2017年 秋季京都大会

                 トップページに戻る  大会展望・結果のページに戻る 








 2次戦
  Aブロック
   ◎立命館宇治
   〇乙 訓
   △京都外大西

 Bブロック
  ◎龍谷大平安
  〇東 山
  △?




1次戦の戦いによる評価

 Aクラス
   龍谷大平安、東 山、立命館宇治     

   この3チームが強いという声をよく聞きます。

 Bクラス
   乙 訓

  あとは混戦模様。

 


2次戦 決 勝 10月9日(月祝)

乙 訓6−2京都翔英

TEAM 10 H  E 
乙 訓 15
京都翔英

(乙訓)川畑大地−薪田宗樹
(翔英)岩井、今井大志1年、遠藤慎也1年−鈴木遼1年
  2塁打=中川健太郎2本、大上翔也(乙)
  
  。

2次戦 3位決定戦    

立命館宇治9−6西城陽

TEAM 10 11 12 H  E 
立宇治 10
西城陽 11

(立)高木要1年、西成漱石、秋森晃希、前田丈太郎ー横田雄太郎、吉村仁1年
(西)井上紘汰1年、安井慶太郎、松本1年−杉本瑛紀

  2塁打=大住優賀、上田龍一郎1年(立) 藤田樹、衣川開、若狭拓真 (西)



2次戦 準決勝  近畿大会出場は2校。勝てば、出場権。 

乙 訓2−0立命館宇治
TEAM 10 H  E 
乙   訓  
立命館宇治  
(乙)富山大樹、川畑大地−薪谷宗樹
(立)森井舜也1年−横田雄太郎
 

  卯瀧先生の教え子対決にして、先輩後輩対決は、
 先輩に軍配があがりました。
  2回表に立宇治の守りにミスが出て2失点につながりました。
 ただし、両チームの投手がいずれもMAX140をマークして常時130後半と
 京都では近年にない、全国的にはそこそこの投手戦をしてくれたのは、
 久しぶりに見応えがありました。
 
  課題は打力ですね。
  お互い攻略できない投手ではないですし、打って3,4点はとってほしかったです。
 両チームとも、相手監督に遠慮されたのか、仕掛けるとか、揺さぶるとかという
 こともなく、淡々と進んでいったという印象でした。
  卯瀧先生なら試合展開をどう読んで、どんなクサビを打ち、どういう攻めを
 展開されたでしょうか。そんなことを考えながら見ていました。
  新チームなので、なかなか難しいとは思いますが、もう少し特徴のある
 攻撃ができればよかったかなと思いました。
  ただ、そうしないと近畿大会では苦労するのではないかと思います。

  仕事の関係で茨城県の準々決勝を見たのですが、
  常総学院は外角のボールに対して右打者の右打ちが徹底されていましたし、
  県大会で優勝した明秀日立は、なかなか点が取れないなか、足を使って
  崩し、制球が甘く入ったところを長打して粘る相手を突き放していました。
  常総はそれでも関東大会に出られませんし、明秀日立も相当クジ運に
 恵まれないと選抜は厳しそうです。
  
  いまは全国的に見ても、東北、関東、近畿のレベルが高いので、
 選抜に行くためには、強い相手、粘る相手を倒すための工夫は必要だと思います。
 


京都翔英8−1西城陽
TEAM 10 H  E 
西 城 陽  
京都翔英 X   11
(西)山中涼平ー杉本瑛紀
(翔)今井大志1年、遠藤慎也1年−鈴木遼1年
 
 2塁打=新田広晴、鈴木遼(翔)

  京都翔英は、昨夏の甲子園効果で1年生のレベルが高いと聞いていましたが、
 秋の段階で1年生が主力として活躍、決勝に進出しました。
  伊地知監督も3大会目を迎えて、ベンチでずいぶん落ち着いておられるように
 チーム全体の雰囲気もよく、実力を発揮できていると思います。

  西城陽は、西田監督になってやや失速しかけましたが、今年になって
 夏、秋ベスト4と上昇傾向にあります。西田監督が、打力をうまく鍛えられていると
 思いますね。
  ただ、上位に進出しても強豪私学に大敗するのは南條監督時代から
 西城陽の課題ですね。この冬、しっかり鍛えて殻を破ってほしいです。

