トップページに戻る   資料室へ戻る

         ドラフトで指名された京都の高校出身者 
 年  名  前   学  校   高校卒後の進路   指名球団     メ    モ
 2017
レポート
         
 2016
レポート

石原 彪
 
京都翔英
(南山城
 ドラゴンズ)
  東北楽天
8巡目
 
中学(南山城ドラゴンズ)でU15日本代表4番。
石原彪 涙の同点3ラン本塁打
高校でも1年から4番に座り、3年夏4番キャプ
テンとして甲子園に出場。2塁送球1.8秒の強肩
強打の捕手。右打ち。170p90sのドカベン
タイプだが、足が速く、動ける。
 

清水陸哉
 
京都国際
(大阪市
 淀中学)
福岡ソフトバンク
育成5位
186p76s。三拍子揃う右投右打の外野手。
  清水陸哉 2打席連続本塁打
高3春の準々決勝で2塁打2本、3ラン2本を放って
注目された。遠投110m、50m6秒0と三拍子揃う。
投げても140キロ超の本格派で新庄剛志タイプ。

酒居知史
 
平 安
(枚方シニア)
大阪体育大
大阪ガス
千葉ロッテ
2巡目
高校では2年秋からエース。高3夏は準決勝で翔英
に敗れたが、逆転されてから登板し、格の違いを見
せつけた。大体大では1年からリーグ戦に出場し、
3年からエース。3季連続最優秀投手。
大阪ガスでは1年目に都市対抗で2勝をあげ、
久慈賞と若獅子賞に輝いた。最速148キロ。
多彩な変化球をもち、即戦力として期待される。
 2015
レポート

高橋奎二
龍谷大平安
(篠クラブ)
  東京ヤクルト
3巡目
高2のセンバツで3勝し、優勝に貢献。足を高く
上げたダイナミックなフォームから、MAX140超の
ストレートとキレのよいスライダーで打ち取る。
16年は2軍登板、5月1日の1試合3回3K無安打
のみ。2日後肩痛に襲われ、体作りに専念した。
 
 2014
レポート

亀井塔生
 
日 星
(舞鶴市
 城南中学)
 
  横浜DeNA
育成1位
 
強肩強打の捕手。
遠投120mで肩の強さは誰もが認める。
打撃もツボにくればフェンスオーバーのパワー
あり、50m6秒台前半と身体能力は高い。
15年は2軍で35試66打9安1本.136.21K。
16年は2軍で40試69打12安0本.174.23K。
 2013
レポート

曽根海成
 
京都国際
(伊勢原
 ボーイズ)
 
  福岡ソフトバンク
育成3位
 
3年夏は強肩捕手としてチームをけん引した。
3番を打ったシュアな打撃も魅力。それ以上に
強い体と運動能力の高さで将来性が買われた。
 背番号「140」
14年は3軍で88試236打42安率.178
15年は2軍で34試80打16安1本.200
 16年は育成3年目。2軍で結果残したい。
16年は2軍で82試201打49安0本.244
 

岩橋慶侍
 
京都すばる 京都産業大 東京ヤクルト
4巡目
185cmと長身の左腕。大学に入ってから才能
が開花し、2年から先発を担い通算30勝。
ストレートは130キロ半ば。出所の見にくい
フォームと多彩な変化球で打ち取る。背番号44
14年はおもにリリーフで17試1勝1H1S.防2.57
  広島カープ戦でプロ初勝利。
15年は1軍で1試合、2軍で28試2敗防6.66
16年は1軍で14試13.2回1敗1H10K.防7.24、
     2軍で33試34,2回1勝4敗30K防4.41
2012

レポート  

高橋大樹
 
龍谷大平安    広島1巡目  しなやかでバネのある体から発せられる大
飛球が魅力。先輩の炭谷選手より打撃センス
は上と評価される。
2年夏に甲子園で名刺代わりの大本塁打。
右打ちもうまく、AAA世界選手権でも大活躍。
将来は堂林選手と中軸を打ってくれるはず。
13年は2軍戦でスタメン出場。
         61試128打28安2本率219.
14年は2軍で91試291打62安11本率213.
    1軍で2試6打3三振。
15年は2軍で45試83打19安1本.229
 やや足踏み状態。きっかけつかんでほしいね。

