1大谷)
  第50回
 平 安22

   (8−3東山)
     平安8−2西京商
     東山2−1 桂

 第40回 大宮工 3−2 尾道商
 第50回
 興 国 1−0 静岡商

 選抜の入場行進曲は「世界は二人のために」(佐良直美)
 選抜で、大宮工が初出場で優勝。工業高校としても初優勝。

 大宮工のエース吉沢敏雄(慶應義塾大⇒東京ガス)は、準々決勝の平安戦に
6−3で勝った後、風邪とヒジの痛み止め薬の副作用で40度近い熱を出して入院。
準決勝の箕島戦は病院から甲子園へ直行した。5−3で勝利。
 箕島のエースで4番は、東尾修(西鉄、西武)。

 平安は5−0博多工、7−3仙台育英も準々決勝で大宮工に3−6と敗退。
 選抜の本塁打は5本で通算107本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏は、50回を記念し、開会式に皇太子と美智子妃が出席。入場行進の
先頭に歴代優勝校の校旗が行進。北海道のみ2校の48校が出場。
 夏の50回大会には、アメリカ施政下の沖縄からも興南が出場しベスト4進出
の快挙(興南旋風 4番センター主将が我喜屋優)。

 夏の優勝校はコントロール抜群の下手投げ丸山朗(早稲田大⇒大昭和製紙)を
擁する興国。準優勝の静岡商では1年生(定時制1年を経て普通科1年に)エース
の新浦寿夫が話題に。韓国籍だった新浦は、ドラフト対象外だったことからプロ野球の
争奪戦が始まり、この年、高校を中退して巨人と契約した。これをきっかけに、日本の
学校在籍者はドラフトの対象者となるように改められた。

  全国でトップクラスの強豪とされた平安だったが、春(準々決勝3−6)、
夏(1回戦1−2)とも大宮工に敗れた。
 夏の本塁打は13本。通算215本。(京都はなしで通算15本のまま)

 山口高志(市神港⇒関西大⇒松下電器⇒阪急)、山口円(鳴門⇒関西大⇒松下電器)、
 東尾修(箕島⇒西鉄、西武)、長崎慶一(北陽⇒法政大⇒大洋、阪神)、
 大島康徳(中津工⇒中日、日ハム)、井本隆(伊野商⇒鐘淵化学⇒近鉄、YS)
 新浦寿夫(静岡商1年⇒巨人)、松原・福士明夫(鳥取西⇒巨人、南海、広島他)
 大田卓司(津久見⇒西鉄、西武)、松井優典(星林⇒南海、YS 野村克也の参謀)
 楠城徹(小倉⇒早稲田大⇒太平洋ク、西武 九州国際大付監督14〜)
 佐藤政夫(東北⇒電電東北⇒巨人、ロッテ、中日他)
 島野修(武相⇒巨人、阪急 ブレービー君で人気に)、
 石井清一郎(大宮工⇒阪急)、石山一秀(平安→近鉄)、

 丸山朗(興国⇒早稲田大⇒大昭和製紙)、萩野友康(土佐⇒慶大⇒新日鉄八幡)、
 吉沢敏雄(大宮工⇒慶應義塾大⇒東京ガス)、、
 我喜屋優(興南⇒大昭和製紙⇒大昭和製紙北海道 監督 興南監督07〜10夏)、
 池田信夫(平安⇒法政大⇒大昭和製紙  拓大一監督)、、、
1967  @平 安(25
A宮 津
 
@平 安
 (2−0西京商)
 
 平安(0−1守山
   (8−0宮津)
     平安3−0西京商
     宮津6−0 桂

 第39回 津久見 2−1(12回) 高 知
 第49回
 習志野 7−1 広 陵

 66年秋、京都商の新チームから勝山五郎監督。

 選抜の入場行進曲は「世界の国からこんにちは」(三波春夫)
 選抜で、市和歌山商の野上俊夫(阪神、南海)が2回戦の三重戦(5−0)で、史上8人目
のノーヒットノーランを達成した。
 優勝は津久見(決勝で高知を延長12回2−1で下す)。エース吉良修一(阪神)が
4試合で54奪三振。
 平安は、1回戦で桜美林に5−0と勝ったが、2回戦で新居浜商に1−3で敗れた。
 選抜の本塁打は7本で通算102本。(京都はなしで通算4本のまま)
 選抜通算100本目は米田俊次(報徳学園⇒早稲田大)が2回戦の鎮西戦で記録。

 夏の平安は、京都大会でエース岩上広が初戦の城南戦(7−0)で完全試合を達成。
その後も岩上、池田のダブルエースで京都商、花園、西京商、宮津と順当に破って
優勝したが、京滋代表決定戦で1安打完封され、守山に0−1と不覚をとった。

 夏の優勝は習志野。7−1広陵
 1回戦の報徳学園対大宮で2−3で迎えた9回裏、報徳学園は2死1塁から吉田和幸の
3塁打で同点に追いつくと、吉田がホームスチールを決めてサヨナラ勝ち。
 ホームスチールでの決着は史上初。
 夏の本塁打は11本。通算202本。(京都は出場なしで通算15本のまま)
 通算200号は市和商の岩崎雅男が準々決勝の(19−5)大分商戦で記録。

 村田兆治(福山電波⇒東京、ロッテ)、
 加藤初(吉原商⇒亜大を中退して大昭和製紙⇒西鉄、巨人)、
 山本和行(広島商⇒亜細亜大⇒阪神)、弘田澄夫(高知⇒四国銀行⇒ロッテ、阪神)
 中村勝広(成東⇒早稲田大⇒阪神)、川藤幸三(若狭⇒阪神 浪速の春団治)、
 佐々木恭介(兵庫県柏原⇒新日鉄広畑⇒近鉄)、平野光泰(明星⇒クラレ岡山⇒近鉄)、
 片平晋作(上宮⇒東京農大⇒南海、西武、横浜大洋)
 鈴木康二朗(茨城県磯原⇒日鉱日立⇒YS  王さんに世界新の756号を打たれた)、
 関本四十四(糸魚川商工⇒巨人、太平洋ク)、横山忠夫(網走南ヶ丘⇒立教大⇒巨人)
 今井雄太郎(中越⇒新潟鉄道管理局⇒阪急)、五月女豊(鹿沼農商⇒日本石油⇒阪神)
 道原裕幸(山口県桜ヶ丘⇒芝浦工大⇒広島)、河原明(大分商⇒西鉄、太平洋ク)
 三浦雅基(日向工⇒トヨタ自動車⇒愛知学院大⇒日拓ホーム、日ハム YSなど)
 江島巧(平安→中日、ロッテ)、 岩上広(平安)、
 吉良修一(津久見⇒近鉄)、野上俊夫(市和商⇒阪神)、
 古賀正明(日大三⇒法政大⇒丸善石油⇒太平洋ク、ロッテ他)

 石井好博(習志野⇒早稲田大  習志野監督72〜  東葉13秋〜)、
 前田三夫(木更津中央⇒帝京大 帝京監督72〜)、
 藤村雅美(三田学園⇒法政大⇒大阪ガス 育英監督99〜06)
 卯瀧逸夫(北桑田⇒中京大 北嵯峨監督77〜 鳥羽97〜02 立宇治07〜15)
 太田垣耕三(尾道商⇒青山学院大⇒東芝 東芝監督 全日本監督)
1966 @平 安(24
A立命館
 
@平 安
 
(5−1)
A京都商
B東 山
 
 平 安21
   (6−0京都商)
         5−0伊香
     平安7−2西京商
     京都商4−3綾部

 第38回 中京商 1−0 土 佐
 第48回
 中京商 3−1 松山商

 中京商が、史上2校目の春夏連覇。春は1−0土佐、夏は3−1松山商

 選抜の入場行進曲は「ともだち」(坂本九)
 NHKが選抜大会もカラー放送を開始した。

 選抜の準決勝、中京商は初出場の宇部商と対戦。3対3で延長に入り、
14回に1点ずつ取って両者譲らず。ついに延長15回、無死満塁から犠牲
フライで中京商がサヨナラ勝ちした。試合時間4時間35分は、歴代最長記録。

 春の平安は、1−0前橋工、5−4大宮と勝ったが、準々決勝で準優勝の土佐に
0−1。
 選抜の本塁打は6本で通算95本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏の平安は、9−0花巻北、7−2三重と勝って春に続いて準々決勝に進出も、
報徳学園に0−1と敗退。
 夏の本塁打は11本。通算191本。(京都は1本で通算15本)
 平安の藤本和男が初戦の花巻北戦で本塁打をマーク。

 江夏豊(大阪学院⇒阪神、南海、広島、日ハム、西武)
 山田久志(能代⇒富士鉄釜石⇒阪急 2006野球殿堂入り)、
 加藤英司(PL学園⇒松下電器⇒阪急他)、浅野啓司(福山電波⇒産経、巨人)
 伊原春樹(北川工⇒芝浦工大⇒西鉄、巨人)、三村敏之(広島商⇒広島)、
 柳田俊郎(九州学院⇒西鉄、巨人)、稲葉光雄(清水工⇒日本軽金属⇒中日、阪急)、
 石渡茂(早実⇒中央大⇒近鉄)、水谷孝(三重⇒阪急)、
 高橋里志(敦賀工⇒電電北陸⇒南海、広島)、
 宇田東植(拓大一⇒中大⇒本田技研⇒東映他)
 加藤英夫(中京商⇒近鉄)、矢沢正(中京商⇒巨人)、平林二郎(中京商⇒阪急)、
 西本明和(松山商⇒広島)、高橋二三男(大鉄⇒全鐘紡⇒富士鉄広畑⇒西鉄他)
 門野利治(平安→近鉄)、杉政忠雄(平安⇒関西大⇒西川物産),
 畑矢敬治(平安⇒全大丸)、伊藤博昭(平安⇒法政大⇒大昭和製紙)
 内田平三郎(京商)、中村順二(京商→東芝→ロッテ)、

 玉国光男(宇部商⇒鐘淵化学、協和発酵で準硬式と高校審判  宇部商監督75秋〜05)
 
 柏原秋男、細野・現姓=谷内豊(綾部)、林幸義(熊本工)、
1965
(昭和40) 
@大 谷(
A京都商
 
@平 安
 (4−2大谷)
 
 京都商
   (3−0伏見工)
         5−3長浜北

     京都商1−0平安
     伏見工5−0綾部
 

 第37回 岡山東商 2x−1(13回) 市和歌山商
 第47回
 三池工 2−0 銚子商

 選抜の入場行進曲は「幸せなら手をたたこう」(坂本九)
 選抜で岡山東商の平松政次、4戦連続完封。決勝の3回まで39イニング連続
無失点。決勝は、延長13回2−1で市和歌山商にサヨナラ勝ち。
 市和商の藤田平が、2回戦の中京商戦で大会史上初の1試合2本塁打。 
 大会通算20塁打の新記録も達成。

 大谷は、1回戦で5−4と今治南に勝ったが、2回戦で東農大二に4−5xでサヨナ
ラ負け。
  選抜の本塁打は5本で通算89本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏の大会から、走者にもヘルメットの着用が義務づけられる。
 夏の大会からNHKのカラー放送が始まった。
 夏は三池工が初出場で初優勝。三池炭鉱が大いに沸いた。
 決勝は2−0銚子商。監督は、当時30歳の原貢。
 準々決勝の報徳学園戦、1−2とリードされた9回裏1死3塁、報徳のエース谷村
智博のボークで同点に。10回裏にサヨナラ勝ち。

 京都商は、1回戦で銚子商に1−2。
 夏の本塁打は5本。通算180本。(京都はなしで通算14本のまま)

 堀内恒夫(甲府商⇒巨人)、平松政次(岡山東商⇒日本石油⇒大洋)、
 鈴木啓示(育英⇒近鉄)、福本豊(大鉄⇒松下電器⇒阪急)
 藤田平(市和商⇒阪神)、若松勉(北海⇒電電北海道⇒YS),
 谷沢健一(習志野⇒早稲田大⇒中日)、山内新一(邇摩⇒三菱重工三原⇒巨人、南海)
 安田猛(小倉⇒早稲田大⇒大昭和製紙⇒YS)、内田順三(東海大一⇒駒大⇒YS、広島他)
 大矢明彦(早稲田実⇒駒大⇒YS)、荒川尭(早稲田実⇒早稲田大⇒大洋、YS)、
 門田博光(天理⇒クラレ岡山⇒南海)、外山義明(天理⇒クラレ岡山⇒YS、ロッテ)
 木樽正明(銚子商⇒ロッテ)、佐藤道郎(日大三⇒日本大⇒南海)
 森安敏明(関西⇒東映)、江本孟紀(高知商⇒法政大⇒熊谷組⇒東映、南海、阪神)、
 松岡弘(倉敷商⇒三菱重工水島⇒YS)、上田二朗(南部)
 
 谷村智博(報徳学園⇒関西学院大⇒鐘淵化学⇒阪急、阪神)、
 水谷実雄(宮崎商⇒広島)、黒田正宏(姫路南⇒法政大⇒本田技研⇒南海、西武)
 堀井和人(明星⇒法政大⇒南海)、会田照夫(上尾⇒東洋大⇒三協精機⇒YS)、
 河村健一郎(山口県桜ヶ丘⇒芝浦工業大⇒日本石油⇒阪急 イチローの打撃コーチ)、
 古沢憲司(新居浜東を中退して16歳で阪神へテスト入団、西武、広島)、
 小坂敏彦(高松商⇒早稲田大⇒巨人、日ハム)、
 皆川康夫(浜松日体⇒中央大⇒富士重工⇒東映、広島)
 福嶋久晃(PL学園⇒大昭和製紙⇒大洋)、
 渋谷幸春(鳴門⇒四国電力⇒中日、日ハム  日ハムスカウト)

 山中正竹(佐伯鶴城⇒法政大⇒住友金属 法大監督)、
 上田卓三(三池工2年⇒南海、阪神)、
 林幸義(熊本工⇒日本軽金属⇒九州産交 熊本工監督79年12月〜84  2000〜14)
 河端良二(伏見工⇒広島)
 
 上甲正典(宇和島東⇒龍谷大 宇和島東コーチ75〜 監督77〜 済美監督01〜14)
 、、、
1964  @平 安(23
A京都商
 
@平 安
 (3−0洛北)
 
 平 安20
    (3−0東山)
         11−2比叡山

     平 安7−5大谷
     東 山2−0朱雀
   

 第36回 徳島海南 3−2 尾道商
 第46回
 高 知 2−0 早 鞆

 東京五輪の年で、センバツ開会式に五輪旗が登場した。
 
 選抜の行進曲は「こんにちは赤ちゃん」(梓みちよ)
 のちのジャンボ尾崎こと尾崎将司を擁する徳島海南が初出場V。
 決勝は3−2尾道商。尾道商のエースは、巨人などで活躍した小川邦和。

 平安は2回戦から登場して6−3で桐生を下して準々決勝に進んだが、
土佐に3−4で敗れた。
 ベスト4に進出した土佐(0−1徳島海南)の全力疾走、キビキビしたグラウンドマナーが
評判になった。
 選抜の本塁打は1本で通算84本。(京都はなしで通算4本のまま)

 夏は、高知が決勝で早鞆を2−0で下して優勝。
 高知は1回戦の秋田工戦(4−1)で4番エース有藤通世が顔面死球を受けて
入院。2回戦の花巻商戦(3−2)でも主将の三野幸宏が後頭部に死球を受けて
出場不能に。エースで4番と主将を欠いて優勝した。

 夏の開幕戦=掛川西対八代東は、山崎道夫(2年・日本楽器)と池田純一
(のちに阪神)の投げ合いとなって延長18回0対0。いきなりの再試合と
なった。翌日の再戦は6−2で掛川西が逆転勝ちした。

 平安は1回戦で武相(6−3)、2回戦で掛川西(5−3)を破ったが、準々決勝で
優勝した高知に2−5で敗れた。
 夏の本塁打は6本。通算175本。(京都は平安の2本で通算14本に)
  夏通算173本目を梅村好彦、174本目を小西義和が、いずれも武相戦に放った。

 星野仙一(倉敷商⇒明治大⇒中日)、田淵幸一(法政二⇒法政大⇒阪神)、
 山本浩二(廿日市⇒法政大⇒広島)、富田勝(興国⇒法政大⇒南海、巨人)
 高橋一三(北川工⇒巨人、日ハム)、有藤通世(高知⇒近畿大⇒ロッテ)、
 成田文男(修徳⇒東京・ロッテ)、池永正明(下関商⇒西鉄)、
 小川邦和(尾道商⇒早稲田大⇒日本鋼管⇒巨人、広島)、
 水沼四郎(報徳学園⇒中央大⇒広島)、基満男(報徳学園⇒駒大⇒篠崎倉庫⇒西鉄)、
 山崎裕之(上尾⇒東京・ロッテ、西武)、吉田孝司(市神港⇒巨人)
 金田留広(愛知⇒愛知学院大を中退して日本通運浦和⇒東映、ロッテ、広島)
 藤原満(松山商⇒近畿大⇒南海)、大橋穣(日大三⇒亜細亜大⇒東映、阪急)
 尾崎将司(徳島海南⇒西鉄 プロゴルファー)、