 


2次戦 準々決勝 

立命館宇治10−3京都外大西

TEAM 10 H  E 
立命館宇治 10 10
京都外大西

(立)森井舜也1年−横田雄太郎
(京)江頭宗一郎、田辺啓太1年、佐竹尚樹−伊藤彰汰

  HR=伊藤彰汰(京)
  3塁打=卜部大輝(立)
  2塁打=丈達直也(京)

乙 訓10−7鳥 羽

TEAM 10 11 H  E 
乙 訓 10 15
鳥 羽

(乙訓)富山太樹、川畑大地−薪谷宗樹
(鳥羽)谷内隆悟、小林悠佑−吉田航

  3塁打=山本(鳥羽)
  2塁打=浅堀大暉(乙訓) 新子晃1年(鳥羽)

京都翔英6x−5龍谷大平安

TEAM 10 H  E 
龍谷大平安 10
京都翔英 1x 11

(平安)島田直哉−田島光祐
(翔英)今井大志1年、遠藤慎也1年−鈴木遼1年

  2塁打=松本渉、松田憲之朗、森川大賀、田島光祐(平安) 
        梧桐大真1年、新田広晴(翔英)

西城陽4−1京都国際

TEAM 10 H  E 
西 城 陽
京都国際

(西)山中涼平ー杉本瑛紀
(京)酒井海央1年、足立賢祐−中村龍斗

  3塁打=上原寛季、杉本瑛紀(西)
  2塁打=伊東竜希、上原寛季(西)





2次戦 2回戦 


立命館宇治11−2大 谷 (23日 太陽が丘  12:30) 

TEAM 10 H  E 
立命館宇治 11 14
大   谷

(立)森井舜也1年−横田雄太郎
(大)山本迅、永倉瑠士、松下流矢−池永翔

 
 HR=横田雄太郎、森本晃太朗1年(立)
 3塁打=山内海翼(大)  2塁打=森本晃太朗1年、大住優賀(立)

 

京都外大西11−7綾 部 (23日 峰 山  10:00)

TEAM 10 H  E 
京都外大西 11 17
綾  部 10

(京)江頭宗一郎、田辺啓太1年、佐竹尚樹、田辺啓太1年−伊藤彰汰
(綾)矢野達也、小瀧博史、安永陸人1年、植田琉那1年−材木琢朗
 
 3塁打=伊藤彰汰(京)
 2塁打=杉村彰哉、田辺啓太1年、戸田海斗(京)  材木、大槻、小瀧() 


乙 訓9−2京都学園 (23日 太陽が丘 10:00)

TEAM 10 11 12 H 
京都学園
乙  訓 X 11

(京学)千坂龍紀、藤本敦志−後藤聖基、中川恒汰
(乙訓)川畑大地−薪谷宗樹
 
 3塁打=大上翔也、中川健太郎(乙)
 2塁打=松井俊憲、平井詢也(京) 中川健太郎(乙) 


鳥 羽6−0洛 北(23日 峰 山  12:30)

TEAM 10 H  E 
洛 北  
鳥 羽 X  

(洛)林汰一志、平岡縁−平松輝也
(鳥)谷内隆悟−吉田航
 
  HR=橋口竜弥(鳥)
  2塁打=新子晃1年、冨田龍吾、西村昇太1年() 


京都翔英9−1南 丹 (24日太陽が丘  10:00)

TEAM 10 H  E 
南  丹  
京都翔英 X

(南丹)服部龍也−山田幸輝
(翔英)今井大志1年−鈴木遼1年
  
  3塁打=田中優吉(翔英)
  2塁打=須見恭也(南丹) 田中優吉、新田広晴(翔英)
 


龍谷大平安7−0東 山 (24日 太陽が丘 12:30) 

TEAM 10 H  E 
東山
平安 X

(東)高橋健太郎、日紫喜風人−大杉渉太
(平)島田直哉−田島光祐

 
 HR=島田直哉(平)
 2塁打=田島光祐(平)

 


西城陽9−3網 野 (24日 峰 山  10:00) 