真砂勇介
 
西 城 陽
(京都木津川
  シニア)
福岡ソフトバンク
4巡目
強肩、俊足で走攻守にレベルの高い外野手。
金属バットが凹むスイングスピードとパワーを
もつ。選手として秋山監督を超えるのが目標。
13年は主に3軍戦に出場。83試率.283、2本。
13年は3軍で34試93打31安率.333、1本。
    2軍で99試328打58安率.244 2本
15年は2軍で89試228打53安3本.232
 15年は足踏み。16年はもがいて抜け出してね。
16年は2軍で90試319打94安7本.295
 オープン戦で4試3打2K1B。
 オフにU23W杯日本代表に選出され、全試合
4番レフトで出場。4HRで優勝に貢献し大会MVP。

金子侑司
 
立命館宇治 立命館大 西武3巡目 俊足、好守のショート。守備は高校時代から
定評があった。
大学2年春ベストナイン。3年で日米大学
野球の代表。
打撃を磨いて、メジャー挑戦す
る中島選手の後釜に座ってほしい。
13年から1軍に。 94試62安率223

14年は91試243打60安率247
15年は57試156打35安1本.224
 まだまだ野球に集中してほしい。
16年は7月から1番ライトに定着。
  オリ糸井選手と共に盗塁王に輝く。
   129試460打122安1本53盗塁.265

河野秀数
 
山   城  佛教大
新日鐵住金広畑
北海道日本ハム
7巡目 
大学時代からキレのよい横手投げとして
スカウから注目されていた。1年下の大野
の活躍であまり目立たなかったが、4年の
神宮大会準決勝で144キロマーク。
社会人でもコンスタントに140キロを投げ、
スライダーのキレもよい。
中継ぎとして1年目から期待される。
13年から中継ぎとして活躍。
 33試32.1回11ホールド防2.23.
14年はおもにワンポイントで23試。
  千葉ロッテ戦でプロ初勝利。
15年は2軍で24試21.1回1勝3敗。防10.55 
15年限りで引退。 
2011

レポート

駒月仁人
塔   南
(西京ビッグ
 スターズ) 
  埼玉西武3巡目 捕手。1年夏に公式戦デビュー。3回戦
の加悦谷戦で延長10回サヨナラ2ラン。
2年秋に秋季京都大会を制し、近畿大会
初戦は報徳学園に敗れたが、右へ本塁
打して存在感を示した。
右の長距離打者として高い評価を得た。
西武では外野手登録。12年は2軍で29試
合打率209、1本塁打。
13年は2軍で54試20安3本率189. 
14年は2軍で92試251打49安8本率195.
15年は2軍で87試267打61安11本.228
  一歩ずつ成長中。今年こそ1軍デビューを。
16年は2軍で87試243打56安7本70K.230
   2軍では4番も打ったが成績は足踏み

桑原将志
福知山成美
(和泉
 ボーイズ)
  横浜4巡目 内野手。高1春からレギュラーとなり、1
番打者として機能。しかし、同学年の
不祥事でベンチ入りできず。秋の近畿
大会PL戦で多司君から完璧な2ラン。
2年夏も不祥事で出場できなかったが、
運動能力高く、あらゆる面で意識の高い
プロ向き。
12年は2軍で89試合打率225
   10月1日1軍デビュー、初安打。
13年は2軍で90試75安率270.
    1軍で5試6打数ノーヒット。
14年は1軍で53試144打37安率257.
 巨人戦でサヨナラ安、沢村拓一から初HR
15年は1軍で60試103打19安.184
  そろそろブレークを期待。
16年は1番センターとしてレギュラー獲得
  133試462打131安80得点49点11本19盗.284   
芳川 庸
洛   北
(京都嵐山
  ボーイズ)
  巨人・育成4位 3年夏の久美浜戦で左へ特大アーチ。
入団テストで、志望動機の作文力も高く
評価された頭脳派捕手。背番号「006」
13年は2軍で6試3打1安。
14年は2軍で14試14打2安。
  オフに育成として再契約。
15年は2軍で13試15打3安1本。
 3軍制になり、頭のいい芳川君は貴重な存在に。
16年限りで現役引退。
17年からジャイアンツアカデミーのコーチに。 
辻 孟彦  京都外大西
(京都洛南
  ボーイズ)
日体大  中日4巡目  07年夏甲子園にファースト、控え投手と
して出場。日体大でエースに成長し、4年
春は連盟新の10勝、連盟タイの5完封で
ドラフト候補となった。12年は2軍で23試
2勝7敗。防御率4.06.
13年は1軍で13試19.2回防4.54
14年は2軍で結果出ず、1軍出場なし。
 オフに自由契約。日体大コーチに。
 