 高島仁(長崎海星⇒日体大 智辯学園コーチ、監督72〜 智弁和歌山監督80〜)、
 中村順司(PL学園⇒名古屋商科大⇒キャタピラー三菱  PL監督76〜98)、

 岡本道雄(高知⇒法政大 高知監督69〜90春 94年4月〜99 野球部長も)、
 土佐秀夫(浪商⇒関大⇒富士鉄広畑 NHK解説者)
 原田富士雄(浪商⇒近大⇒電電近畿 NHK解説者)
 内田俊雄(広島商⇒亜大⇒三協精機 亜大監督78〜03 拓大監督06〜)
 桑原秀範(広島商⇒法政大⇒鐘淵化学 広島商監督75秋〜82 堀越監督83〜97
                  潁明館監督98〜07 広島商監督09年8月〜11年)
 大河賢二郎(高松商⇒大商大⇒鐘淵化学 尽誠学園監督  三重中京大監督)

 衣笠祥雄,(平安→広島)、植木一智(平安→龍谷大→阪神)。
 梅村好彦(平安→龍谷大→南海)、梅田邦三(京商→日本新薬→巨人)
 
1963  @大 谷
A京都商 
@京都商
(5−0福知山商)
 
 第45回
 京都商

   (3−0福知山商)
     京都商4−2堀川
     福 商2−0朱雀
 

 第35回 下関商 10−0 北 海
 第45回
 明 星 2−1 下関商

 この年の夏の甲子園大会から、8月15日正午に戦没者を悼み、
黙とうを行うようになった。

 選抜の行進曲は「いつでも夢を」(吉永小百合・橋幸夫)
 選抜の優勝旗が新調された。傷みの激しい旧旗は高野連で永久保存に。

 選抜1回戦で、戸田善紀(PL学園⇒阪急)が対首里戦(8−0)で9回21奪三振をマーク。
 選抜では最多奪三振記録。夏は松井裕樹(桐光学園)が平成24に22奪三振。

 準決勝の北海対早実戦は、9回裏2死2塁から北海のエース吉沢勝(巨人)が右中間
フェンス直撃のヒットを放ち、これがランニング本塁打となって8−7で逆転サヨナラ勝ち。
 この試合で北海の谷木恭平(立教大⇒新日鉄室蘭⇒中日)が一試合最多の5盗塁を
マーク。

 選抜優勝は、剛腕・池永正明(2年⇒西鉄)がエースの下関商(決勝は10−0北海)
 選抜の本塁打は6本。通算83本。(京都は出場なしで通算4本のまま)

 夏は45回記念大会で沖縄代表を加え48校が出場。3回戦まで甲子園と西宮球場の
2会場で行われた。
 予選参加校が2000校を超える。
 首里が2回戦で4−3と日大山形を破り、沖縄勢として初勝利。大阪の8つの中高校が
 スタンドで友情応援。3回戦は下関商に0−8と敗退。

 決勝戦では、明星が春夏連覇をめざした下関商を2−1で下す。明星の監督は、
海草中(嶋と同期)出身で、松竹や阪神で活躍した真田重蔵。

 京都商は、1回戦で松商学園に2−3。
 夏の本塁打は12本。通算169本。(京都はなしで通算12本のまま)

 高田繁(浪商⇒明治大⇒巨人)、堀内恒夫(甲府商1年 外野手兼控え投手)
 外木場義郎(出水⇒電電九州⇒広島)、和田徹(明星⇒阪神、南海)
 高橋直樹(津久見⇒早稲田大⇒日本鋼管⇒東映、巨人他 NHKのMLB解説)
 戸田善紀(PL学園⇒阪急、中日)、中塚政幸(PL学園⇒中央大⇒大洋)、 
 谷木恭平(北海⇒立教大⇒新日鉄室蘭⇒中日)、小川享(宮崎商⇒立教大⇒近鉄)、
 高橋博(博士 宮崎商⇒南海、東映 1974年9月29日の南海戦で全ポジションを守る)
 吉田孝司(市立神港⇒巨人)、宮本幸信(市立神港⇒中央大⇒阪急、広島他)
 小谷正勝(明石⇒國學院大⇒大洋  現役引退後は名投手コーチとして活躍)
 三輪田勝年(中京商⇒早稲田大⇒大昭和製紙⇒阪急 スカウトとしてイチローを担当)、
 東田正義(御所工⇒三重交通⇒西鉄、阪神など)、
 清俊彦(高鍋⇒西鉄、近鉄、阪神)、当銀秀崇(札幌商⇒駒沢大⇒阪急)
 上田武司(鳴尾⇒巨人)、正垣宏倫(熊本工⇒日大⇒阪急)、
 平岡一郎(横浜 創立16年で初出場ベスト8⇒大洋、ロッテ)
 三輪悟(新潟市立工業⇒新潟市水道局で軟式⇒東光商事で硬式に復活⇒電電信越⇒
      西鉄・太平洋、広島)、
 
 渋谷良弥(日大山形⇒日大⇒金指造船、日大山形監督、青森山田監督)、、
 中原英孝(松商学園⇒明治大 松商学園監督、長野日大監督)、、
、 
1962  @平 安(22
A宮 津
@京都商
 (6−3宮津)
 
 平 安19
    (14−0峰山)
         13−2八幡商

      平 安2−0立命館
      峰 山1−0朱雀
 

 第34回 作新学院 1−0 日大三
 第44回
 作新学院 1−0 久留米商


 夏の甲子園、平安の初戦(1−2西条)が、京都勢の通算100試合目。
(100試合62勝27敗1分 勝率.626))

 選抜の行進曲は「上を向いて歩こう」(坂本九)
 作新学院が、史上初の春夏連覇を達成。
 選抜の作新学院は、2年連続2回目の出場。準々決勝の八幡商戦では、
制球抜群の八木沢壮六(早大⇒東京)と3種類のカーブをもつ駒井征男の投げ合いとなり、
延長18回0−0。翌日、作新は熊倉栄一(日立製作所)を先発させ、八木沢をリリーフに
送って2−0で逃げ切った。
 準決勝でも、松山商と延長16回の熱戦を繰り広げ、3−2と勝利。決勝でも八木沢と
日大三のエース井上治男(早大⇒日本石油)の投げ合いとなり(井上は8回1死で降板)、
1−0で破って優勝すると、「傷だらけの栄光」といわれた。

 平安は、開幕試合で日大三と対戦して1−7。
 選抜の本塁打は3本。通算77本。(京都は通算4本のまま)

 夏は、作新学院が甲子園入りした直後、エース八木沢が赤痢の疑いで入院。
控えで下手投げの加藤斌が好投し、決勝で久留米商を1−0で破って春夏連覇を
達成した。
 安仁屋宗八を擁する沖縄が南九州大会を勝ち抜き、沖縄勢として初めて自力で出場。

 平安は1回戦で西条に1−2。
 夏の本塁打は4本。通算157本。(京都はなしで通算12本のまま)

 八木沢壮六(作新学院⇒早稲田大⇒東京、ロッテ)、加藤斌(作新学院⇒中日)、
 中野孝征(作新学院⇒岩崎電気⇒日本楽器⇒YS)、高山忠克(作新学院⇒国鉄、阪神)、
 伊藤久敏(久留米商⇒駒大⇒中日、太平洋)
 伊勢孝夫(三田学園⇒近鉄、YS 名打撃コーチとして活躍)、
 大杉勝男(関西⇒丸井⇒東映、YS)、大下剛史(広島商⇒駒大⇒東映、広島)、
 竹之内雅史(鎌倉学園⇒日本通運浦和⇒西鉄、阪神)、
 高橋善正(高知商⇒中央大⇒東映、巨人  中央大監督)、
 木俣達彦(中京商⇒中京大中退して中日)、井上弘昭(北陽⇒電電近畿⇒広島、中日)
, 島谷金二(高松商⇒四国電力⇒中日、阪急)、
 高井保弘(今治西⇒名古屋日産モーター⇒阪急  代打本塁打27本は世界一)、
 村上公康(西条⇒立教大⇒日本楽器⇒西鉄、ロッテ)
 安仁屋宗八(沖縄⇒琉球煙草⇒広島、阪神)、山本忠男(平安→龍谷大→南海)、
 山下律夫(松山商⇒近大⇒大洋)、東条文博(鹿児島実⇒南海、サンケイ)、
 
 小倉清一郎(横浜⇒東京農大⇒三菱重工川崎⇒河合楽器 横浜部長他)、
 渡辺元智(横浜⇒神奈川大中退 横浜監督)、 
 阪口慶三(東邦⇒愛知大  東邦監督、大垣日大監督)、
 山下智茂(門前⇒駒大 星稜監督)、谷脇一夫(高知商⇒鐘淵化学 高知商監督)、
1961  @平 安(21
A山 城
 
@平安
 (3−2同志社)
 山 城
    (3−1宮津)
          3−2近江
      山城5−1京都商
      宮津2−1花園
 

 第33回 法政二 4−0 高松商
 第43回
 浪 商 1−0 桐 蔭

 選抜の行進曲は「バファロー大隊マーチ」
 「超高校級チーム」と称賛された法政二が「夏春」連覇。決勝は4−0高松商。
 「事実上の決勝」は準々決勝の怪童尾崎を擁する浪商戦(3−1)といわれた。
 米子東の矢滝伸高(関大 米子東監督)が、準々決勝の敦賀戦で延長16回23K。
1試合最多奪三振記録をマーク。米子東は、準決勝で高松商と対戦。前年春決勝の
再戦となったが、1−4で敗れ、リベンジならず。

 平安は、4−0長崎海星、3−1秋田商、9−3松江商と破って準決勝進出も、
法政二に1−10と完敗。
 選抜の本塁打は3本。通算74本。
 (平安の7番2伊達早智男が準々決勝の松江商戦で本塁打を放ち、京都は通算4本に)

 夏の大会で3期連続の対決(4−0、3−1)となった法政二対浪商。夏の準決勝は、
3戦目にして浪商が延長11回4−2で勝利。
 浪商は、決勝で桐蔭学園を1−0で破って優勝。尾崎は2年で中退して東映フライ
ヤーズ入り。
 1回戦の倉敷工対報徳学園は0−0で延長に突入。11回表に倉敷工が一挙6点を
挙げたが、その裏に報徳が同点に追いつく。そして12回裏、報徳が1点をあげて奇跡
のサヨナラゲームとなった。倉敷工2年に槌田誠(立教大⇒巨人)、

 山城は初戦で2−6県立岐阜商。
 夏の本塁打は4本。通算153本。(京都はなしで通算12本のまま)

 柴田勲(法政二⇒巨人)、村上雅則(法政二2年⇒南海、SFジャイアンツ)
 尾崎行雄(浪商2年で中退して東映)、土井正博(大鉄2年で中退し近鉄)、
 長池徳二(撫養⇒法政大⇒阪急)、松原誠(飯能⇒大洋)、
 島野育夫(作新学院⇒明電舎⇒中日,南海、阪神 星野仙一監督の名参謀)、
 池辺巌(豪則)(長崎海星⇒大毎、阪神)、井手峻(新宿⇒東京大⇒中日)
 大熊忠義(浪商⇒近大中退して阪急)、住友平(浪商⇒明治大⇒阪急)、
 大塚弥寿男(浪商⇒早稲田大⇒東京)、佐々木宏一郎(岐阜短大付⇒大洋、近鉄)
 高畠導宏(岡山南⇒丸善石油⇒中央大⇒南海 コーチ歴任後、福岡筑紫台監督)、
 阪本敏三(平安→立命大→河合楽器→阪急)、山中巽(中京商⇒中日)
 国貞泰汎(呉港⇒南海、広島)、福富邦夫(広陵⇒神奈川大中退して国鉄、ヤクルト)、
 大石弥太郎(佐伯鶴城⇒阪急、広島)、広野功(徳島商⇒慶應義塾大⇒中日、西鉄)
 鬼頭洋(名古屋商大付⇒名古屋商科大中退して大洋、ロッテ)、
 相羽欣厚(中京商⇒巨人、南海)
 飯島秀雄(水戸農・目黒学院⇒早稲田大と陸上選手 茨城県庁を経てロッテで代走専門)
 辻善之(平安→大洋)、林健造(平安→大洋)、吉岡宣男(山城⇒立命館大 西鉄ドラ2拒否)
 太田喜一郎(山城⇒立命館大 西鉄ドラ16拒否)、
 五明公男(法政二⇒法政大 法政大監督)、
 川島勝司(桐生⇒中央大⇒日本楽器 日本楽器、トヨタ自動車監督 日本代表監督)
、 
1960
(昭和35)
@平 安(20
A山 城
 
@平 安
 
(5−1)
A山 城
B宮 津
 平 安18
    (5−2同志社)
          3−1八幡商

      平安1−0東山
      同志社3−0宮津
 

 第32回 高松商 2x−1 米子東
 第42回
 法政二 3−0 静 岡

 選抜の行進曲は「誕生会」
 那覇が沖縄勢として選抜に初出場(1回戦1−4北海)
 選抜の決勝 高松商対米子東は、9回裏、高松商の3番山口富士雄がレフト
ラッキーゾーンへ本塁打。史上初めて、優勝決定のサヨナラ本塁打となる。
 打たれた米子東のエース宮本洋二郎(早稲田大⇒巨人、広島)は、元広島のスカウト。
中村憲(京都すばる)や申成鉱(京都国際)、高橋大樹(龍谷大平安))を担当。

 秋田商のエース今川敬三(2年 早稲田大 のちに秋田商監督)が、準決勝の
米子東戦で投球数74を記録。8回参考ながら最少記録。
 平安は1回戦で静岡に5−3(延長10回)で勝ったが、2回戦で優勝した高松商に
1−4で敗退。
 選抜の本塁打は1本。通算71本。(京都勢は3本のまま))

 夏の甲子園大会から、打者のヘルメット着用が義務づけられる。
 決勝で、2年生エース柴田勲(2年 巨人)の法政二が静岡を3−0で破って優勝する。
 平安は1回戦で金沢市工に1−0で勝ったが、2回戦で鹿島に0−1で9回サヨナラ負け。

 夏の大会本塁打は2本。通算149本。(京都はなしで夏の通算は12本のまま)

 松岡功祐(九州学院⇒明治大⇒サッポロビール⇒大洋、横浜、明大コーチ、中日コーチ)
 江藤省三(中京商⇒慶應義塾大⇒巨人、中日)、土井正三(育英⇒立教大⇒巨人)、
 永淵洋三(佐賀⇒東芝⇒近鉄)、江尻亮(日立一⇒早稲田大⇒大洋)、
 宮川洋二郎(米子東⇒早稲田大⇒)、森本潔(西条⇒立教大中退して三協精機⇒阪急)、
 辻恭彦(亨栄商⇒西濃運輸⇒阪神、大洋)、寺岡孝(宮崎商⇒専修大⇒広島、南海)、
 神部年男(高砂⇒三菱製紙⇒富士製鉄広畑⇒近鉄)、井石礼司(天王寺⇒慶大⇒東京)、
 船田和英(浜松商⇒北洋水産⇒西鉄、YS)、山口富士雄(高松商⇒立教大⇒阪急)、
 渡辺泰輔(慶応⇒慶應義塾大⇒南海)、伊藤勲(東北⇒大洋、南海),
 大崎隆雄(平安→大洋)、井上修(峰山→南海)、
 尾藤公(箕島 箕島監督)、石山建一(静岡⇒早稲田大⇒日本石油 早大監督)、
 今川敬三(秋田商2年⇒早稲田大 秋田商監督)
1959  @平 安(19
A山 城
@平 安
 (3−0山城)
 平 安17
    (8−0洛陽)
        8−1八幡商
      平安4−2西舞鶴
      洛陽2−0紫野
 
 
 第31回 中京商 3−2 岐阜商(県岐阜商)
 第41回
 西 条 8−2(15回) 宇都宮工

 選抜の行進曲は「皇太子のタンゴ」
 選手の健康問題に配慮して、延長は18回で打ち切られることになった。
 中京商と県岐阜商の決勝が、3回降雨ノーゲームとなり、9日も雨天順延
となって4月10日に。皇太子のご成婚と重なり、テレビ中継が中止になった。
 中京商3−2県岐阜商で、中京商は選抜大会3度目の優勝。

 平安は、開幕試合で石和に7−0で勝ったが、2回戦で優勝した中京商に2−5で
敗れた。
 選抜の本塁打は5本。通算70本。
 平安の野口元三が1回戦の石和戦(7−0)でホームランを放つ。
 京都勢、選抜の本塁打は1932年の本田親喜(平安)以来、28年ぶり3本目。