TEAM 10 H  E 
網 野
西城陽 X 12

(網)小林祥人、蒲田一平1年、小林祥人、蒲田一平1年、小林祥人、蒲田一平1年、小林祥人−舘郁哉1年
(西)松本1年、山田祐己−杉本瑛紀

 
 3塁打=伊東竜希(西)
 2塁打=上田(網) 衣川開、藤田樹 ()

 


京都国際5x−4京都国際 (24日 峰山  12:30) 

TEAM 10 H  E 
福知山成美
京都国際 2x

(成美)蘆田克樹、小橋翔大1年、池田樹希1年−原陽太1年
(国際)足立賢祐、酒井海央1年−中村龍斗

 
 HR=藤田希和(成美) 田中優都(国際)
 3塁打=中村泰河1年(国際)
 2塁打=岡田健吾(成美) 中村龍斗、中川彰麻 (国際)

 

2次戦 1回戦 


大 谷5−3西舞鶴 (18日 峰 山 11:00)

TEAM 10 H  E 
大 谷
西舞鶴

(大谷) 松下、原崎−池永
(西舞鶴)藤田、山根−坂根
 3塁打=坂根2本、山根(西) 
 2塁打=山口、山内、田中(大) 



京都学園10−2京都文教 (19日 峰山 11:00)

TEAM 10 H  E 
京都学園 10 11
京都文教

(学園)千坂−後藤
(文教)平野、中村、鍵山−辻
 
 2塁打=瀬川、山根、久保(学園)  上村(文教) 


京都翔英3-0立命館 (19日 峰山 13:30)

TEAM 10 H  E 
立命館
京都翔英

(立命)森山−竹井
(翔英)遠藤−鈴木遼
 2塁打=森山(立) 山本秀2本、新田(翔)

 お互いに投手が130キロくらいで、ゾーン2位同士の戦いとしては、
まずまずの好試合だったんじゃないかと思います。

 他の試合を見てないので(または、見なかったことにしたい)何ともいえないのですが、
他の1回戦4試合もこのレベルであれば、今年の京都には期待がもてますね。

  ただ、今年の新チームは、全国的な傾向として好選手の集中です。
 京都も例にもれず、平安、乙訓に集まっているという状況ですが,,,,。

  
  立命館の森山君は、初回のピッチング練習の時、早くもやばいなと思いました。
 夏の初戦の成美戦で初回に一挙5点を取られてますが、「それを教訓にしてないの
 かな」と思ったのです。
 
  その初回は、いきなりレフト前ヒットを打たれ、次に四球と、「まあ、そうなるわな」と
 思う通りにピンチを招きました。ただ、ここから気持ちが入り、3番バント、4番浅い
 レフトフライに打ち取り、5番ショートライナーと運にも恵まれてピンチを切り抜けました。

 しかし、2巡目となる3回には先頭の1番、2番に連続2塁打で1点を失い、3番にも
 センター前ヒットと3連打された後、1死満塁から6番にレフト前2点タイムリーを打たれ
 ました。見ていて「やっぱりな」と思いました。

  なぜ成美に打たれたのかを分析すれば、課題がわかりますよね。
 課題がわかれば、修正できます。修正できれば、意識します。
 意識できれば、初回のピッチング練習に現れますよね。
  そういう一連の過程が、初回のピッチング練習で見えて来なかった。
 となれば、相手が翔英だからなあ。上位は打つなあ。やばいぞというのが
 スポーツライターとしては自然な感想となります。

  原田さんや田所さんなら、絶対に修正してますから。
 試合を見ているだけで、「ああ、そこですね」「そこです」「修正してますね」「当然です」
 という会話が成り立ってますから。甲子園に出るチーム、監督とは、そういうものです。

  打線も、4安打でした。
 やっぱり、ビデオを撮って、自分たちのバッティングを分析した方がいいですね。
 相手のピッチャーより、まずは自分たちのバッティングです。
 客観的に見てどうか。何が足りないのか。なぜヒットにならないのか。
 捉えたという打球でも全く勢いがなかったですね。
 むしろ詰まった森山君の打球の方が飛距離が出てた(2塁打と大ファール)くらいでした。
 もっと選手自身が、この投手からなぜ4安打だったのか突き詰めていくべきでしょうね。
 