2010
島本浩也
福知山成美
(橿原
 コンドルズ)
  阪神・育成2位 11年育成試合で好投。背番号「126」
12年は2軍で6試合4.2回に登板。
13年は2軍で25試23.2回防4.94
14年は2軍で17試42.1回防3.40
 オフに念願の支配下契約。背番号「69」。
15年は1軍で18試18.1回防8.84.
     2軍で20試43.2回防4.95
  セットアッパーとして定着を。
16年は1軍で23試1勝24.2回防3.65.
 7月24日の広島戦、1球投げただけでプロ初勝利。
   2軍で18試46.0回3勝3敗防5.67
 

大野雄大
 
京都外大西
(藤森中学)
佛教大  中日1巡目  投手。佛大時代に急成長。
05夏、06春甲子園。
11年新人でシーズン終盤に1軍へ。
12年は9試4勝3敗防2.62 CSにも登板。
13年は25試合10勝10敗、チームの勝頭。
14年は25試合10勝8敗。
15年は28試合11勝10敗。207.1回防2.52 エースに。
 日本を代表する投手になってね。
16年は19試合7勝10敗。129.2回防3.54。
 
2009 福田岳洋 大   谷  高知大・
リッツベース
ボールク
(京大大学院)
・香川 
横浜5巡目  投手。10年1軍で18試合に
登板。2年目は2軍で19試合。
12年は1軍で5試8.1回防9.72.
13年は3試合3回で自責点3。
13年限りで退団。
2008 申 成鉉  京都国際    広島4巡目  韓国ソウル出身。内野手。
日本の高校野球とプロ野球にあこがれて留学。
入団テストを受けて合格。
11年2軍で71試合。打率.205
12年は2軍 で44試合。打率208.
13年は2軍で41試合17安打率250.
14年は韓国の独立リーグ高陽ワンダースに所属。
15年は韓国プロのハンファ・イーグルスでプレー。
   64試102打23安4本17点44K.225
杉山晃紀 綾   部
(綾部
 ボーイズ) 
  巨人・育成1位 投手。最速147も、腰痛に悩まされ、
思うようなピッチングができなかった。
3年間在籍で退団。
 
2007
中村 憲
 
京都すばる   広島4巡目  高3夏エースで府大会決勝進出。
外大西に1対2で敗れ、甲子園出場ならず。
プロ3年目の11年も育成契約となる。
  外野手に転向。
12年7月、支配下登録。
13年は2軍で37試合14安打率259.
14年は2軍で69試合127打43安打率339.
15年は2軍で14試9打3安。戦力外に。
16年は福山ローズファイターズでプレー。
 広島県福山市の10企業が出資のクラブ。
 スポンサーのスーパー「エブリイ」の正社員と
 して働きながらプレーする。
 中四国クラブ選手権準優勝
2006
大隣憲司
京都学園  近畿大 ソフトバンク
大社自由枠 
高3春の近畿大会V.「古都のドクターK」。
大学3年の全日本選手権で1試合19Kの
大会新。決勝まで4試合自責点0(失点2)
で準優勝。06年全日本選手権ベスト4.
2006年ドラフトの最大の目玉に。
08年に11勝も、11年は9試合。
12年は25試合12勝8敗。防2・03.
13年はWBC日本代表。
 シーズンは腰痛で7試合3勝3敗のみ。 
14年、難病の黄色靭帯骨化症から7月に復活。
 9試3勝1敗もCS,日本シリーズで好投し話題に。
15年は11試5勝4敗。74.1回防2.54
16年は左ひじ手術からの復活登板も
   1試合1勝のみに終わった。