 夏の大会で、北海道を南北に分け2代表に。
 1回戦の日大に2−0戸畑で、戸畑の直村鉄雄監督が試合中にベンチで倒れ、
4日後、化膿性髄膜炎のために亡くなった。
 優勝は西条。延長15回の末、宇都宮工を8−2で下した。
 平安は魚津(3−1)、長崎海星(6−0)を下して準々決勝に進出したが、優勝した
西条に1−2で惜敗した。

 大会本塁打は2本。通算147本。(京都はなしで夏の通算は12本のまま)

 末次利光(鎮西⇒中央大⇒巨人)、
 高木守道(県岐商⇒中日)、武上四郎(宮崎大宮⇒中央大⇒河合楽器⇒サンケイ)、
 石岡康三(千葉県立一宮商⇒明治大⇒国鉄)、井上善夫(日大二⇒西鉄、巨人)、
 渡辺秀武(富士⇒本州製紙⇒日本軽金属⇒巨人、日本ハム他)、
 板東里視(鳴門⇒近鉄)、新治伸治(小石川⇒東京大⇒大洋)、
 峰国安(長崎海星⇒大洋)、佐々木勝利(宮古⇒大毎)、
 金子哲夫(西条⇒阪神)、村上唯三郎(西条⇒立教大⇒三協精機)、
 森本潔(西条2年⇒立教大中退して三協精機⇒阪急)
 平沼一夫(中京商⇒中京大⇒西濃運輸⇒東京)、
 石黒和弘(中京商⇒慶應義塾大⇒東京)、
 杉浦藤文(中京商⇒早稲田大 中京商監督 春夏連覇)、
 大井道夫(宇都宮工⇒丸井 日本文理監督)、
 
 藤野隆司(平安→東映)、野口元三(平安→巨人)、
 西村省三(花園→近大→南海 SFジャイアンツ傘下の1Aフレズノにマッシー村上らと
野球留学を経験。打撃投手兼スコアラー時代には『あぶさん』にも登場した)、、、、
1958  @立命館(
A東舞鶴
第30回選抜 
@平 安
 (4−0伏見)
 第40回
 平 安
16
    (9−3東山)
       
平安3−0鴨沂
      東山2−0山城
 

 第30回 済々黌 7−1 中京商(中京大中京)
 第40回
 柳 井 7−0 徳島商

 選抜の行進曲は「クワイ河マーチ」
 選抜準々決勝の早実対済々黌戦で、早実の王貞治が濟々黌の好投手・城戸博から
左右のスタンドに2本塁打。試合は7−5で済々黌の勝利。
 初日の第3試合・1回戦の坂出商対興国商(4−3)が、選抜初のナイターとなる。
 優勝は、5試合で53三振を奪い、「小さなエース」と呼ばれた城戸博(早稲田大)擁する
済々黌(7−1中京商)。紫紺の優勝旗が初めて関門海峡を渡った。
 立命館は、初戦の2回戦で倉敷工(3−2)を破ったが、準々決勝で明治に0−2で
敗れた。
 選抜の本塁打は3本。うち2本が王貞治。通算65本。(京都はなしで通算2本のまま)

 夏は第40回を記念して、アメリカ統治下の沖縄も含め、各都道府県1代表
の47校が出場。3回戦までは甲子園と西宮球場の2会場で開催された。
 沖縄から琉球列島アメリカ国民政府発行の渡航証明書持参で出場の首里は、
初戦で敦賀に0−3と敗退。記念に甲子園の土を拾って持ち帰った。
 ところが、検疫の規定で外国の土を持ち込めず、那覇港上陸前、船上
から海に捨てなければならなかった。
 これがマスコミで報道されると大きな反響があり、日航のスチュワーデス
が、甲子園球場周辺の海岸の石を拾って届けた。この石は、同校の敷地
内にある「友愛の碑」に埋め込まれている。
 王の早実が東京大会決勝で明治に敗れ、甲子園出場ならず。

 この年から延長18回打ち切り、再試合のルールが採用され、
準々決勝で徳島商・板東英二、魚津・村椿輝夫が0対0の投げ合いで
初めて適用された。再試合は3対2で徳島商。
 板東は、大会通算83K、現在も最多記録。また、魚津戦では18回で25K(参考記録)。
 優勝は柳井。決勝で徳島商を7−0で下した。
 深紅の優勝旗新調され、柳井が初めて手にした。また、1大会6勝で優勝は初めて。
 平安は2回戦から登場し、山形南(9−0)、敦賀(2−0)と破って準々決勝に
進出したが、高知商に0−2.
 大会本塁打は5本。通算145本。(京都はなしで夏の通算は12本のまま)
 
 王貞治(早稲田実⇒巨人)、張本勲(浪商⇒東映、巨人、ロッテなど)、
 板東英二(徳島商⇒中日)、河村保彦(多治見工⇒中日)、
  辻佳紀(敦賀⇒明大⇒阪神など)、大橋勲(土佐⇒慶大⇒巨人、大洋)
 岡村浩二(高松商⇒立教大中退⇒阪急)、三沢今朝治(松商学園⇒駒澤大⇒東映)
 一枝修平(上宮⇒明大⇒河合楽器⇒阪神他)、大石清(清水商⇒広島、阪急)、
 瀧安治(静岡商⇒関東学院大⇒三菱重工川崎⇒巨人)、北沢禎治(平安⇒南海)
 伊藤竜彦(中京商⇒中日)、河原田明(早稲田大⇒東映)
 
 三原新二郎(広陵⇒明大⇒電電中国 広陵監督、福井監督、京都西・京都外大西監督、
         広島山陽監督)、
 福島敦彦(報徳学園⇒慶應義塾大⇒全鐘紡 報徳学園、慶應義塾大、中山製鋼監督)
 村椿輝雄(魚津⇒日本鋼管)、城戸博(済々黌⇒早稲田大)、
、 
1957  @宮津
A山城(
) 
@紫野
 (6−3西舞鶴)
 平 安15
     (1−0同志社)
          6−2膳所

      平安7−0伏見
      同志社5−2堀川

 第29回 早稲田実 5−3 高知商
 第39回
 広島商 3−1 法政二

 選抜の行進曲は「緑のこだま」
 早実2年の王貞治、センバツ2回戦の寝屋川戦(1−0)で1安打完封勝利。
夏の2回戦でも再戦(延長11回1−0)し、無安打無得点試合を達成した。
 選抜は、早実が5−3で高知商に勝って優勝。王は左中指の爪を割り、高知商
の小松も指のマメをつぶし、お互いに血染めのピッチングだった。
 選抜大会で初めて、紫紺の優勝旗が箱根を越えた。
 山城は、初戦の2回戦で岐阜商に0−1。
 選抜の本塁打は1本。通算62本。(京都はなしで通算2本のまま)

 夏の甲子園大会は、この年から、勝利校の校歌演奏と国旗の掲揚が始まった。
 夏の1回戦で岐阜商の清沢忠彦が、津島商工戦(7−0)でノーヒットノーランを
達成した。
 平安は、2回戦の初戦で1−3上田松尾(現長野県立上田高校)。
 大会本塁打はなし。通算140本。(京都もなしで夏の通算は12本のまま)

 王貞治(早稲田実2年 選抜優勝投手に)
 遠井吾郎(柳井⇒阪神)、足立光宏(大阪市立西⇒大阪大丸⇒阪急)、
 宮田征典(前橋⇒日大⇒巨人 8時半の男)、
 城之内邦雄(佐原一⇒日本ビール⇒巨人、ロッテ)、
 淡河弘(久留米商⇒東洋高圧大牟田⇒巨人)、森中千香良(奈良商工⇒南海、東映など)、
 島田源太郎(気仙沼⇒大洋)、安藤統男(土浦一⇒慶應義塾大⇒阪神)、
 古賀英彦(熊本工⇒近大⇒ダイエー)、前田益穂(熊本工⇒中日、ロッテ)
 重松省三(今治西⇒松山商大⇒西濃運輸⇒大洋)、
 石井晶(足立⇒東京鉄道管理局⇒阪急)、
 藤井栄治(登美丘⇒関大⇒阪神など)、石井茂雄(勝山⇒阪急、太平洋など)、
 徳武定之(新宮⇒国鉄)、丸山完二(西脇⇒立教大⇒国鉄)、
 青野修三(西条⇒立教大⇒東映、南海)、

 安藤元博(坂出商→早大 早慶6連戦 ⇒東映、巨人)、

 迫田穆成(広島商 広島商監督 三原工監督 如水館監督)
 清沢忠彦(岐阜商⇒慶應義塾大⇒住友金属)、

 沢野(伏見) 中島博征(宮津→南海)、、、
1956  @堀川(
A鴨沂 
@堀川
 (5−3平安)
平 安14
 
戦績詳細

     (9−2花園)
          5−4膳所

       平安7−2堀川
       花園4−0東山

 第28回 中京商(中京大中京) 4−0 岐阜商
 第38回 平 安 3−2 岐阜商

 選抜の行進曲は「雷神」
 選抜で優勝した中京商の1番レフト富田虎人が、準決勝、決勝で8打数連続安打
の大会記録。
 八戸が中島淳一投手(西鉄)を擁してベスト4に進出。八戸旋風。
 堀川は1回戦4−0久留米商、3−1興国商と破り、ベスト8に進出。2−3八戸。
 選抜の本塁打はなし。通算61本。(京都もなしで通算2本のまま)
 
 夏の初戦リコプターが始球式用のボールを落下。
 甲子園球場に夜間照明塔が設置された。
 平安は初回、1死満塁で4番吉川鴻作(東洋レーヨン)のセカンド前小飛球が本塁野選に
なって先制。スクイズで2点目。5回に平安のエラー絡みで同点に追いつかれたが、6回
2死3塁から9番市川孟の中前安で勝ち越した。エース岩井喜治(明大⇒日立製作所)が
岐阜商打線を1安打に抑え、3度目の全国制覇。
 平安 4−0徳島商、1−0滑川、4−2浪華商、1−0西条、3−2岐阜商
 岐阜商のエースは清沢忠彦(慶応大)。春夏とも決勝で敗れ、「悲運のエース」。

 夏の大会本塁打は2本。通算140本。(京都はなしで夏の通算は12本のまま)

 山本一義(広島商⇒法政大⇒広島)、中村稔(宇治山田商⇒巨人)、
 黒江透修(鹿児島⇒杵島炭鉱⇒日炭高松⇒立正佼成会⇒巨人)、
 権藤博(鳥栖⇒ブリジストン⇒中日)、並木輝男(日大三⇒阪神)
 醍醐猛夫(早稲田実⇒東京、ロッテ)、徳武定祐(早稲田実⇒早稲田大⇒国鉄、中日)、
 小池兼司(浜松商⇒専修大⇒南海)、長田幸雄(山梨・吉田⇒リッカー⇒大洋)
 鎌田実(洲本⇒阪神)、牧田政彦(伊那北2年⇒阪急)、
 城戸則文(常磐⇒産経)、
 安井勝(中京商コントロール抜群のエース⇒立教大)、鈴木孝雄(中京商⇒法大⇒南海)

 松井司郎(東山⇒日本新薬)、清沢忠彦(県岐商2年⇒慶應義塾大⇒住友金属)、
 倉高新始(平安の控え投手⇒同志社大⇒大毎)、東田巍(花園⇒近鉄)
 
1955
(昭和30) 
@平安(18
(立命館) 
@京都商
  
(2−1)
A堀川
B立命館
 立命館
    (6−0平安)
         7−3八幡商
     立命館2−1京都商
     平 安9−0東山 
 

 第27回 浪華商 4x−3(延長11回) 桐生
 第37回 四日市 4−1 坂出商

 選抜の行進曲は「セントルイスブルース」
 選抜の決勝戦で、桐生の稲川監督は、浪華商の4番坂崎一彦(巨人、東映)に対して
全打席の敬遠を指示。桐生のエース今泉喜一郎(大洋)は、3打席目、6回1死1塁で
初めて勝負し、坂崎は2ラン本塁打を放った。
 坂崎は5打席4敬遠。敬遠のうち3度はランナーなし。1度は無死1、2塁だった。
試合は11回裏、浪華商がスクイズで4対3サヨナラ勝ち。
 坂崎は、打率600 2本塁打(戦後初)、打点10の活躍で「坂崎大明神」と称えられた。
 平安は初戦の2回戦で北見北斗に4−2で勝ったが、準々決勝で浪華商に
1−14で大敗。
 選抜の本塁打は4本。通算61本。(京都はなしで通算2本のまま)

 夏は、スター軍団の浪華商が1回戦で新宮に2−3と敗戦。図抜けたチームが
ない中、エース高橋正勝(巨人)が4試合で3失点と力投した四日市が大方の予想を覆して
優勝した。
 立命館は優勝候補の一つとして初戦の2回戦で若狭に4−1で勝つと、準々決勝では
津久見に3−0。順当にベスト4に進出したが、坂出商に1−2と惜敗した。

 夏の大会本塁打は1本。通算138本。(京都はなしで夏の通算は12本のまま)

 稲尾和久(別府緑丘⇒西鉄)、米田哲也(境⇒阪急)、江藤慎一(熊本商⇒)、
 今泉喜一郎(桐生⇒大洋)、種茂雅之(静岡⇒立教大⇒丸善石油⇒東映、阪急)
 坂崎一彦(浪華商⇒巨人、東映)、山本八郎(浪華商⇒東映、近鉄)、
 広島尚保(衛 浪華商⇒中日、広島)、近藤昭仁(高松一⇒早稲田大⇒大洋)
 須藤豊(高知商⇒大毎、巨人)、阿南準郎(佐伯鶴城⇒広島、近鉄)
 坂井勝二(田川中央⇒専大を中退して大毎、大洋他)、)
 高橋正勝(四日市⇒巨人)、島田光二(四日市⇒近鉄)、巽一(四日市⇒慶大⇒国鉄)
 
 松岡英孝(高知城東⇒近大⇒北陽監督)、和田明(早稲田実⇒明電舎⇒早実監督)、
 井元俊秀(PL学園⇒学習院大 PL監督 PL,青森山田などで進路担当)
 
 富永格郎(立命館でエース⇒東映) 辰市祐英(邦輔 立命館で4番⇒大阪タイガース)
 鳥井源義(平安⇒近鉄)、中村雅彦(平安⇒同大⇒平安監督)
 岡田(大谷)、、、
1954  @山城
A立命館(
 
@平安
 (8−3綾部)
 
 平 安13
     (2−1伏見)
         6−2大津東
      平安4−3山城
      伏見2−0綾部
 

 第26回 飯田長姫 1−0 小 倉
 第36回 中京商(中京大中京) 3−0 静岡商

 選抜の行進曲は「錨をあげて」。選抜のNHKテレビ放送も開始された。
 小倉のエースは快速球の畑隆幸(2年 西鉄)。これに対して飯田長姫の投手は
160pの技巧派・光沢毅(明大⇒三協精機)。抜群のコントロールで「小さな大投手」と
呼ばれた。
 立命館は初戦で小倉に0−8と完敗。
 選抜の本塁打は3本。通算57本。(京都はなしで通算2本のまま)

 夏の大会に高鍋が出場したのが、宮崎勢にとっても初出場だった。46都道府県の最後。
 中京商、戦後の初優勝。優勝旗が紛失し、82日後、中学校の床下から見つかる。
 平安は1回戦で高知商に4−5と惜敗。
 夏の大会の本塁打は3本。通算137本。(京都はなしで夏の通算は12本のまま)
 
 榎本喜八(早稲田実⇒毎日・大毎・ロッテ 元祖「安打製造機 2016年野球殿堂入り)、
 河西宏和(早稲田実⇒大映)、
 片岡宏雄(浪華商⇒立教大⇒中日、国鉄)
 村山実(住友工⇒関西大⇒阪神)、森昌彦(岐阜⇒巨人)、和田博実(臼杵⇒西鉄)
 光沢毅(飯田長姫⇒明大⇒三協精機)、中利夫(前橋⇒中日)
 古葉竹識(済々黌⇒専大中退して日鉄二瀬⇒広島 1996野球殿堂入り)、
 広瀬叔功(大竹⇒南海)、
 坂崎一彦(浪華商⇒巨人、東映)、山本八郎(浪華商⇒東映)、
 葛城隆雄(大分上野丘⇒毎日、大毎)、若生忠男(東北⇒西鉄、巨人)
 西園寺昭夫(熊本工⇒東洋レーヨン⇒東映)、興津立雄(静岡商⇒専大⇒広島)、
 稲川誠(修猷館⇒立教大⇒富士鉄室蘭⇒大洋)、上田利治(徳島海南⇒関西大⇒広島)
 中山俊丈(中京商⇒中日)、八田正(鳴門⇒大映、大毎)、桑田武(荏原⇒中大⇒大洋)
 馬場正平(新潟・三条実⇒巨人 ジャイント馬場)
 辻孝(平安で強打の捕手⇒法大を中退して帝産オート⇒東映)、
 木村幸夫(平安⇒大映)、
 西大立目永(早稲田大学高等学院⇒早稲田大  アマチュア野球審判)
1953  @伏見(
A平安(
17 
@西京
 (8−5平安) 
 西舞鶴(2−0伏見)
 (3−7八日市) 
    西舞鶴1−0城南
      伏 見2−1平安