  それと試合の中では、執念とか、工夫が全く感じられなかったですね。わずか3点差なので
 1点ずつ何とか返していこうという気持ちがあったのか。気持ちがあったけど、行動に
 現れなかったのか。そもそも工夫するといっても引き出しがないのか。
  
  京都に帰ってきて10年になりますが、立命館はずっといいところまでいくけど、
 勝ちきれないという状態が続いています。一つ一つの投球やプレーをもう少しきめ細かく
 突き詰めて考えて、殻を破ってほしいなと思います。



網 野12−2京都工学館 (18日 太陽が丘 13:30)

TEAM 10 H  E 
京都工学館
網   野 X 12

(京)西村、加藤、門川−福井
(網)蒲田、小林−舘
 HR=梅田(網野)
 2塁打=西村(京) 上田2本、木村、室野、舘、山田(網)
 


京都国際4x−3京都成章 (18日 太陽が丘  11:00)

TEAM 10 11 12 H  E 
京都成章
京都国際

(成章)上林−久木崎
(国際)酒井、足立−中村龍
 3塁打=久木崎(成章)、村野(国際)
 2塁打=川見、上林(成章) 清水2本 (国際) 



1次戦 75校72チーム、(加悦谷・久美浜・須知)(向陽・西乙訓)が連合チーム。農芸は辞退。

2次戦進出校
ゾーン   免除    A    B      D    E 
1位校    ***  東  山 龍谷大平安 西 城 陽 京都外大西  鳥  羽
2位校   京都成章  大 谷 京都文教  洛 北  立命館 京都国際
ゾーン    F   G   H   I   J
1位校   乙  訓  南  丹 立命館宇治  綾  部 福知山成美
2位校  京都工学院 京都学園 京都翔英  網 野  西舞鶴
   トーナメント決勝           2回戦     1回戦 
 敗者復活 決勝  敗者復活3回戦   敗者復活2回戦        敗者復活1回戦 
A 東 山7−0(7)大 谷 東 山8−0塔 南
大 谷7−0(8)花 園
東 山8−1(7)城南菱創、塔 南6−2京都八幡
花 園10−2南 陽、大 谷10−4洛 星
大 谷2−1塔 南 塔 南4−2花 園 花 園5−2京都八幡
塔 南7−0(7)洛 星
京都八幡10−0(5)城南菱創、洛星9−2(7)南陽
B 龍谷大平安6−0京都文教 京都文教10−9京都すばる
龍谷大平安11−1(5)鴨沂
文教7−1明徳、すばる8−1(8)京都廣学館
龍谷大平安11−0(5)木津
京都文教5−0京都すばる 京都すばる4−3京都廣学館 京都廣学館7−6鴨沂
京都すばる10−0(6)木津
京都廣学館3−0京都明徳
C 西城陽9−4洛 北 洛 北4−3同志社
西城陽5−1北 稜
洛 北7−1城 陽、同志社4−1京産大附
北 稜19−9(5)洛 南
洛 北5−4北 稜 北 稜11−4(8)同志社 北 稜15−5(5)城陽
同志社9−1洛 南
城 陽6−4京都産大附
D 京都外大西8−3立命館 外大西12−1(6)東 稜
立命館9−2京都両洋
東 稜22−1(5)東宇治、外大西15−5(5)園部
立命館10−3洛 西
立命館16−3(6)京都両洋 京都両洋5−2洛 西 京都両洋6−1東宇治
洛 西7−0(7)東稜
東宇治9−3園 部
E 鳥 羽9−0亀 岡 鳥 羽3−1京都国際
亀 岡7−3北桑田
京都国際7−5堀 川、鳥 羽7−0(7)桃 山
北桑田5−4田 辺、
京都国際7−0(7)亀 岡 京都国際8−1(7)桃 山 桃 山4−3北桑田
京都国際6−1田辺
桃 山5−2堀 川
F 乙 訓7−0(7)久御山 乙 訓20−0(5)京都工学院
久御山16−1朱雀
乙 訓8−0(7)洛 水、京都工学院7−1日吉ケ丘
朱 雀9−1(7)京教大附
京都工学院15−12久御山 京都工学院15−2(5)洛 水 洛 水9−8朱 雀
京都工学院
12−3(7)京教大附
洛水8−7日吉ケ丘
G 南 丹7−6京都学園 南 丹7−2同志社国際
京都学園9−2(8)紫 野
南 丹2ー1(11)洛 東、同志社国際10−0(6)嵯峨野
紫 野10−6向陽・西乙訓
京都学園5−2同志社国際 同志社国際13−3(7)紫 野 紫 野7−2嵯峨野
同志社国際12−7向陽・西乙訓
嵯峨野6−4洛 東
H 立命館宇治16−1京都翔英 立命館宇治9−0(7)山 城
京都翔英2−1北嵯峨
立命館宇治7−0西 京、山 城4−3桂
北嵯峨5−4莵 道
京都翔英7−3山 城 山 城10−3(7)北嵯峨 北嵯峨10ー6桂
山 城16−9(8)莵 道
 桂7−2西 京
I 綾 部3−1峰 山 峰 山6−4網 野
綾 部3−1宮 津
峰 山12−10大 江、網 野8−1(7)海 洋
綾 部5−0加悦谷・久美浜・須知 宮津4−1東舞鶴
網 野7x−6(11)峰 山 網 野3−2宮 津 宮 津5−0海洋
網 野10−3(7)東舞鶴
海 洋7−4大江
東舞鶴6−4加悦谷・久美浜・須知
J   福知山成美8−5西舞鶴 福知山成美7−0(7)舞鶴高専
西舞鶴8−1(8)福知山
 