今浪隆博
平   安  明治大  北海道・
日本ハム
大社7巡目 
内野手。2001年夏5番セカンド、
02年春甲子園出場。
大学では広角に打ち分けるシュアな打撃で
注目され、06年秋リーグ2位の率361マーク。
11年84試合.240  12年13試合率167.
13年は91試合打率242.
14年は東京ヤクルトに移籍。13試合に出場。
15年は68試123打39安2本.317 
16年は川端と激突して1週間休んだり、甲状腺機能
    低下障害で3週間休んだりと苦労した。
     94試201打56安1本.279 
2005   
炭谷銀仁朗
平   安    埼玉西武
高校1巡目 
捕手。平安の主砲として夏の京都大会4本塁打の
    最多本塁打記録をマーク。
2006年高卒で開幕スタメン。
11年レギュラー定着。
13年はWBC日本代表。
   141試合率215.阻止率246で5位。
14年は125試.297 盗塁阻止率.444で日本一
15年は133試399打84安.211
16年は117試294打64安.218 
末永仁志  南 京 都    千葉ロッテ
高校3巡目 
投手。2008年限りで退団。
神戸9クルーズなど独立リーグ
で投げた後、引退。 

平野佳寿
鳥   羽  京産大 オリックス・
大社希望枠
投手。高校時代は2番手。
在学中2000春夏、01春甲子園。
高2夏はベンチ外。
入団1年目から活躍。
11年リーグ新の43ホールド。
13年は抑えとして60試合31Sはリーグ2位。
14年は抑えとして62試。パ新の40Sで最多セーブ
15年は33試12S防4.06
16年は58試4勝4敗31S8H防1.92 
吉見太一  京都成章  立命館大、
サンワード貿易
西武・
大社3巡目 
98年夏甲子園準V。
立命時代は「古田2世」
2010年に引退。ブルペン捕手。 
柳田殖生  福知山商  デュプロ、
NOMOベース
ボールクラブ
中日・
大社5巡目 
99年夏4番ショートで甲子園出場。
11年ウエスタン首位打者.319
12年は1軍ベンチ。29試率208.
13年は37打数7安打で自由契約も、
14年に横浜DeNAと契約。74試88打24安率.277
15年は24試43打9安.209
16年は23試24打1安
16年限りで引退し、球団職員に。
2004   岸本秀樹
 
平   安  近畿大  横浜5巡目  99春甲子園に出場も、控え投手。
08年から広島カープ。
中継ぎとして活躍。
12年は27試合、防6・75.
13年は1軍登板がなく、引退。
14年から広島のスコアラー 

赤松真人
 
平   安  立命館大  阪神6巡目  99春甲子園。ベスト8.
カープのスカウトからプロ入り打診されたが、自信
なく、原田監督と相談して進学を決める。
立命館大では4年に主将で春リーグ優勝。
08年から広島。
俊足攻守の外野手として活躍中。
12年は76試合。打率242.
14年はおもに守備固めで74試合に出場。
15年は52試。守備固めや代走で出場。
16年は89試合19打7安12盗塁。代走、守備固めで。
17年 胃がん手術を公表。 
橋本健太郎
久 御 山 東北福祉大、
日本新薬 
阪神4巡目  投手。阪神で中継ぎとして活躍も、
09年の千葉ロッテ移籍後は、
2軍戦が多くなっている。
12年は1軍で13試合防4・20.
13年は1軍登板なく、引退。
14年、阪神の打撃投手。 
2003
糸井嘉男
 