 第25回 洲 本 4−0 浪華商
 第35回 松山商 3−2(延長13回) 土 佐

 選抜で背番号復活。文部大臣が初めて始球式。
 洲本のエース北口勝啓(明電舎)が3試合に完封(2−0中京商、1−0時習館、5−1小倉
 4−0浪華商)して初優勝。
 選抜の本塁打は1本。通算54本。 (京都はなしで通算2本)

 伏見は1回戦で北海を3−0で破り、2回戦で平安と対戦して3−2で勝利。
準々決勝でも柳井を2−1で下してベスト4に(1−3浪華商)
 平安は初戦の2回戦で伏見に2−3と惜敗。

 夏の大会からNHKが初めてテレビで実況放送を開始した。
 京都大会優勝の西舞鶴が京津代表決定戦で敗れ、京都代表の夏の大会連続出場が
34回で途切れた。
 夏の大会で、 滋賀代表の八日市(1−4金沢泉丘)が初めて全国大会に。
 仰木彬が東筑のエースとして出場し、初戦の2回戦で0−3浪華商。
 松山商のエースは空谷泰(のちに児玉 中日−近鉄)。2年夏は10−4津久見、
3−1鳴門と勝ってベスト8(0−4八尾)、3年夏に2−0秋田、4−0御所実、2−0明治と
3試合連続完封。決勝は9回表に松山商が空谷のポテンヒットで追いつき、延長13回3−2
で優勝投手となる。争奪戦の末、初めての入札制となり、中日が当時では破格の210万円で
落札した。事前に南海が200万円で入札すると噂になり、10万円上乗せ。世間の注目を
大いに集めた。一連の騒動について学校から高野連に報告がなかったことから、
高野連は「入札制は不健全」と声明を出し、松山商に対して一年間の公式戦出場禁止処分
としたことから、空谷事件と呼ばれた。
 全力疾走の土佐が、「優勝旗のない優勝」と称えられた。
 中京商が準決勝で土佐に0−6で敗れ、甲子園連勝記録が22でストップ。
 夏の大会の本塁打は4本。夏の通算は134本。(京都はなしで夏の通算は12本)

 長嶋茂雄(佐倉一⇒立教大⇒巨人)、杉浦忠(挙母⇒立教大⇒南海)、
 本屋敷錦吾(芦屋⇒立教大⇒阪急)、
 仰木彬(東筑⇒西鉄)、野村克也(峰山⇒南海)、皆川睦雄(米沢西⇒南海他)、
 近藤和彦(平安⇒明大⇒大洋)、 森徹(早大学院⇒早稲田大⇒中日)、
 梶本隆夫(多治見工⇒阪急)、中西勝己(市岡⇒関西大を中退して毎日)
 土橋正幸(日本橋⇒東映)、空谷(児玉)泰(松山商⇒中日、近鉄)
 
 永野元玄(土佐⇒慶應義塾大⇒住友金属 甲子園審判)

 南輝明(京商→国鉄)、 勝山五郎(京都商)
 岡嶋博治(伏見⇒立命館大を中退して中日へ牧野茂からショートの定位置奪う)
 太田武(伏見の左腕エース⇒南海)
 
 荒砂任司(京都水産⇒福知山鉄道管理局⇒阪急)
1952  @平安(16
(城南) 
@立命館
 (4−1山城) 
 山 城
    (4−3立命館)
          6−2瀬田
      山城3−0伏見
      立命館5−4洛北
 

 第24回 静岡商 2−0 鳴 門
 第34回 芦 屋 4−1 八 尾

 甲子園にジュラルミン製の「銀傘」が設置される。元は鉄傘だったが、戦時中に解体
されていた。選抜の行進曲は「君が代マーチ」
 広島商が、昭和24年の編入で変更した「広島観音」で10回目の出場。
 選抜で、静岡商のエース田所善次郎(国鉄)が4戦連続完封。中京商の野口二郎、
岐阜商の大島信雄い次いで3人目。 栗橋博(鳴門)の2年連続優勝を阻む。
 選抜の本塁打は2本。通算53本。 (京都はなしで通算2本)

 平安は初戦で芦屋に1−0で勝ったが、続く準々決勝で優勝する静岡商に0−3.
 

 夏の甲子園から守備位置を表す背番号を採用した。民間でもラジオ実況始まる。
 芦屋の剛腕植村義信が5試合で2失点(3試合完封)の好投。
 夏の大会の本塁打はなし。夏の通算は130本。(京都はなしで夏の通算は12本)
 
 山城は成田に初戦で0−2と敗退。

 植村義信(芦屋⇒毎日、大毎) 小山正明(高砂⇒阪神、東京)、
 国松彰(西京商⇒同志社大中退し巨人)、豊田泰光(水戸商⇒西鉄)
 木村保(八尾⇒早稲田大⇒南海)、藤尾茂(鳴尾⇒巨人)
 高倉照幸(熊本商⇒西鉄、巨人)、穴吹義雄(高松)、
 加倉井実(水戸商⇒巨人⇒近鉄)、中田員宏(鳴尾⇒慶応義塾大⇒阪急)
 難波昭二郎(高槻⇒関西大⇒巨人、西鉄)、備前善夫(尾道西=尾道商⇒広島)
 堀本律雄(桃山学院⇒立教大⇒日通浦和⇒巨人)、
 河野旭輝(和歌山工⇒松下電器⇒阪急、中日) 
 
 原貢(鳥栖工⇒立命館大中退し東洋高圧大牟田 三池工監督 東海大相模監督 
          東海大監督など) 
 森本達幸(郡山⇒関西大⇒京都大丸 郡山監督)、、
 
1951  @平安(15
(立命館)
@平 安
 
 (9−0)
A京都商
B立命館 
平 安12
    (4−0山城)
      
11−0八日市
     平安12−0西舞鶴
     山城10−1同志社
 

 第23回 鳴 門 3x−2 鳴 尾
 第33回 平 安 7−4 熊 谷

 選抜行進曲は「スポーツショー」

 センバツ優勝の鳴門は、初戦の八幡(福岡)に勝って波に乗り、4試合中3試合で
 逆転勝ち。チャンスで次々とつながる打線は「渦潮打線」と呼ばれた。
  エースは「小さな大投手」と呼ばれた栗橋博(2年 法大)。
  鳴尾のエースは中田員宏(2年 慶応大−阪急)。9回裏0−2から鳴門は2塁打、
ヒットから相手のエラーで同点に追いつき、3塁けん制悪送でサヨナラ勝ち。
 鳴尾の応援に阪神パークの子象が応援に来て話題になる。
 選抜の本塁打は1本。高倉照幸(熊本商2年⇒西鉄、巨人) 通算51本。
 (京都はなしで通算2本)
 平安は初戦で0−4宇都宮工。
 
 夏の甲子園、平安は準決勝で中西太の高松一の猛反撃をしのいで4−3と勝利。
 平安の決勝戦(7−4熊谷)が、夏の大会で京都勢の通算50勝目。
(79試合50勝28敗1分 勝率.641)。

 夏の大会の本塁打は6本。うち2本は中西太(高松商)。
 夏の通算は130本。(京都はなしで夏の通算は12本)

 大沢啓二(神奈川商工⇒立教大⇒南海他 日本ハム監督)、
 中西太(高松一⇒西鉄)、藤田元司(西条北⇒慶應義塾大⇒日本石油⇒巨人)、
 秋山登(岡山東⇒明大⇒大洋)、土井淳(岡山東⇒明大⇒大洋)
 佐々木信也(湘南⇒慶大⇒高橋、大毎)、町田行彦(長野北⇒巨人)
 備前喜夫(尾道西⇒広島)、小野正一(磐城⇒常磐炭鉱⇒清峰伸銅⇒毎日、大毎)
 小川健太郎(明善⇒リッカー⇒立正佼成会⇒東映、中日)
 河村久文()別府緑ヶ丘⇒東洋高圧大牟田⇒西鉄)

 清水宏員(平安→毎日)、上市明(平安⇒大映、西鉄)、和田功(桂⇒毎日)
 藤森文人(平安⇒法大⇒三重交通⇒帝産オート  平安監督)、
 小辻英雄(洛北⇒大日本印刷⇒南海)
 西尾慈高(立命館⇒立命館大⇒大阪タイガース 立命大のエースとして活躍。大学
選手権決勝で秋山、土井の明大に敗れ、準優勝)
1950
(昭和25) 
@洛陽(
(山城) 
@平 安
  (18−1)
A西 京 
 山 城
    (4−3伏見)
         6−0中央八幡

      山城5−3平安
      伏見3−1宮津
 

 第22回 韮 山 4−1 高知商
 第32回 松山東 12−8 鳴 門

 選抜の行進曲は「ハイスクール」。洛陽は初戦で3−9と桐生に敗退。
 選抜の本塁打は3本。通算50本。(京都はなしで通算2本)

 日本学生野球憲章が施行された。予選参加校が1500l校を突破する。
 山城は初戦で北海に3−5で敗退。
 夏の大会本塁打は3本。通算124本。(京都はなしで夏の通算は12本)
 
 金田正一(享栄商)=2年の時にスカウトされ、夏の予選で敗退後、
中退して国鉄スワローズに入団した。(名古屋電気⇒1年の5月に享栄商⇒国鉄⇒巨人)

 吉田義男(山城→立命大→阪神)、 山内一弘(起工⇒川島紡績⇒毎日、阪神)、
 石井連蔵(水戸一⇒早稲田大⇒日本鋼管 早稲田大監督)、紺田周三(松山東⇒広島)、
 松永怜一(福岡八幡⇒法大⇒法政一監督、堀越監督、法大監督、住友金属監督) 
 脇村春夫(湘南⇒東大⇒東洋紡 のちに日本高野連会長)、
 山本理(作新学院⇒神奈川大 作新学院監督)
 南菊一(京都商⇒東急)、川本浩司(山城⇒関学大⇒大映)、
 井本恒雄(平安⇒法大 平安監督)
、 
1949  @平 安(14
(立命館) 
@堀 川
  
(2−1)
A立命館
B西 京 
 平 安11
     (3−2西京)
      
8−4中央八幡
      
=現八幡、八幡商
      平安1−0洛陽
      西京3−1山城
 

 第21回 北 野 6−4(延長12回) 芦 屋
 第31回 湘 南 5−3 岐 阜

 平安が春、夏ともに出場したのは10度目。

 選抜の行進曲は「異国の丘」。
 平安は初戦で3−5と徳島商に敗退。
 選抜の本塁打は3本。通算47本。(京都は2本)

 夏の大会から甲子園球場にラッキーゾーンが新設された。

 平安の杉山慎二郎、夏の甲子園1回戦の盛岡戦(18−7)で
全国大会初のサイクル安打をマーク。

 湘南が野球部創部3年目で全国制覇。「無欲の勝利」と讃えられた。
5試合中の4試合が逆転勝利。のちにプロ野球ニュースのキャスターを務める
佐々木信也は1年生で出場。7番レフト。

 前年優勝投手だった小倉北の福島一雄が肘痛で準々決勝の倉敷工に6−7で敗戦。
小倉北の選手たちが甲子園の土を持ち返り、以後、多くの選手が持ち返るようになった。

 平安は猛打爆発で初戦の盛岡戦に18−7で勝ったが、柳井に4−5と敗れた。

 夏の本塁打は9本。通算121本。
 平安の杉山の本塁打は京都勢として夏の12本目。春夏通算14本目。

 広岡達朗(呉三津田⇒早稲田大⇒巨人)、小森光生(松本市立⇒早稲田大⇒毎日)
 福嶋一雄(小倉中、小倉、小倉北⇒早稲田大⇒八幡製鉄所)、
 花井悠(岐阜⇒慶応義塾大⇒日本石油⇒西鉄)、河合保彦(岐阜⇒名古屋、中日)、
 山下健(高松一⇒阪急)、
 木内幸男(土浦一   土浦一監督50〜 取手二監督57〜 
        常総学院監督85〜03 07〜11)、
 河合貞雄(西京商⇒慶応義塾大⇒住友金属)
 郷司裕(明治中⇒明治大 アマチュア野球審判 野球殿堂入り)
1948  @
京都一商)
A
京都二商)
 第20回選抜
立命館
平 安
(決勝せず、
両校近畿大会へ)
第 30回
 西京商

    (5−0京都商)
        
3−2彦根東
      西京商5−1洛南
      京都商2−1平安
 

 第20回 京都一商 1x−0(延長11回) 京都二商
 第30回 小倉中 1−0 桐 蔭

 選抜の行進曲は「鐘の鳴る丘」
 京都一商(西京商→西京)、京都二商は西陣商となり、廃校。
 決勝は京都同士に。
 一商の北本重二(太陽ロビンス→阪急)と二商の足立礼四郎(法大⇒近鉄)の投げ合いで
 0−0のまま延長戦に。延長11回裏、2死1,2塁から2塁走者の田中順造が盗塁。
 捕手からの送球が悪送球となり、田中がホームイン。一商の優勝となった。

 一商 3−2(13回)小倉中、4−2田辺中、4−1北野中
 二商 7−0大分中、1−0享栄商、4−2下関商
 選抜の本塁打は1本。通算44本。(京都は2本)

(学制改革により全国高等学校野球選手権に)
 夏の大会歌『栄冠は君に輝く』を制定。
 
 夏の甲子園大会は、福島一雄がエースの小倉中が、2年連続優勝。
福島は、1−0丸亀、12−0大分二(現大分商と大分工)、2−0関西、
4−0岐阜一(現岐阜)、1−0桐蔭と、海草中の嶋以来の5試合連続
完封だった。
 福島は昭和21〜24まで甲子園(西宮も含む)に7度出場。17勝3敗。8完封。
 早稲田大学に進み、地元の八幡製鉄でも活躍。
 
 西京商(京都一商)は12−5金沢一、10−0慶応、5−0享栄商、0−1桐蔭(ベスト4)

 夏の本塁打は4本。通算112本。
 西京商の種田吉富が2回戦の慶応戦で本塁打を放ち、京都勢として夏の11本目。
 春夏通算では13本目。

 荒川博(早稲田実⇒早稲田大学⇒毎日)、
 岩本尭(田辺中⇒早稲田大⇒巨人、大洋)、西村修(桐蔭)、
 北本重二(西京商)
、 
1947  @京都一商(
A京都二中(

京都二商(
 
京都一商
京都二商

(決勝せず、
両校近畿大会へ)
 京都二商
      (5−7二中)
        
5−2彦根中
     二商3−1一商
     二中23−1立命館
 

 第19回 徳島商 3−1(延長13回) 小倉中
 第29回 小倉中 6−3 岐阜商

 選抜に、京都から3校が選ばれた。行進曲は「剣と槍」
 選抜の本塁打は4本。通算43本。(京都は2本)
 京都一商は3−2松本商と1勝したが、2回戦で1−2と小倉中に惜敗。
 京都二中は0−1慶応普通部、京都二商は0−3中学濟々黌と初戦敗退。

 夏は、7年ぶりに甲子園球場で開催される。予選参加が1000校を超える。
 小倉中が決勝で岐阜商を下し、優勝旗が初めて関門海峡を越えて九州へ。
 京都二商は2回戦から登場し、1−0函館工でベスト8も6−7岐阜商と競り負け。
 夏の本塁打は8本。通算108本。
 
 京都二商の鎌田誠二、足立礼四郎、岩木益三が岐阜商戦で本塁打を放ち、夏10本。
 春夏通算12本。夏10本目は岩木、春夏通算10本目が鎌田。

 平古場昭二(浪華商⇒慶應義塾大⇒全鐘紡)、、、、
、 
1946    @京都二中
A京都商
 
京都二中
     (6−1京都商)
        
3−0膳所中
     二中3−2平安中
     京商7−2同志社中
 

 第28回 浪華商 2−0 京都二中(鳥羽)

 甲子園球場がGHQに接収されていたので、西宮球場で開催。
 浪華商の平古場昭二、夏の甲子園準決勝の東京高師附中戦(9−1)
で大会タイの19K.