福知山成美6x−5京都共栄、舞鶴高専11−7日 星
福知山14−9府立工
 
西舞鶴6−3府立工 府立工7x−6京都共栄  京都共栄6−4福知山
府立工17−2(5)舞鶴高専
京都共栄11−4(8)日 星
  ※日星が2007年秋(0−7加悦谷、0−11西舞鶴)以来、10年ぶりに2連敗で敗退。




 
これまでに活躍の目立った1,2年生

 京都成章= 松下慎太郎(RF)
 龍谷大平安=小寺智也(P)、島田直哉(P)、田島光祐(C)、森川太賀(2B)
          松田憲之朗(3B)、松本渉(CF)
 綾   部=材木琢朗(SS)
 西 城 陽=衣川開(3B)、上原寛季(SS)
 東   山=小山湧平(P)、大杉渉太(C)
 塔   南=中村優太(P)
 同志社国際=小倉悠史(P)、ディキンズ(SS)
 鳥   羽=小林悠佑(3B)
 南   丹=服部翔也(SS)
 京都国際=田中優都(3B)、上野響平(SS)1年
 立命館宇治=西成漱石(P)、井上光志郎(1B)
 京都両洋=日下瑞月(C)
 京都共栄=笹木総真(P)、松尾樹(C)
 乙   訓=富山大樹(P)、川畑大地(P)
 京都外大西=伊藤彰汰(C)、西星駿(LF)
 京都翔英=遠藤慎也(P)1年 田中優吉(LF)、新田広晴(CF)
 福知山成美=藤田和希(SS)
 府 立 工=池田啓輔(2B)、山本廉人(RF)
 久 御 山=松本笙汰(2B) 木村陸人(SS)
 立 命 館=森山翔宇(P) 義村泰士(RF)

 







 準決勝展望 
 
  





準々決勝展望 
 
 。
  








 近畿地区 選考はどうなる?(1) 
 
  。

  




 近畿大会
 

◆決 勝


◆準決勝



◆準々決勝





◆1回戦

 () 000 000 000=0  H0 E0
 () 000 000 000=0  H0 E0

  ()−   
  ()−        
  3塁打=()
  2塁打=()
       ()





 近畿大会 展望 
 
 

 




 2次戦展望(最終回)    
 
  。



 2次戦展望(2)    
 
  。



 2次戦展望(1)    
 
 。





 1次戦を終えて   
 
 。



      2018年 京都の高校野球 重大ニュース
1位  
2位  
3位
4位  
5位 
6位   
7位 
8位    
9位 
10位    
11位 
12位   
13位   
14位   
15位 
16位   〇
17位 
18位   〇 
19位 
20位   〇




                    トップページに戻る  大会展望・結果のページに戻る