宮   津  近畿大  日本ハム
自由枠 
高校時代はエースとして、春季優勝の須知
と豪雨の中の死闘を制したが、2戦目の
立宇治に2−3と敗戦。
大学では4年春、最優秀選手賞の大活躍。
速球投手として入団も、06年に外野手へ転向。
身体能力抜群。
13年1月、オリックスへ電撃トレード。
  打率300.61打点、33盗塁。
14年.331で首位打者。
15年年俸は3億5000万円。主将。.262 17本
16年は143試532打163安17本70点.306
 53盗塁で金子侑司とともに盗塁王 史上最年長記録
 オフにFAで阪神へ。 
2002 大原秉秀  福知山成美   ヤクルト5巡目 内野手。身体能力と強肩で期待されたが、
09年限りで退団。
韓国のプロにも挑戦した。
11年女子プロ野球の兵庫でコーチ。 
横山徹也  福知山成美   近鉄6巡目  捕手。05年から分配ドラフトでオリックス。
2軍で活躍するが、なかなか1軍で使って
もらえない。
12年は15試合もスタメン4試合で35失点。
13年は2軍で35試合で自由契約に。
14年、四国ILの愛媛へ。43試.188、1HRで退団。
15年は楽天ブルペン捕手に。6月に育成契約して
2軍の試合に出場。14試率.084 
2年連続の現役引退で、16年はブルペン捕手。 
杉山直久  東 舞 鶴  龍谷大  阪神・自由枠  投手。龍谷大に入って大きく伸び、2年春に、
京都産大戦でノーヒットノーラン。秋の明治神宮
大会でベスト4.4年で日米野球の日本代表。
大学通算15勝4敗。防1.19.
2002年ドラフト自由枠で阪神入り。背番号「18」。
05年はローテ投手として9勝(6敗)しリーグ
優勝に貢献したが、その後は低迷。
通算94試21勝23敗。防4.01。
12年富山サンダーバーズ。現役引退。
13年スポーツマネージメント会社に就職。赤星
憲広のマネージャーを務めた。
15年からオリックスで監督付広報兼打撃投手。 
2001 小川裕介 立命館宇治 立命館大  オリックス・
自由枠 
投手。立命大時代に7連勝して注目されたが、
プロでは思うように活躍できないまま06年に引退。 
2000   近澤昌志  鳥   羽    近鉄3位  捕手。00年春夏甲子園。
プロではケガもあり、思うように活躍できず。
06年渡米も、翌年膝を痛めたりして引退。 
山田秋親  北 嵯 峨  立命館大  ダイエー2位 投手。97年夏甲子園。シドニー五輪。
04年に中継ぎとして活躍。その後は
故障で活躍できず。09年独立リーグの
福岡に入団。10年千葉ロッテで復帰。
11年、12年1軍登板なし。
13年からミキハウスREDSで活躍。
17年からびわこ成蹊スポーツ大コーチに。
木元邦之  京 都 西  龍谷大  日本ハム2位  内野手。3年目の03年から1軍定着
したが、06年に腰痛で不振に。
07年途中オリックスへ移籍。08年引退。
岡本真也  峰   山  佐藤工務店、
阿部企業、
ヤオハン
アムウェイ、
ヤマハ
 