 この試合後、東京高師附中の佐々木迪夫監督が、「自分のポジションに
行って土を取って来い。来年返しに来よう」と言って土を集めさせたのが、
甲子園の土を持ち帰るきっかけになったという説もある。
(他に熊本工の川上が持ち帰ったのがきっかけという説も)

 夏の本塁打は4本。通算でちょうど100本。(京都は夏7本)
 通算100号は浪華商の広瀬吉治(法政大 のち浪商監督)。

 牧野茂(故郷の高松商に入学したが空襲で愛知へ疎開して愛知商へ 明治大⇒
      名古屋ドラゴンズ、中日  巨人ヘッドコーチ)、
 沼沢康一郎(函館中⇒早稲田大⇒毎日、大毎)、
 石原照夫(成田中⇒立教大⇒藤倉電線⇒東映)、
 宮井勝成(早稲田実⇒中央大学 王貞治の頃の早実監督  中央大監督)、
 
1945                  戦争のため中断      
1944   杉下茂(旧制帝京商⇒いすゞ自動車⇒明大専門部⇒中日 フォークボールの神様
       1985年野球殿堂入り)
1943   
1942      戦争中、大日本学徒体育
振興大会の一種目として、
文部省主催で開催。
京津大会は、
平安中(7−0膳所中)が
優勝。全国大会へ。
「幻の甲子園大会」と
呼ばれる。
 
出場校
北海中、仙台一中、水戸商、京王商(専修大学附)、敦賀商(敦賀)、
松本商(松商学園)、一宮中、平安中、市岡中、海草中(向陽)、滝川中、
広島商、徳島商、福岡工、大分商、台北工。
平安の富樫淳(昭和31年優勝時の監督)、1回戦の市岡中戦(3−0)で
無安打無得点試合を試合。
平安は準優勝(7−8x 延長11回 徳島商)。
(京津大会優勝、甲子園で準優勝した平安のユニフォームの胸に
「安平」とある)

 富樫淳(平安→法政大→大阪タイガース)、原田清(平安→立命大→東急)、
 中村徳次郎(平安→大阪タイガース)、
 陰山和夫(市岡中⇒早稲田大⇒南海  南海百万ドル内野陣のサード)、
 荒巻淳(大分商⇒大分経済専門学校⇒別府星野組⇒毎日)、
 別所毅彦(滝川中⇒日本大を中退して南海、巨人)、
 青田昇(滝川中⇒巨人、阪急など)、
 関口清治(台北工⇒全武生⇒信州化学⇒巨人 肩怖し別府星野組⇒西日本、西鉄、阪急)
 石井藤吉郎(水戸商⇒早稲田大⇒大昭和製紙  早大監督  野球殿堂入り)、
 須本憲一(徳島商⇒明治大⇒東急  徳島商監督)
 田丸仁(立正中=現立正→法政大 法政二監督として夏春連覇。東京オリオンズ監督、
      阪神スカウトなど)
 根本睦夫(日大三中⇒日大予科⇒法政大⇒コロンビア⇒近鉄、広島、西武)、
 関根潤三(日大三中⇒法政大⇒近鉄)、
 
1941  (平安中・13)    (戦争の影響で
地区予選の途中で
中止が決定)
京都大会は最後まで
行われた。
 平安中5−4京都一商
    平安6−0四条商
    一商12−0二中

 第18回 東邦商 5−2 一宮中
 夏の大会は、予選の途中で中止。

  選抜の行進曲は「国民進軍歌」
 2回戦の岐阜商1−0滝川中で、滝川中のエース別所毅彦が本塁のタッチプレーで
左腕を骨折。以後、腕を吊りながら投げて感動を呼んだ。

 選抜の本塁打はなし。通算39本。(京都は2本)

 四条商は、戦後の学制改革で廃校。

 飯田徳治(浅野綜合中⇒東京鉄道局⇒グレートリング 南海 南海百万ドルの内野陣の
     一塁手。ショートバウンドのグラブさばきが抜群で一塁手の守備力が見直された)
 木塚忠助(唐津中⇒門司鉄道局⇒南海 南海百万ドルの内野陣のショート ショートの
     守備は歴代bPの声高い。バカ肩、俊足でメジャーから勧誘された日本人第一号)
 後藤次男(熊本工⇒法政大⇒大阪タイガース)、
 砂押邦信(水戸商⇒立教大 立大監督時代に長嶋茂雄を指導  国鉄、サンケイ監督)、
 安居玉一(東邦商⇒阪神軍、大阪タイガース、大洋など)、前川正義(東邦商⇒阪神軍)、
 
1940
(昭和15) 
京都商
(平安中・
12) 
 京都商   京都商
   (5−1平安)
     京商9−0彦根中
     平安11−0大津商
   京都大会準決勝
      京商5−1三商
      平安5−0京師範

 第17回 岐阜商 2−0 京都商
 第26回 海草中(向陽) 2−1 島田商


 選抜で京都商が、神田武夫−徳網武のバッテリーで決勝進出。準々決勝では
平安中に延長11回2−1でサヨナラ勝ち。準決勝では選抜2連覇を狙った東邦商に
2−0と完封勝ちした。
 決勝は、3試合連続完封で決勝進出の岐阜商・大島信雄と投手戦を演じる。
8回裏に2点奪われ、逆に、大島には4連続完封を許して準優勝。

 選抜の行進曲は「紀元千六百年奉祝歌」。
 選抜の本塁打はなし。通算39本。(京都は2本)

 夏には戦時体制となり、夏の大会も「全日本中等学校体育競技総力大会」の一部門
として開催された。
 夏の大会の本塁打は2本。通算96本。(京都は7本)

 神田武夫(京都商→南海 肺病を患いながらプロ新人の1941年に25勝15敗。1942年
の5月には春季リーグの優勝をかけて巨人と激突。5回2死で2塁に水原茂をおき、
川上哲治にセンター前タイムリーを浴びた直後に吐血した。この年も24勝20敗の成績
を残したが、翌年、21歳の若さでこの世を去った)

 金田正泰(平安中⇒阪神軍 大阪タイガース ダイナマイト打線の一人 阪神監督も)、
 大島信雄(岐阜商⇒慶應義塾大⇒松竹 中日)、
 真田重蔵(海草中⇒朝日軍、50年に松竹でシーズン39勝の最多記録、大阪タイガース)、
 徳網茂(京商で捕手、神田武夫とバッテリー⇒同志社大⇒大洋漁業⇒毎日など))、
 古家武夫(平安)、
 蔦文也(徳島商⇒同志社大⇒日本製鉄広畑⇒全徳島⇒東急フライヤーズ50年1年限り 
       池田監督52〜92)
 平井三郎(徳島商⇒明治大⇒全徳島⇒阪急、西日本、巨人)、
 石丸進一(佐賀商⇒名古屋軍 元プロ野球選手では唯一神風特攻隊員として戦死)
 小鶴誠(飯塚商⇒八幡製作所⇒日本大⇒名古屋軍、松竹、広島 美しい打撃フォームで
      ”和製ディマジオ”と呼ばれた。松竹水爆打線の中核)、
 一言多十(島田商⇒専修大⇒セネタース、東急、阪急など  名は「ひとこと たじゅう」)
1939  (平安中・11)   京都三商   京都商
   (5−2平安)
    京商2−0大津商
    平安14−0膳所中
    
    京都大会準決勝
    京商9−0同志社中
    平安4−0舞鶴中

 第16回 東邦商(東邦) 7−2 岐阜商
 第25回 海草中(向陽) 5−0 下関商


 選抜の行進曲は「大陸行進曲」。ベスト4を東邦商、岐阜商、島田商、中京商の
東海勢が独占する。
 選抜の本塁打はなし。通算39本。(京都は2本)

 海草中の嶋清一、夏の準決勝(島田商)、決勝(下関商)と2試合連続の
無安打無得点試合。5試合すべて完封。
5−0嘉義中(3安15K)、5−0京都商(2安8K)、3−0米子中(3安9K)
8−0島田商(0安17K)、5−0下関商(0安8K)。45回8安57K。

 夏の大会の本塁打は1本。通算94本。(京都は7本)

 嶋清一(海草中 39年に全5試合完封、2試合連続のノーノー 明治大 戦死)、
 大下弘(台湾・高雄商⇒明治大⇒セネタース、東急フライヤーズ 青バットの大下と
     呼ばれ、赤バットの川上と並んで終戦直後のスーパースター 1980野球殿堂入り)
 中尾硯志(京都商⇒巨人 エース番号18の祖として知られる 1998年野球殿堂入り)、
 土井垣武(米子中⇒大阪タイガース ダイナマイト打線の一人)、
 長谷川善三(米子中⇒南海、大阪タイガース 西鉄、毎日など  ロッテのスカウトも)
 
1938  (平安中・10)   平 安
 京都商
 
平安中10
   
(14−2京都師範)
   平安7−0膳所中
   京師範12−0彦根商
     
     京都大会準決勝
     平安12−1三商
     京師範1−0京都商

 第15回 中京商(中京大中京) 1−0 東邦商
 第24回 平安中 2x−1 岐阜商


  夏の甲子園で、平安中が悲願の全国制覇(2x−1岐阜商)。
決勝は、平安の天川清三郎と岐阜商の大島信雄の投手戦に。
9表に岐阜商1点先制も、リリーフした野村清に足を絡め、平安中が
逆転サヨナラで、念願の全国制覇。
 夏の大会本塁打はなし。通算93本。(京都は7本)
 
 春の選抜は中京商のエース野口二郎が、準々決勝で海草中の嶋清一と
投げ合い、4−0で勝利。13K2四球の無安打無得点試合も達成する。
この試合を含め、4試合連続完封で前年夏の優勝とで「夏春」連覇。
  選抜の行進曲は「愛国行進曲」。
  選抜の本塁打はなし。通算39本。(京都は2本)

 野口二郎(中京商)、別当薫(甲陽中)、千葉茂(松山商)
 西村(木村)進一(平安中で1935年から8季連続甲子園に出場。立命館大。戦争で
   右手首を失い選手生命を断たれたが、1948年に平安の監督。左手一本でノックし、
   1951年夏に全国制覇)。
 彦根商は、戦前までで廃校。、、
 
1937  (平安中・)   平 安
 京都師範
 
 平安中
    (3−2京都三商)
      平安5−1大津商
      三商4−0彦根中
   
   京都大会準決勝
     平安1−0京都師範
     三商7−1京都商

 第14回 浪華商
中(大体大浪商) 2−0 中京商(中京大中京)
 第23回 中京商(中京大中京) 3−1 熊本工

 京都三商は、のちに伏見商となり、廃校。

 選抜出場校へスクールカラーに校章をあしらった「選抜旗」が贈られることになり、
開会式の入場の際に掲げて行進した。行進曲は4年連続で大会歌。
 選抜で、愛知県から中京商(中京大中京)、東邦商(東邦)、亨栄商(亨栄)、
愛知商(愛知)の4校が選ばれた。計6勝。
 浪華商が優勝し、春の大会では初めて大阪勢が優勝した。
 選抜の本塁打はなし。通算39本。(京都は2本) 

 夏の甲子園、熊本工が川上哲治−吉原正喜のバッテリーで決勝進出。
だが、2年生エース野口二郎の中京商の前に1−3で屈する。
 敗れた川上は、甲子園の土を持ち帰る。これが、甲子園の土を持ち
帰った第一号とされる。
 夏の大会本塁打はなし。通算93本。(京都は7本)

 川上哲治(熊本工⇒巨人 打撃の神様、背番号16は永久欠番、V9監督
        1965年野球殿堂入り、生誕地の人吉市に川上哲治記念球場がある
        1965野球殿堂入り)、
 吉原正喜(熊本工⇒巨人 ビルマで戦死 1978年野球殿堂入り 熊本工グラウンドの
     バックネット裏に川上と吉原のモニュメントが設置されている 1978野球殿堂入り)
 西本幸雄(和歌山中⇒立教大⇒東洋金属、八幡製作所、全京都、別府星野組
      ⇒毎日、 毎日監督、阪急監督、近鉄監督 悲運の闘将 1988野球殿堂入り)

 藤本英雄(下関商⇒明治大⇒巨人 1950に史上初の完全試合 1976野球殿堂入り)、
 千葉茂(松山商⇒巨人 じゃじゃ馬と異名をとった 近鉄監督 バッファローズは千葉の
     ニックネーム「じゃじゃ馬」「猛牛」に由来。1980野球殿堂入り)、 
 服部受弘(愛知・岡崎中⇒日大⇒名古屋軍・中日 杉下茂とダブルエース 1952年8月
       2日の巨人戦で球団初の代打逆転満塁本塁打を別所毅彦から放ち、その後、
       リリーフ登板して勝利投手に。背番号10は中日の永久欠番)
 安井亀一(海南中)、
 村松長太郎(浪華商)
 山本英一郎(台北一中→慶大→鐘紡 のちに日本野球協会会長 1997野球殿堂入り)
1936  (平安中・
(京都師範・
) 
 平 安
 京都一商
 
平安中
    (21−1京都一商)
     平安6−5彦根中
     一商8−0膳所中

    京都大会決勝
     平安5−0一商
        準決勝
     平安13−5二中
     一商10−0舞鶴中

 第13回 愛知商 2x−1 桐生中

 第22回 岐阜商 9−1 平安中

 選抜の行進曲は3年連続大会歌。
  愛知商が9回裏に3塁打でサヨナラ勝ち。東海勢が選抜で4年連続優勝。
 選抜の本塁打は3本。通算39本。(京都は2本))

 岐阜商のエースは、大きなカーブから「三尺」と呼ばれた左腕の松井栄造。
 33年春、35年春に続く3回目の優勝投手。甲子園に5度出場し通算11勝0敗。
 早稲田大学に進学し、神宮球場でも活躍した。
 
 夏の大会本塁打は3本。通算93本(京都は7本)


 本堂保次(日新商=現東大阪市立日新→大阪タイガース 大毎オリオンズ監督など)
 宇野錦次(平安→阪急)、
 富永嘉郎(平安→同志社大→南海)、
 呉昌征(1942年までは呉波。嘉義農林→巨人 春1回、夏3回出場。裸足のプレーで
     話題に。プロでは巨人と阪神の両方で主力として活躍した珍しい存在
     1995野球殿堂入り)
 今久留主淳(嘉義農林⇒全鹿児島⇒別府星野組⇒毎日)
 松井栄造(岐阜商⇒早稲田大⇒藤倉電線 戦死)
 
 
1935
(昭和10) 
(平安中・)   京都商
 平 安 
 平安中
    (10−6京都一商)
     平安18−1膳所中
     一商6−0彦根中

     京都大会決勝
      平安4−3一商
        準決勝
      平安5−1京都商
      一商7−0一中

 第12回 岐阜商 5−4 広陵中

 第21回 松山商 6−1 育英商


 選抜で浪華商が出場辞退の第一号に。代わって中京商が出場。行進曲は大会歌。
 ベスト4のうち3校(岐阜商3x−2=10回愛知商、広陵中5−1東邦商)が東海勢。
 優勝は決勝で広陵中を5−4で破った岐阜商。エースは松井栄造(早大)
 平安中は初戦の2回戦で2−5広陵中。
 選抜の本塁打なし。通算36本(京都は2本)。

 夏の大会の開会式からブラスバンドが登場、山田耕筰作曲・指揮の『大会行進曲』
が演奏された。
 夏の1回戦で、呉港中の藤村富美男が飯田商戦(3−0)で大会タイ記録の9回19K
をマーク。藤村登板の試合では、外野席の後ろで空き箱に立ってみる観客が多く、
空き箱が大売れした
 優勝は、松山商(6−1育英商)。松山商に千葉茂。
 平安中は初戦の2回戦で嘉義農林に1−4で敗退。
 夏の大会本塁打はなし。通算90本(京都は7本)。

 藤村富美男(呉港中⇒大阪タイガース ミスタータイガース 背番号10は永久欠番
            1974野球殿堂入り) 
 ヴィクトル・スタルヒン(旭川中を中退して⇒巨人他 NPB初の300勝投手。
         1960年野球殿堂入り、旭川市営球場をスタルヒン球場と命名)
 高得之(平安→阪急)、大館勲夫(平安→武道専門学校→全京都→阪神)
 白石勝巳(敏男)(広陵中を中退して巨人、広島の創設に参加  1985野球殿堂入り)、
 、
1934  平安
京都二中
(京都一商・

(京都商・
 
 京都商
 京都二中
 第20回
 京都商

     (7−0平安)
     京商6−1一中
     平安3−0二中
   
   京都大会決勝
     平安5−2二中
       準決勝
     平安3−1京都商
     二中5−3一中

 第11回 東邦商 2x−1
(延長10回) 浪華商
 第20回 呉港中 2−0 熊本工


 選抜で、2代目の大会歌『陽は舞いおどる甲子園』が採用された。1992年(第64回)
まで使われた。初代大会歌に「オール」や「ヤング」といった英語が入っていることを問題
とし、曲は同じで詞だけ薄田泣菫作詞のものに変えた。行進曲も新大会歌。
 選抜で和歌山中が第1回から11年連続出場(翌年は出られなかった)。
 2回戦の亨栄商対徳山商(5−3)が延長19回と、選抜の最長イニング試合に。
 優勝は東邦商(2−1浪華商)。
 京都一商は初戦の2回戦で、優勝する東邦商に0−3。
 京都商は1回戦から登場し、堺中(4−0 沢村栄治が先発全員奪三振)を下したが、
 2回戦で明石中に1−2で敗れた。
 選抜の本塁打は1本。通算36本(京都は通算2本のまま)。