中日4位  投手。05年に10勝。07年中継ぎで
日本一に貢献。08年西武へ移籍し、
リーグ優勝、日本一に貢献。
10年韓国LG,11年楽天。1軍登板なし。
11年限りで引退し、仙台市でもつ鍋うどん
屋を営む。
1999 吉崎 勝 東   山  ミキハウス  日本ハム3位 投手。03年「あっち向いてホイ」投法で
先発ローテ入りし8勝。05年は中継ぎ
として活躍。07年から3年間楽天。
現在は日本ハムの打撃投手。
1998 河端 龍 西 城 陽  龍谷大  ヤクルト5位  94夏エースとして甲子園。
龍谷大では1年から登板し、最優秀投手賞3回。
エースとして通算28勝9敗。防1.92.
プロ入り後、右ひじを故障したが、01年中継ぎとして
41試合に登板、45回で防3.20の成績を残して
リーグ優勝、日本一に貢献。05年まで中継ぎとして
活躍し、河端・高津の投手リレーはヤクルトの看板に。
右肩を痛めて08年に引退。その後は、チーム
付き広報としてベンチに入る。
通算231試255.1回13勝14敗。218K。防3.45
1997   川口知哉 平   安    オリックス1位 97春夏甲子園。夏は全国準V.井川慶、
能見篤史と左腕三羽ガラスと呼ばれた。
プロ入り直後のフォーム改造で制球難、
故障に見舞われ、活躍できないまま04年
に引退。現在は女子野球・京都アストドリ
ームスのコーチ。 
田中 充 西   京    横浜4位  外野手。高校時代は「古都のゴジラ」
2軍では三拍子揃うレギュラーとして
高い評価も、1軍では活躍できなかった。
07年に引退後、パナソニックでプレー。
現在は関西外語大コーチ。 
倉 義和
京都成章  京都産大  広島5位  高校では大家友和とバッテリー組み、
93年夏府大会準V.プロ1年目から「守備
は教科書通り」とスタメン起用。05年から
石原と併用。エース黒田博樹と相性よく
「黒田専属」に。その後も高橋、青木らの
専属捕手に。11年は55試合に出場。
12年は70試合打率195.
13年は39試合に出場。
14年は26試合、打率.093.
15年は1軍出場1試合のみ。2軍で21試合。
16年は2軍バッテリーコーチ兼任。1軍出場なし
     オフに現役引退。
17年から2軍バッテリーコーチに。 
川中基嗣 東   山  東洋大、
日本通運 
巨人2位  内野手。代走、守備固めから始まり、01年
から出場機会増える。内外野守り、左打ち
にも挑戦。07年引退後、育成コーチ。
現在はフロントで育成部を担当。 
1996  竹清剛治  平   安  三菱自動車京都  ロッテ2位  投手。即戦力として期待されたが、
思うように活躍できず、4年間で退団。
その後、中国や台湾でもプレーした。 
宇野正美  花   園    巨人5位  投手。ケガなどで2年間で広島へ移籍。
結局、プロは3年で退団。リースキン(伯
和ビクトリーズ)のエースとして都市対抗に
出場。05年ヤクルトでプロ復帰。中継ぎで
6試合に登板。07年引退。 
中西有希人  東   山   日本ハム7位  投手。4年間在籍したが、1軍で登板する
ことがないまま退団。 
1995 斉藤和巳  南 京 都   ダイエー1位  投手。入団直後から肩の故障と戦いながら、
プロ4年目の2000年に初勝利をあげ5勝2敗。
プロ7年目の03年に20勝(3敗)をマーク。
194回で174被安打77与四死球160K防2.83
沢村賞も獲得し、タイトル総なめにした。
常時140半ばのストレートとスライダー、カーブ、
決め球は140キロで空振り率の高いフォーク。
勝率が高く、「負けないエース」と呼ばれた。
06年18勝5敗201回で205K。防1.75.
08年に肩の手術をしてから登板なし。
11年はリハビリ担当コーチを務めながら復活に
賭けたが、13年7月限りで引退。
通算150試79勝23敗、勝率.775.
949.2回で841被安打372与四死球、846K。
防御率3.33.現評論家。
細見和史  北 嵯 峨 同志社大  横浜1位  1991夏甲子園。ケガに悩み、プロ5年目に
涙の初勝利。03年西武へ移籍。
04年阪神にテスト入団。
05年台湾へ渡ったが、オフに引退。 
1994 後藤利幸  鳥   羽  三菱重工神戸  ロッテ5位  投手。98、99年に「オリックス・キラー」
と呼ばれ、イチローに「あの程度の
投手を打てなかった自分に腹が立つ」
と言われた。00年イチローにワンバウンド
をヒットされる。02年に引退。 
1993   波留敏夫  大   谷  熊谷組  横浜2位  内野手としてプロ入りするが、外野手に
転向。2年目から1番か、2番センターで
出場し、378打117安で.310をマーク。
98年、428打117安.273の成績でマシンガン
打線の2番として横浜の日本一に貢献した。
闘志あふれるプレーから、「ハマの核弾頭」と
呼ばれた。
99年568打169安で.298、31二塁打15本
70点21盗の成績を残す。
01年中日移籍。03年ロッテに移籍し、現役引退。
通算913試872安44本76盗打率.278
06年から横浜コーチ。14年から谷繁監督に
呼ばれ、中日の外野守備走塁コーチ。
14年から京都の学童野球で「波留カップ」を開始。 