 夏の京都大会1次戦の準決勝で、京都商と平安が激突した。だが、当時は、
京都のベスト4と滋賀2校の6校が2次戦を戦い、そこで優勝したチーム
が、甲子園に出場することになっていた。
 京商は、この準決勝の平安戦で、エースの沢村栄治を温存。試合は、
平安が3−1で勝った。すると試合後、沢村を見に来たファンや
平安ファンがグラウンドへ降り、当時、京商監督(ベンチコーチ)の
高須武之介に対して「高須を殺せ」などと叫びながらベンチへ殺到した。
武士道精神から言って、常にベストメンバーで戦わないのは卑怯と
考える人が多かった。
 主催者側は、高須監督に「弁明してほしい」と頼んだが、高須監督は、
目標はあくまで全国大会への出場で、ルールに従って戦っただけだと
弁明を拒否。警官に囲まれながら、西京極球場を去った。
 両校は、予想通り2次戦の決勝でも顔を合わせ、今度は、沢村が
1安打1四球16奪三振という快投を演じて、京商が7−0と圧勝、
全国大会へ出場した。

 和歌山・海南中の長谷川治(明大 市和商監督)が2回戦の神戸一中戦(5−0)で
ノーヒットノーランを達成。
 優勝は、エースが藤村富美男の呉港中。2−0と熊本工を破る。藤村は2安打14三振
と好投。3回目の出場で初優勝。熊本工には吉原正喜や川上哲治も。9番の川上は
3打席3三振だった。
 京都商は、1回戦で鳥取二中に1−3.
 夏の大会本塁打は2本。通算90本(京都は7本)。

 沢村栄治(京都商→巨人 伝説の大投手。背番号「14」は巨人の永久欠番 
         1959野球殿堂入り)
 山口千万石(京都商)
 岡村俊昭(平安=台湾からの留学生→日大→南海 1930年春から9度甲子園
に出場。最多タイ記録 外野と捕手で)
 藤井勇(鳥取一中→大阪タイガース)。
、 
1933  京都商(
平安(
)
第10回選抜
  平安中
  (13−0舞鶴中)
    平安3−2膳所中
    舞鶴中10−6一中

  京都大会決勝
     平安13−0一中
   準決勝
    平安7−0一商
    一中10−4舞鶴中

 第10回 岐阜商 1−0 明石中

 第19回 中京商(中京大中京) 2−1平安中


 平安中の波利熊雄、1929春から9度目の甲子園。(1年春夏は控え、
2年春は3B、夏は2B、3年から5年はSS)。これは、一人による最多出場記録。
1932の4年夏のみ、京津大会準決勝で京都師範に1−4で敗れ、出場できなかった。
(当時の中学は5年間)

 同じ平安の岡村俊昭、光林俊盛、海草中の加茂国造も9度で最多タイ。
このうち、岡村と光林は9度ともレギュラーで出場。

 選抜は10回大会を記念して32校が出場。前年度優勝校の無条件出場がなくなった。
 和歌山県から和歌山中(桐蔭)、海草中(向陽)、海南中、和歌山商の4校が選ばれ
た。計5勝。行進曲は「青年」。
 優勝は岐阜商。8回裏にスクイズで1点をとって1−0で明石を下す。初優勝。エースは
松井栄造(岐阜商→早大)。明石の楠本保(明石→慶大)は5試合で失点2だったが、
2年連続の準優勝。。
 沢村栄治(京商→巨人)を擁する京都商は、関西学院中を6−2、大正中を3−2で
下して準々決勝に進出したが、明石に1−2で敗退。準決勝の明石対中京商は
吉田正男の押し出し死球で1−0。
 平安は初戦で明石中に0−1で敗れた。
 選抜の本塁打はなし。通算35本(京都も通算2本のまま)

 藤村富美男の大正中が、「呉港中」と改称。藤村は3年生(当時は5年制)。

 夏の1回戦で、中京商の吉田正男が善隣商戦(11−0 朝鮮代表 現善隣インター
ネット高校))で無安打無得点試合。
 2回戦の浪商戦(3−2)で、吉田正男が負傷し、左まぶたを3針縫った。
 2回戦の水戸商戦(10−0)で明石は、楠本保、中田武雄との継投で無安打無得点に
抑えた。
 準決勝の中京商対明石は、吉田正男と中田武雄(明石→慶大)の投げ合いで
延長25回(1−0)の大熱戦に。中京商の25回裏は、7番(左)前田利春が四球、
8番(捕)野口明のバントをサード永尾正巳と中田武雄が譲り合って安打に。さらに9番
(中)鬼頭数雄のバントを中田がサードへ投げて野選。無死満塁。1番(右)大野木浜市
の当たりはセカンドゴロ。神谷春雄がホームへ投げたが、一塁側へ高くそれ、捕手の
福島安治がジャンプしてキャッチする間に3塁ランナーが生還してサヨナラ。
試合時間は4時間55分。現在も最長試合記録。
 中京商は、決勝で平安中を2−1で下して夏の甲子園3連覇。
エース吉田正男、甲子園6回出場で通算23勝3敗。夏は14連勝無敗。
 平安は2回戦から北海中(延長11回5−1)、郡山中(9−1)、松山中(4−0)と
破って決勝へ進出。準優勝は2度め。
 夏の大会本塁打はなし。通算88本(京都は通算7本のまま)。
 
 吉田正男(中京商→明治大→藤倉電線 夏3連覇、通算23勝3敗という伝説の投手。
      明大進学後は肩を壊し、外野手に転向した))
 野口明(中京商→明大を中退して東京セネタース 捕手として夏3連覇に貢献 
   1942年の大洋軍時代、一塁手で出場の名古屋戦で延長28回を戦い、中学時代の
    延長25回と合わせ、プロ、アマの最長試合経験者)
 杉浦清(中京商→明治大 海草中の監督に就任し、嶋清一を擁して全国制覇。中日
      の監督も)
 鶴岡一人(広島商⇒法政大⇒南海  南海の名将  世界で初めて専属スコアラーを
    採用してデータ野球を始めた。1959年の巨人との日本シリーズで脚光浴びた。
    勇退後、ボーイズリーグの創設に尽力  1965野球殿堂入り)、
 楠本保(明石中⇒慶應義塾大)、中田武雄(明石中4年⇒慶應義塾大)、
 松下繁二(明石中⇒法政大⇒阪神)、
1932  (平安中・
(京都師範・
 
   京都師範
  (3−0京都一中)
   京師範4−1平安中
   一中3−0大津商
     
 京都大会決勝
  京都師範6−5平安中
   準決勝
    京師範4−0一中
    平安中11−3一商

 第9回 松山商 1−0 明石中

 第18回 中京商(中京大中京) 4x−3(延長11回) 松山商

 西京極球場完成
(こけら落しは平安対京都師範。観客は3万。2対1で京都師範が勝った)。
 大正時代になって平安中が台頭。この頃の強豪は、平安中、京都師範、
京都商、一中、二中、一商。
 夏の予選は、京都大会の決勝まで行った上で、京都の上位4校、滋賀の
上位2校が改めて2次戦を戦った。

 選抜優勝は松山商。1−0で明石中を破った。行進曲は「爆弾三勇士の歌」
 京都師範、選抜2回戦の海草中戦(2−0)で、1時間15分の選抜最短試合を記録。
現在まで選抜最短試合記録として残る。
(夏は1947年決勝・小倉中6−3岐阜商の1時間12分)
 京都師範の2番2Bは、後栄治。戦後、小学校の教師をしながら山城の監督を務め、
昭和25、27の夏2度、甲子園へ導いている。吉田義男の恩師でもある。
 京都師範は2回戦で海草中(2−0)と下したが、準々決勝で楠本保の明石に全員三振
を喫して0−1で敗れた。
 平安は1回戦で吉田正男の中京商に1−3で敗退。
 
 選抜の本塁打は1本。通算35本。その1本を平安中の本田親喜が放つ。
 京都の選抜2本目。
 本田はベーブ・ルース賞を受賞した。野球統制令が出されて、選抜の第4回大会以来
続いた優勝校のアメリカ旅行が中止された。その代わり、最多本塁打の選手にベーブ・
ルース賞が贈られることになった。

 夏の大会で1回戦で、明石の楠本保が北海中戦(4−0)でノーヒットノーラン。
 2回戦で長野商の水澤が遠野中戦(6−0)でノーヒットノーラン。
 準々決勝で熊本工の岡本が石川師範戦(3−0)でノーヒットノーラン
 優勝は中京商。延長11回4対3で松山商にサヨナラ勝ちして夏連覇(優勝2回目)。
 松山商は、春の優勝校で初めて夏の決勝に進んだが、春夏連覇ならず。
 京都師範は2回戦で八尾中に0−2で敗戦。
 夏の大会で本塁打はなし。通算88本。京都は通算7本のまま。

 景浦将(松山商→立教大→大阪タイガース 巨人の沢村栄治のライバル)、
 大沢清(神奈川商工−国学院大→名古屋軍 大沢親分こと大沢啓二の兄)
 濃人渉(広陵中⇒広島専売局⇒名古屋金鯱軍他)、
 藤田宗一(甲陽中⇒法政大⇒全大阪⇒コロムビア⇒国鉄 金田正一の頃の国鉄監督も)
 本田親喜(平安→慶応大→名古屋軍)、
 中村健一(平安)、梅垣一(京都師範)、
、、
 
1931  (平安中・)     平安中
   (6−2京都師範)
    平安中8−0八幡商
    京師範5−2一中
 
 第8回 広島商 2−0 中京商
(中京大中京)
 第17回 中京商(中京大中京) 4−0 嘉義農林


 夏の予選は、京都、滋賀でそれぞれ1次予選を行い、京都の上位4校、
滋賀の上位2校が2次戦を行った。

 選抜で、試験的に背番号が採用された。2年前にニューヨーク・ヤンキースが
導入したのにならったが、この大会限りとなった。正式に採用されたのは、
1952年の夏の大会(第34回)から。選抜の行進曲は旧大会歌。
 広島商の灰山元治が、坂出商戦で選抜大会史上初のノーヒットノーランを記録。
 広島商が2−0で中京商に勝って優勝。史上初の夏春連覇を達成した。
 
 選抜の本塁打はなし。通算34本。京都は通算1本のまま。

 夏の大会は、中京商が嘉義農林を4−0で破って優勝した。以後3連覇を達成する。
 平安は、1回戦で八尾中に6−5と勝ったが、2回戦で広陵中に5−6とサヨナラ負け。
 大会本塁打は3本。通算88本。京都は通算7本のまま。

 平安中の内海五十雄、28年選抜から8期連続甲子園出場。
(控え投手、ライト、4期連続ファースト、エース、ファースト)

 内海五十雄(平安→法政大→巨人 城陽市出身・内海哲也投手の祖父)
 高橋輝彦(神奈川商工→専修大 東京セネタース百万ドル内野陣の一人。
後に専修大、横浜高校の監督も務め、横浜監督時代のコーチが渡辺元智)、
 中村信一(愛媛・北予中→法政大 東京セネタース百万ドル内野陣の一人)
 綿貫惣司(川越中→立教大 東京セネタース百万ドル内野陣の一人)
 灰山元治(広島商→慶応義塾大 選抜でエース番号1を背負い4番を打って
主将で優勝したことから『元祖エースで4番』と呼ばれる)
 黒沢俊夫(八尾中→関西大→名古屋金鯱軍、大洋、巨人。主力選手が徴兵
さらた戦時下、巨人に移籍して4番を担う。戦後の1947年のシーズン中
腸チフスで急死。遺言による巨人のユニフォームで葬られた。背番号4は、
巨人の永久欠番となっている)
 呉明捷(嘉義農林→早稲田大 エースで4番として活躍。早大に進み、一塁手に
転向し、7本塁打の最多本塁打タイ記録をマークした)
 
1930
(昭和5) 
(平安中・)     平安中
  (20−2膳所中)
    平安中5−3舞鶴中
    膳所中7−1八幡商

 第7回 第一神港商(市神港) 6−1 松山商
 第16回 広島商 8−2 諏訪蚕糸
(岡谷工)

 夏の予選は、この年まで京津大会として京都、滋賀一緒に行われた。

 平安の伊藤次郎投手、7期連続エースとして甲子園出場。
通算146回投げて140K。
 平安のSS稲田照夫(台湾出身)も7期連続レギュラーで甲子園出場。
(当時は旧制で、中学は5年間)。
 稲田、準々決勝の東北戦(15−0)で満塁含む1試合2本塁打。

 この年の選抜開会式から選手宣誓が行われた。行進曲は「われら戦友」
 選抜の優勝は、第一神港商(6−1松山商)で史上初の大会連覇。
 第一神港商のエース岸本正治が、54奪三振(一宮中19、高松中15、甲陽中10
松山商10)の大会新記録。1973年に江川卓(60K)に破られるまで大会記録だった。
 平安は広島商(4−0)、台北一中(7−2)と下し、ベスト4進出。2−9松山商。
 選抜の本塁打は5本。通算34本。
 平安中の中川伴次郎が京都の選手として選抜初本塁打。

 夏の大会では広島商が3−0で諏訪蚕糸(現岡谷工)に勝ち、2年連続優勝。
 平安中は2回戦で桐生中に2−1、準々決勝で東北に15−0と勝ったが、
準決勝で諏訪蚕糸に0−3と敗れた。
 夏の大会の本塁打は3本。通算85本。

 平安中の稲田照夫が2本を放ち、京都の選手は通算7本に)

 伊藤次郎(台湾から留学。平安中→法政大→セネタース)
 平桝敏男(広陵中→慶応義塾大→大阪タイガース創設時の1番打者)、
 島本義文(和歌山中→横浜商工→阪急)、
 後藤正(第一神港商→慶応義塾大→名古屋軍 1937年、24歳の時に満州で
戦死。職業野球に在籍した選手で初の戦死者)
 中村三郎(諏訪蚕糸→明治大 名古屋軍など。甲子園の準優勝投手だったが、
プロでは三振か、ホームランかの打者として活躍)
 古谷倉之助(明治中→八王子実業団→名古屋金鯱軍 1936年秋季リーグで
山下実、藤村富美男と2本で本塁打王、打点王と2冠)
 
1929  (平安中・)     平安中
  (14−1京都師範)
    平安9−1滋賀師範
    京師範3−1舞鶴中

 第6回 第一神港商(市神港) 3−1 広陵中
 第15回 広島商 3−0 海草中
(向陽)

 舞鶴中は、現西舞鶴。

  この年の選抜大会から、勝利校の校歌斉唱と校旗の掲揚が行われる
ようになった。当時毎日新聞の記者で、前年のアムステルダム五輪女子
800mに出場し、銀メダルを獲得した人見絹枝が、五輪の表彰式での
国歌演奏と国旗の掲揚から発案したもの。
(夏の大会での校歌演奏と国旗の掲揚は、戦後の1957年から始まった)
 また、人見の発案で、校名のプラカードを先頭に入場するスタイルも、
この大会から採用された。
 選抜の出場校は16校。初戦で同一地域の代表が対戦しないように、
東西対抗方式が取られた。行進曲は「観兵式行進曲」
 甲子園球場にアルプススタンドが新設された。
 選抜は第一神港商が3−1で広陵中を下して優勝。
 平安中は、初戦で海草中に0−5で敗れた。
 選抜の本塁打はなし。通算29本。

 夏の大会は、広島商が海草中を3−0で下して優勝した。
広島商の監督は石本秀一。海草中の監督は「オレがルールブックだ」の二出川延明。
 平安は初戦の2回戦で平壌中を3−0で下したが、準々決勝で台北一中に4−5で
敗れた。
 本塁打は6本。通算82本。(京都は0本で夏の通算5本)

 若林忠志(ハワイ生まれでマッキンレー高 本牧中4年で編入⇒法政大⇒コロムビア
       ⇒大阪タイガース 阪神 18がエース番号といわれたルーツ
        阪神、毎日など監督歴任   1964野球殿堂入り)
 小川利安(広陵中→慶応義塾大 大阪タイガース創設時の3番打者)、
 鈴木芳太郎(静岡中→専修大→南海 初代開幕投手 のちに静岡高監督)
 西垣徳雄(第一神港商→法政大 国鉄スワローズの初代監督 ロッテ球団代表)
 倉信雄(第一神港商→法政大 大日本東京野球倶楽部 巨人)
 中根之(第一神港商→明治大→名古屋軍 1936年秋季リーグ首位打者。
     打率376は戦前の最高打率。また、3人しかいない本塁打0本の首位打者)
 牧野直隆(慶応商工→慶大 水原茂と三遊間→鐘紡 第4代高野連会長) 
 
1928  (平安中・)    平安中
   28−2(膳所中)
    平安中7−1京師範
    膳所中9−3同志社

 第5回 関西学院中 2−1 和歌山中(桐蔭)
 第14回 松本商(松商学園) 3−1 平安中


 選抜大会から、ラジオ中継が全国に拡大された。行進曲は「モン・パリ」他。
 優勝は、関西学院中。決勝で春2連覇をめざした和歌山中を2−1で下した。
 大会本塁打は1本。通算29本。(京都は0本)
 選抜初出場の平安中は、1回戦で松山商に3−6。

 夏の大会から、ベンチ入り選手の数を14人以内とした。
 和歌山中が第1回大会から14年連続出場(翌年は出られなかった)。
 平安の伊藤次郎が、夏の甲子園準決勝・北海中戦(6−0)で無安打無得点
試合を達成(史上3人目)。
 伊藤の好投もあって、八戸中(5−0)、福岡中(4−2)、甲陽中(4−3)、
北海中(6−0)と破って決勝に進出。だが、自慢の打線が松本商のエース
中島治康(後に巨人の4番、プロ史上初の三冠王)に6安打1点に抑えられ、
準優勝(1−3)。松本商のコーチは、のちに巨人の監督も務める藤本定義。
 大会本塁打は11本。通算76本。
 平安の内牧雄一(大会9号)、西村喜章(大会11号)で京都では夏の4、5本目。
 
 三原脩(高松中→早大のスター選手で同郷の慶大・水原とはライバル関係に→
大日本東京野球倶楽部=巨人の前身と契約第1号、戦後、巨人、西鉄、大洋などで
監督を歴任 1983野球殿堂入り)、
 苅田久徳(本牧中=横浜高校の前身→法政大 東京セネタース百万ドル内野陣の
一人で名手と呼ばれた  1969野球殿堂入り)、
 小川正太郎(和歌山中 5年間で8度甲子園へ 早稲田大 慶応の宮武三郎との
投げ合いは大人気となり、エンタツ・アチャコの早慶戦という漫才ネタが生まれた)、
 中島治康(松本商→早稲田大 藤倉電線 巨人の創設メンバー  1963野球殿堂入り)
1927       平安中(
  (7−1京都一中)
   平安中18−1京師範
    一中10−4三中

 第4回 和歌山中(桐蔭) 8−3 広陵中
 第13回 高松商 5−1 広陵中



 山科に緑ヶ丘球場が完成し京津大会の会場となった。
 京都三中は、現山城。

 選抜は大正天皇崩御で国喪に服し、出場8校、大会も3日間に縮小。行進曲もなし。
 優勝は4年生(旧制で5年まで)エース小川正太郎の好投で和歌山中(現桐蔭)。
決勝は8−3広陵中。広陵中のエースは、復学して21歳の田部武雄。
 優勝チームにアメリカ遠征の特典が与えられた(1勝3敗1分)
 選抜の本塁打は4本。通算28本。(京都は0本)

 夏の大会初日(8月13日)から大阪中央放送局(現在のNHK大阪放送局)による
ラジオ中継が開始された。「JOBK こちらは甲子園臨時放送所であります」と第一声を
伝えのは魚谷忠アナ。日本初のスポーツ中継で、全21試合の担当は全て魚谷アナ
だった。放送は関西のみ。魚谷は第2回大会に市岡中のメンバーとして出場し準優勝。
 夏の大会2日目に総理大臣の若槻禮二郎が甲子園を訪問し、激励した。
 夏は、和歌山中の主力がアメリカ旅行中だったので、控えだけで予選を勝ち抜き、
本大会に出場した。だが、1回戦の鹿児島商戦で0−8と敗退。
 そこで「真の日本一を決めよう」と、春、夏の優勝校が11月6日、寝屋川球場で
戦った。夏優勝の高松商が7−4で選抜優勝の和歌山中に勝った。
 春夏優勝校決戦は、この1度きり。

 夏の優勝は高松商。決勝で春夏連続決勝進出の広陵中に5−1で勝利。優勝は
2年ぶり2回目。
 高松商のエースは水原茂。広陵中のエースは、田部が選抜後に再び大連へ
渡ったことから八十川胖。
 八十川は、2回戦の敦賀商戦(8−0)でノーヒットノーランを達成。しかし、準決勝の
松本商戦で延長14回を投げ、決勝戦は疲労の色が濃く、本来の球威がなかった。
 初出場の平安中は2回戦で台北商を5−3で破ったが、次ぎの準々決勝で松本商に
0−6と敗退。
 夏の大会の本塁打は11本、通算65本。
 平安中の稲田照夫が大会第4号をマーク。京都の選手では3本目。

 水原茂(高松商→慶大では投手、三塁手としてスター選手に→奉天実業団→巨人 
      戦後、巨人や東映、中日監督  1977野球殿堂入り)、
 田部武夫(広陵中 1920年に広陵中入学も1年で退学し、大連実業団でプレー。
       1927年に復学。21歳で選抜に出場、明大時に三塁へ偽投し、一塁へ
       投げるけん制を考案する。大日本東京野球倶楽部のメンバーに選ばれ、
      巨人の創設メンバーに。巨人の初代背番号3))
 八十川胖(広陵中→明大 田部考案のけん制がボークとなったのを伏線に、試合後、
       明治と慶応の応援団のケンカに発展。八十川ボーク事件として有名。
       終戦直後に明大監督を務めた)
 山城健三(広陵中→立教大 選抜で2本の本塁打をマーク、ベーブ山城と呼ばれた)
 中尾長(広陵中→明治大→川崎造船所→門司鉄道管理局→東京セネタース)、
 島秀之助(第一神港商→法大→先輩の二出川に誘われ名古屋金鯱軍へ のちに審判
     「動の二出川、静の島」と呼ばれた名審判の一人))
1926
(大正15
  昭和元)
 
     東山中
  (7−4京都二商)
   東山中3−0同志社
   二商4−3一商
 

 第3回 広陵中 7−0 松本商(松商学園) 
 第12回 静岡中 2−1 大連中


 選抜の行進曲は「親しき戦友」

 選抜の2回戦、対高松商戦で、松本中の矢島粂安が好投手の宮武三郎から
大会史上初のサヨナラ本塁打を放った。延長12回裏2死1,2塁で打球はライトの
頭上を越えた。当時の右中間は128メートルと深く、外野手がボールを追いかけて
いる間に打者の矢島まで生還した。審判が通常の球場ならフェンス越えだったと認め、
ホームランとして認定された。矢島は、この大会で「信州のベーブ・ルース」と呼ばれた。
 選抜の優勝は、広陵中。松本商を7−0で下す。
 選抜の本塁打は6本。通算24本。(京都は0本)

 夏の準決勝で、和歌山中の小川正太郎が大連商を相手に8者連続三振。
(試合は0−1で敗れた)。第94回大会で桐光学園の松井裕樹(10者連続)に
破られるまで86年間大会記録として輝いていた。
 準々決勝第一試合は、延長19回で静岡中が前橋中に6−5とサヨナラ勝ち。
延長19回は当時の大会記録。静岡中のエースは上野精三(慶大、慶大監督)
 その静岡中が、決勝で大連商を2−1で破って初優勝。

 東山中は1回戦で八戸中に4−2で勝ったが、2回戦で高松中に0−13。
 夏の大会の本塁打は7本。通算54本。
 京都の選手の2本目は、東山中の大西宗孝が放った。

 宮武三郎(高松商 慶応義塾大 1年生で開幕戦勝利 2007年に早稲田の斎藤
     佑樹がマーク。打者としても4年間で7本塁打。1957年、立教の長嶋茂雄に破ら
     れるまで東京六大学記録)、
 松木謙治郎(敦賀商→明治大→名古屋鉄道管理局→大連実業団→大阪タイガース
      1940年より兼任監督、戦後に大阪タイガースや大映、東映の監督)
 円城寺満(大連商→法政大 戦後、審判に)、
 田中(大谷中)、
1925       東山中
   (10−1同志社中)
   東山中14−2彦根中
   同志社中5−3一商

 第2回 松山商 3−2 高松商
 第11回 高松商 5−3 早稲田実



 東山中の森田勇が、甲子園1回戦の北海中戦(9−3)で一試合(9回)19K。
(その後、藤村富美男=呉港中 1935年第21回 飯田商戦
      平古場昭二=浪商   1946年第28回 東京高師附中戦
      坂元弥太郎=浦和学院 2000年第82回 八幡商戦
      辻内崇伸=大阪桐蔭  2005年第87回 藤代戦
 が並んだが、2012年に桐光学園の松井裕樹が22Kをマーク)

 選抜大会も、前年の夏に続いて甲子園球場で開催された。行進曲は「カレドニアンマーチ」
 優勝は松山商で、夏も含めて史上初の四国決戦となった高松商を3−2で破った。
 選抜の本塁打は6本。選抜通算18本。

 夏の優勝は高松商(5−3早稲田実)。高松商は前年の選抜で同じ早稲田実を破って
優勝しており、選抜開催から2年目にして初の春、夏優勝経験校となった。
また、春は準優勝で、夏は優勝。エースは宮武三郎、水原茂もメンバー。。
 夏の本塁打は8本。夏通算47本。
 京都の選手として、東山中の加藤常雄が初めて本塁打を記録した(大会第1号)。
 東山中は1回戦で北海中を9−3で破ったが、2回戦で高松商に0−14で敗戦。

 山下実(第一神港商→慶大で水原、宮武らと黄金時代を担い、「和製ベーブ・ルース」
     と呼ばれた→大連満州倶楽部→阪急軍 1936年5にプロ野球史上初のオーバー
     フェンス弾を放った)
 三谷八郎(第一神港商→慶大 のちに南海監督)、
 真野春美(東山中→明治大→藤倉電時代に東京倶楽部で都市対抗優勝  戦後に
         金星スターズに在籍))
1924  第1回選抜
(立命館中・
) 
   第10回記念
 同志社中

   (6−4立命館中)
 同志社中14−13一中
 立命館中23−0平安中

 第1回 高松商 2−0 早稲田実
 第10回 広島商 3−0 松本商
(松商学園)


 第1回選抜は、名古屋の山本球場(のちにJR東海八事やごと球場)。
現在は八事球場メモリアルパークに。行進曲は「ワシントンポスト」など4曲。
 第1試合が、立命館中対愛知一中(3対16)。始球式はモーニング姿の
川崎卓吉名古屋市長。代表8校。
   早稲田実、横浜商、愛知一中、立命館中、
   市岡中、和歌山中、 高松商、松山商
 選抜の優勝は高松商。2−0で早稲田実を破った。高松商のエースは松本善高。
村川克巳が準決勝(7−1愛知一)、決勝と2試合連続本塁打。
 選抜の大会本塁打は12本。京都の選手は0本。大会第1号は高松商の野村栄一。
ただし、山本球場は外野フェンスまで80メートルないほど狭かったため、1988年まで
第1回大会の本塁打は公式記録とは認められていなかった。

 甲子園球場が7月31日に完成。夏から全国大会の会場が、内野50段、外野20段、
8万人を収容できる甲子園球場となる。指定席に限り、入場料を徴収した。
 大会初日はガラガラだったが、大会3日目に5万人が詰めかけた。
 山下実(第一神港商)が、甲子園球場での第1号となる大本塁打を放ち、「怪物」
と呼ばれた。
 広島商が、3−0で松本商を下して初優勝。
 同志社中は2回戦から登場し、鳥取一中に2−15。
 夏の大会本塁打は19本。通算39本。京都の選手は、まだ0本。

 広岡知男(市岡中→東京帝大 朝日新聞社 日本学生野球協会会長など)
 加藤喜作(広陵中→慶大では水原茂と鉄壁の三遊間→八幡製鉄所→南海軍 
戦後、別府星野組や小倉高校の監督など)。
 
1923       立命館中
   (7−2京都一商)
   立命館中3−2平安中
    一商10−5一中

 第9回 甲陽中(甲陽学院) 5−2 和歌山中(桐蔭)

  鳴尾球場。台湾から初参加。19校。
 立命館中、全国大会2回戦の台北一中戦(23−4)の3回、1イニング
14点の最多得点。現在まで破られず。 

 準決勝第一試合の甲陽中対立命館中の試合で、地元校で「逆転の甲陽」として人気
の高かった甲陽中が出場したことに加え、日曜日の近畿勢同士の対戦だったため、
試合の途中で押し寄せた観客がグラウンドになだれ込み、試合が中断した。第二試合の
松山中対和歌山中の開始時間を早め、2面で同時に開催して観客を二分したが、人気
の高まりで、鳴尾球場では手狭になった。この騒ぎが甲子園球場の建設につながる。
 立命館中は2回戦で23−4台北一中、準々決勝で7−5徽文高普と勝ち進んだが、
準決勝で甲陽中に5−13で敗れた。
 優勝は、5−2で和歌山中の3連覇を阻んだ甲陽中。
 大会本塁打は3本。通算20本。

 藤本定義(松山商→早大 卒業後東京鉄道管理局の監督兼投手 アメリカ遠征帰りの
        巨人相手に好投したのがきっかけで巨人の初代監督に就任、
       阪神や阪急の監督も  1974野球殿堂入り)、
 森茂雄(松山商→早大→東京倶楽部→後楽園イーグルス 大阪タイガース初代監督
     早稲田大監督して21シーズンで9回優勝 大洋ホエールズ監督も 
      1977野球殿堂入り)
 松田昇(高知商⇒関西大  天津商監督 高知商監督 明徳監督)
 
1922       立命館中
   (10−3彦根中)
    立命館中5−1二中
    彦根中3−0一商
 
 第8回 和歌山中(桐蔭) 8−4 神戸商

 彦根中は、現彦根東。

 鳴尾球場。代表は17校だったが、北陸代表の新潟商が病気で辞退。
 和歌山中が決勝で神戸商を8−4で破って史上初の2年連続優勝。
 立命館中は、1回戦で南満工を6−3で破ったが、2回戦で和歌山中に1−4.
 大会本塁打は2本。通算17本。

 井口新次郎(和歌山中 エースで4番で主将 早稲田大でも4年間4番) 
  田嶋豊次郎(和歌山中→関西学院大 第8回大会の立命館中戦で史上初の先頭
打者本塁打)
 
1921
(大正10) 
    京都一商
   (5−1同志社中)
    一商15−0一中
    同志社4−2立命館

 第7回 和歌山中(桐蔭) 16−4 京都一商(西京)

 鳴尾球場。朝鮮、満州からも出場し、17校に。和歌山中2連覇。
 京都一商のセカンド原田安次郎、全国大会通算8盗塁の大会記録。
また、2回戦の慶応普通部戦(6x−5)で5盗塁の1試合最多記録
ともに、未だ破られず。
 
 京都一商は、2回戦で慶応普通部に6−5と9回サヨナラ勝ち、準々決勝で
松山商に7−1、準決勝で大連商に14−4で勝って決勝進出。しかし、決勝は、
エースの竹内愛一が足を捻挫して投げられず、和歌山中に4−16で大敗した。
 和歌山中は、2回戦から登場し、20−0神戸一中、21−1釜山商、準決勝は
18−2豊国中(現豊国学園=福岡)、決勝で16−4京都一商と圧倒的な強さで
優勝。4試合で得点75、失点7.得失点差68は、現在も最高記録。
 大会本塁打は10本。通算15本。

 竹内愛一(京都一商→早大で19年ぶりの1925年早慶戦で完封勝利→
      全京都→朝日軍監督 戦後は中部日本で監督)、
 北島好次(和歌山中 エースで4番)
 根本行都(竜ヶ崎中=現竜ヶ崎一→早大では名遊撃手 竜ヶ崎中や秋田商、中央
      大学、さらには名古屋軍の監督を歴任)
 
1920       京都一商
   (14−3膳所中)
    一商10−1八幡商
    膳所中4−3二中

 第6回 関西学院中 17−0 慶応普通部

 京都一商は、現在の京都市立西京高校。(西京商時代もあった)
 鳴尾球場。15校。
 前年優勝の神戸一中が出場できなかった。前年の優勝校が出場できないのは初め
てで、開会式で優勝旗返還が行われなかった。
 豊国中(福岡県 現豊国学園)の選手として、法政大で大学野球も経験していた小方
二十世選手が出場し、問題となる。年齢制限なく、学校長が認めれば出場可能だった。
2年後から、18歳未満という年齢制限が設けられた。

 優勝は関西学院中。慶応普通部を17−0で破った。
 ただ、優勝投手となった沢昇は肋膜炎が完治しないまま出場し、2回戦以降は
 高熱を発しながらの登板だった。健康管理が大きな問題となり、第8回大会から
 参加選手の健康証明書の提出が義務付けられた。

 慶応普通部は1試合15失策。
 京都一商は1回戦で和歌山中に5−1で勝ったが、2回戦で鳥取中に0−2.

 大会本塁打はなし。通算5本。

 湯浅禎夫(米子中=大連実業団m儀嫌米子東→明治大 大学4年の1925年秋季
        リーグでノーヒットノーランを二度、109奪三振は現在もリーグ記録。
        毎日オリオンズ)
 天知俊一(下野中=作新学院→明治大 審判時代の1942年、幻の甲子園の平安
       対徳島商の決勝で主審。のちに中日監督となり、1954年に日本一。
       プロ野球経験のない監督として唯一の日本一。  1970野球殿堂入り)、、
、 
1919       同志社中
    (3−2京都一商)
   同志社中9−2一中
    一商6−0二中

 第5回 神戸一中(神戸) 7−4 長野師範

 鳴尾球場。出場14校。

 松山商が、近藤兵太郎コーチ(松山商⇒早稲田大)で初めて全国大会へ。
近藤コーチ(現在の監督)は、のちに嘉義農林を率いて甲子園に出場し、準優勝。
台湾映画『KANO 1931海の向こうの甲子園』(2014公開))の野球部監督。

 同志社中は1回戦で盛岡中(現盛岡一)に3−4と9回サヨナラ負け。
 大会本塁打はなし。通算5本。

 浜崎真二(神戸商→慶大→阪急)、渡辺大陸(神戸二中=現兵庫、明大→国鉄)
 二出川延明(第一神港商=現神戸市立神港→明大→全大阪  巨人の初代背番号1
         1936年に名古屋金鯱軍へ移籍し、初の移籍選手。その後審判となる。
        「オレがルールブックだ」の名言で知られる  1970野球殿堂入り)
 
1918       京都二中
   (3−2京都一商)
   二中11−2立命館中
   一商10−3滋賀師範
 

 第4回 全国に広まった米騒動のため、全国大会は中止に

 京都二商は、その後西陣商となり、廃校。滋賀師範は滋賀大の前身。
 各地の予選が行われ、出場校が決定。
 京津大会は、最初の2試合、この年だけリーグ戦を行っている。
 鳴尾球場にも集まり、組合せ抽選会も開かれたが、富山県魚津町から
 全国に広がった米騒動のため、大会は中止に。

 東北・一関中(一関一)、関東・竜ヶ崎中(竜ヶ崎一)、京浜・慶応普通部
 甲信・長野師範、北陸・長岡中、東海・愛知一中(旭丘)、京津・京都二中
 大阪・市岡中、兵庫・関西学院中、紀和・和歌山中、山陰・鳥取中、
 山陽・広島商、四国・今治中(今治西)、九州・中学明善(明善)。
 出場回数には加えられている。
京都二中の初戦の対戦相手は今治中だった。
 
1917       京都一中
   (6−5京都二中)
    一中1−0同志社中
    二中3−2立命館中

 第3回 愛知一中(旭丘) 1−0(延長14回) 関西学院中

 鳴尾球場。豊中球場は客席が小さく、交通アクセスもよくなかったので、
阪神電気鉄道が、鳴尾競馬場内に6000人収容の球場を作った。

広い鳴尾球場で開催されたことから、オリンピックにならい入場行進が行われた。

 出場12校。敗者復活戦。初戦敗退6チーム中、抽選で4校が復活試合。
だが、敗者復活組の愛知一中が優勝(6回裏2死0−1で降雨コールド、再試合で
延長14回1−0関西学院中)し、敗者復活戦は第5回から廃止された。
 京都一中は1回戦で和歌山中に1−0で勝ったが、2回戦で関西学院中(2−13)に
敗退。
 大会本塁打はなし。通算5本。

 新田恭一(慶応普通部 前年優勝時の先発投手 慶大→松竹ロビンス)、
 
1916
(大正5)
     京都二中
   (5−4一中)
   二中9−2立命館中
   一中8−7一商

 第2回 慶応普通部 6−2 市岡中

 京都一中は現洛北。
 豊中グラウンド。出場12校。敗者復活戦。
 2回戦で市岡中の松本終吉が、一関中(8−0)を相手に大会初の
無安打無得点試合。その松本は準決勝で右肩を強打し、決勝は投げ
られなかった。
 優勝は、決勝で市岡中に6−2で勝った慶応普通部。慶応普通部にはジョン・ダン
というアメリカ国籍の選手がいた。慶応普通部は、当時、東京の三田にあった。関東
代表として出場。投打の中心だった山口昇は、慶応義塾大の正選手。選手資格がまだ
あいまいだった(投手としては抑え、決勝は完投)。
 二中は、前年ショートの綾木保次郎がエース。Cは同じく山田惣次郎。
 1回戦で一関中(現一関一)に2−3で9回サヨナラ負け。
 大会本塁打は4本、通算5本。

 石本秀一(広島商→大連実業団 広島商や阪神タイガース、広島カープ監督)
 松本終吉(市岡中 ノーヒットノーランと大会第2号本塁打)
 魚谷忠(市岡中→関西学院高商部=現関西学院大 いったん銀行へ就職後、JOBK=
   現在のNHK大阪放送局へ入局。1927年の夏の大会で史上初の実況中継を担当)
1915
(大正4) 
    京都二中
   (5−0同志社中)
    二中8−1一商
   同志社10−7京師範
  

 第1回 京都二中(鳥羽) 2x−1(延長13回) 秋田中

 京都二中は現鳥羽、一商は西京、京都師範は京都教育大附

 11校が参加した京津大会が開かれ、全国大会の予選とされた。
この頃、京都で強かったのは一中、二中、同志社、一商。早大、慶大が
遠征してきても、どこかのチームが1勝はしていた。

 「全国中等学校優勝野球大会」 豊中グラウンド。出場10校。
 東北・秋田中、関東・早稲田実、東海・三重四中(宇治山田)、
 京津・京都二中(鳥羽)、兵庫・神戸二中(兵庫)、
 関西・和歌山中(桐蔭)、山陰・鳥取中(鳥取西)、
 山陽・広島一中(広島泰国寺)、四国・高松中、九州・久留米商。
 第1試合は鳥取中−広島一中。始球式は村山龍平朝日新聞社長。
 試合は、14−7で鳥取中が記念の初勝利。
 大会第1号本塁打は、広島一中の中村隆元。打球が外野の草むらに入り、
外野手が探している間に生還したランニング本塁打だった。(大会本塁打は1本)
 京都二中は2回戦から登場し、高松中(15−0)、和歌山中(9回裏1死1−1で
降雨コールド引き分け、9−5)と下して決勝に進出。秋田中を延長13回2−1で
サヨナラ優勝。

 野球ファンがまだ少なく、せっかく球場に来た客も試合途中で席を立つ。
そこで朝日新聞の記者や社員が氷のかち割りを作り、かち割りで客を
つなぎとめた。その後、朝日新聞社による普及、宣伝活動の甲斐あり、
第5回大会には鳴尾球場が満員になったという。

 岡田源三郎(早稲田実→台湾製糖→広瀬商店→中央大→明治大 明大野球部の
        第3代監督。初のリーグ戦優勝に導く。中京商の吉田正男を指導し、
       同高の夏3連覇を陰で支えた)、
 田部謙二(広島一中)。
 捕手の田部が指を痛め、近くの病院に担ぎこまれたため、球場に救護斑が置かれる
ようになったといわれる。
注意書き 
校名変遷 
 京都一中(洛北)、京都二中(鳥羽)、京都一商(西京商→西京→西京商→西京)、京都二商(西陣商→廃校)、
京都三商(伏見商→京都三商→伏見商 廃校)、平安(龍谷大平安)、京都師範(京都教育大附)、京都商(京都学園)、

 洛陽(洛陽工)、伏見(伏見工)、城南、西宇治(城南菱創)、福知山商(福知山成美)、宇治(立命館宇治)、
八幡、南八幡(京都八幡)、京都西(京都外大西)、京都韓国(京都国際)、京都すばる(旧府立商)、府立工(旧石原)、

 立命館二中、立命館商(立命館)       参考:彦根中(彦根東)

京都二中(鳥羽) 
 1948年(昭和23)4月1日の学制改革で、京都二中の流れをくむ府立洛南高校(現私立洛南とは無関係)が設置されたが、
同年10月の新制高校再編に伴い、府立洛南は廃止された。

 一方、同年の学制改革で夜間の京都府立鳥羽高校が設置されていたが、新制高校の再編に伴い、改めて定時制の
府立朱雀高校鳥羽分校となった。
 
 1984年(昭和59)、生徒数の増加に伴い、朱雀高校鳥羽分校を併合して、新たに府立鳥羽高校が設置された。
したがって、京都二中と現在の鳥羽に直接の承継関係はない。 しかしながら、京都二中の廃校を惜しむ声が強く、
鳥羽が旧京都二中の校舎や敷地を利用していたことなどから、日本高野連によって特例として記録の継承が認められている。
 
 京都師範と
京都教育大附属

 
1876年(明治9)創立の京都府師範学校を起源とする。

 1899年(明治32)、現在の京都教育大附属京都小、京都中所在地に新築移転した。野球部は、昭和になってから平安中
とともに頭角を現し、昭和7年には春夏連続で甲子園大会に出場。同年の西京極球場(現わかさスタジアム京都)の球場開きでは
平安と対戦し、2対1で勝った。

 1943年(昭和18)、京都府師範学校、京都府女子師範学校を統合し、官立師範学校となる。1949年(昭和24)、新制の
京都学芸大学の母体の一つとなる。

 1965年(昭和40)、京都学芸大学附属高等学校として創立。翌年、京都教育大学教育学部附属高等学校と改称。
夏の京都大会には、1976年(昭和51)の第58回から参加(0対18福知山商)した。

 2004年(平成6)、教育学部附属から大学附属となり、校名が「京都教育大学附属高等学校」となった。

選手権のルーツ 
 
明治30年代には、各地区で中学野球大会が行われていた。当時、近畿地区の野球の中心は第三高等学校 (旧制、
京都大学の前身の一つ)で、その三高が主催し、毎年11月、「近畿中等学校連合野球大会」が実施されていた。

 三高野球部が近畿地区と東海、中国、四国から実力校を選抜。同高グラウンドに招待して、親睦の対抗試合を行うという
形式だった。一中、二中、同志社などの京都勢に神戸一中(神戸)、愛知一中(旭丘)、彦根中(彦根東)、膳所中などが出場し、
多くの野球ファンを集めていた。

 『京都高校野球史』によれば、この大会に招待されることは大変名誉なことであり、注目度も高くなったが、大正時代になって
出場校が増えると、開催経費や日程で苦労するようになったという。その一方、三高野球部の中では、しっかりした主催者を
見つけて大規模な優勝大会を開きたいという声が高まっていた。

 そこで、当時京都帝大生だった高山義三(後の京都市長)や、三高野球部主将だった小西作太郎らが毎日新聞と朝日新聞の
京都通信部に話を持ちこんだところ、毎日新聞は興味を示さなかったが、三高野球部と親しかった朝日新聞の運動担当記者が
積極的に動き、まず、京津大会を1915年(大正4)に開催することが決まる。さらに、話が大阪朝日新聞社に持ち込まれ、
全国規模のトーナメント大会を開催することが決定した。

 というわけで、現在の選手権のルーツは、三高主催の「近畿中等学校連合野球大会」である。
 
 ただし、当時は、野球選手も少なかったが、野球好きの人も少なかった。全国大会といっても、試合の途中で席を立つ観客が
多かった。そのため、朝日新聞の社員らが必死でかちわり氷を作り、このかちわり氷で観客を帰らせないようにしていた。
 その後、朝日新聞による普及が進み、第5回大会では鳴尾球場が超満員となった。

第1回予選(京津
大会)出場校
 

 第1回大会の京津大会は、その2年前から実施されていた「関西学生連合野球大会」の1次予選も兼ね、三高グラウンドで
実施された。
 出場校は、一中(洛北)、二中(鳥羽)、五中(三中→山城)、一商(西京)、京都美術工芸(銅駝美術工芸)、
 京都師範(京都教育大附)、同志社中、立命館中の京都8校に、滋賀の坂本中(比叡山)、八幡商、滋賀師範(滋賀大)の
 合わせて11校だった。
 
 始球式は、京都大学の末広茂雄教授(法学)が行った。

夏の予選皆勤校 
 現在まで夏の予選に皆勤のチームは全国に15校ある。そのうちの3校が、西京、山城、同志社の京都勢である。この15校は、
1998年(平成10)の第80回大会に招待され、入場行進した。

 京都勢以外は、旭丘(愛知一中)、時習館(愛知四中)、岐阜(岐阜中、岐阜一)、市岡(市岡中)、関西学院、神戸(神戸一中)、
兵庫(神戸二中)、桐蔭(和歌山中)、鳥取西(鳥取一中、鳥取中)、米子東(米子中)、大社(杵築中、大社中)、松江北(松江中)
の12校となっている。
 
 第1回の予選に出場した京都勢は8校で、皆勤の西京、山城、同志社以外では、洛北は第31回(昭和24年)のみ出場しておら
ず、鳥羽は第30回(昭和22)を府立洛南として出場、翌31回から第65回(昭和58)まで出場していない。
 立命館は第21回(昭和10)から第27回(昭和16)まで出場していない。
 
 京都美術工芸は第1回のみ出場である。現在の京都市立芸術大学の前身である一方、1949年(昭和24)の学制改革で、
建築科は京都市立伏見(現伏見工)、その他は京都市立日吉ヶ丘に引き継がれた。
さらに、1980年(昭和55)、現在の京都市立銅駝美術工芸高校として独立し、現在に至っている。同校に硬式野球部はない。

京都師範については、上記「京都師範と京都教育大附属」を参照してください。

  
京津大会
 1915年(大正4)の第1回〜1954年(昭和29)の第41回まで。

 当初は京都、滋賀一緒に大会を行っていたが、1931年(昭和6)の第17回は京都、滋賀別々に1次戦を行い、京都の上位4校、
滋賀の上位2校が2次戦を戦った。

 また、その2次戦の結果で、京都大会優勝校を決めた。翌昭和7年の第18回は京都大会を決勝戦(京都師範6:5平安)まで
行い、改めて京都4校、滋賀2校が2次予選を戦って、その代表決定戦で京都師範が京都一中を3対0で下した。

 第19回は京都地区決勝で平安が13対0と一中に圧勝。京都4校、滋賀2校が出場した2次予選の決勝でも、舞鶴中(西舞鶴)
を13対0と下した。
 
 第20回大会(昭和9)は、京都地区予選の準決勝で、京都商はエースの沢村栄治を温存し、平安に1対3で敗れる。試合後、
沢村を見に来た観客が騒ぎ、西京極球場は大混乱となった。京都4校、滋賀2校が出場した2次予選では沢村が3連投。
 決勝で平安を1安打、1四球、16奪三振に抑え、3対0で勝って甲子園大会へ出場した。ちなみに、沢村の2次予選での
ピッチングは、3試合で29回を投げ、5安4球、実に51奪三振だった。沢村騒動のため、翌第21回は京都、滋賀2校ずつが
2次戦進出と改められた。

 第21回大会、22回大会は京都、滋賀2校ずつが2次予選に出場。決勝のカードは、いずれも京都の1次戦決勝の再現となった。
 第23回〜第26回は京都地区の決勝を行わず、京都、滋賀2校ずつが2次予選に出場した。

 1946年(昭和21)の第28回から1954年(昭和29)は、京都、滋賀の優勝校同士が甲子園出場をかけて対戦した。
そのうち1953年(昭和53)の第40回記念大会は、京都と滋賀から1校ずつが出場した。
 

京滋大会 
 1955年(昭和30)の第42回〜1972年(昭和47)の第54回まで。京都大会、滋賀大会の優勝チームが、甲子園出場をかけ
て対戦した。

 そのうち、1953年(昭和23)=西舞鶴、67年(昭和42)=平安、71年(昭和46)=宮津、72年(昭和47)=西舞鶴の4大会は、
京滋大会で京都の優勝校が敗れた。

 また、1958年(昭和33)の第45回記念、1963年(昭和38)の第50回記念大会は、京都と滋賀から1校ずつが出場した。
 1973年(昭和48)の第55回記念大会から京都一代表に。

春季、秋季大会 
 
太字は近畿大会出場。○数字は京都大会の順位。
 近畿大会は戦前の1932年(昭和7)の秋季大会から実施された。しかし、秋は選手権が終わった直後であわただしく、
1934年(昭和9)から春季大会に変更された。戦前は1940年(昭和15)まで実施され、上の表に記したチームは近畿大会
出場校。
 戦後は、1946年(昭和21)の京都秋季大会から復活した。

                               トップ画面に戻る  資料室に戻る 京都の歴代代表校へ

12natsutenbou.htmlへのリンク