大家友和 
京都成章    横浜3位  1993夏府大海準V,
プロ4年目の1998年イースタンで
最優秀防御率のタイトルをとり、
そのオフにボストンレッドソックスと
マイナー契約。99年メジャー初勝利。
02年以後、エキスポズ、ブルワーズ
でローテ投手。メジャー10年で51勝
68敗。10年横浜復帰。11年で自由契約。
13年BCリーグの富山で復活。
14年ナックルを習得し、米独立リーグの
ブリッジポートで7勝12敗。
15年は富山サンダーバーズ→福島ホープス。
16年は福島で16試79.2回7勝4敗防2..82
16年10月、MLB公開トライアウトを受け、
 ナックルボーラーとして3Aノーフォークに配属。 
岡島秀樹  東   山    巨人3位  1992、93年センバツ出場。
97年から中継ぎとして活躍。2000年に
クローザーとして優勝に貢献する。
06年日本ハム移籍。中継ぎとして
日本一に貢献。オフにレッドソックスと
契約。07年ワールドシリーズ制覇に
貢献。11年は3Aで登板。
12年福岡ソフトバンクで56試合に登板。
防御率0・94.
13年はアスレチックスとマイナー契約。5月に
メジャー昇格したが、約1ヵ月で降格。
MLBでは通算266試17勝8敗6セーブ84ホールド
14年は福岡ソフトバンクに復帰。
 中継ぎの柱として44試合に登板。防2.11
15年は横浜DeNAに移籍。10試2敗2H、防8.59 
16年は米オリオールズとマイナー契約。
  7月に現役引退を発表。
1992   久保貴裕  京都成章    ダイエー2位  高3夏府大会でノーヒットノーラン。
98年まで在籍したが、1軍登板はなし。
その後、打撃投手。3軍マネージャー。 
田中敏昭  峰   山    横浜7位  高校時代は岡本真也とダブルエース。
2軍ではエース級の働きをしたが、1軍
では活躍できなかった。2001年引退。 
伊藤智仁  花   園  三菱自動車京都 ヤクルト1位  投手。
三菱自動車京都時代にバルセロナ五輪代表。
150キロを超えるストレートと、真横に滑るような
高速スライダーで注目集め、93年7勝(4完封)
2敗、109回で126K、防0.91で新人王。
その後はヒジ痛とルーズショルダーに悩まされ、
97年に7勝2敗19Sでカムバック賞を受賞したが、
常に故障との闘いだった。03年限りで引退。
通算37勝27敗25セーブ。558回で548K。
防2.31.現投手コーチ。 
1991     松岡正樹 平   安   巨人3位  捕手。90年夏甲子園。ドラフトでは巨人と
近鉄に3位指名を受けるほど高い評価
されたが、1軍戦には出場できなかった。
95年退団。 
上山 勲  北 嵯 峨    近鉄7位  90春、91夏甲子園。近鉄には2年間在籍。
1軍出場はなかった。 
江坂政明  平   安  神戸製鋼  近鉄2位  プロ1年目は中継ぎ、2年目はローテ
投手として8勝の活躍をする。3年目から
成績が下がり、97年阪神へ移籍、引退。 
桧山進次郎
平   安  東洋大  阪神4位  4年目から出場が増え、5年目の96年、
5番レフトに定着。01年に打率.300をマーク。
03年4番ライトで16本、61点、.278でリーグ
優勝に貢献。サイクル安打も記録した。
04年は18本、84点、.306と自身最高の成績を
残した。
その後、不振に陥ったが、08年に復活し、
「代打の神様」襲名。代打安打数の球団
記録を更新。代打14HRも球団記録。
代打通算100打点は史上3人目。
代打通算155安打はセリーグ2位。
13年限りで引退。評論家に。
通算1263安、159本、707点、打率.260 
中村公信 朱   雀 田村コピー  阪神8位  外野手。高3夏は3番で京都大会ベスト8。
テストを受けて入団。在籍2年。
1軍出場はなし。
1990  小島弘務  平   安 駒大中退−
住友金属 
中日1位  1年目から先発・中継ぎとして24試合に
登板して6勝。以後も中継ぎとして活躍。
98年千葉ロッテ。2000年は台湾。現在、
名古屋で「炭火焼肉ひろむ」経営。
少年野球で指導も。
 
谷内聖樹  西 京 商   近鉄ドラフト外  94年初登板。1軍で20試合に登板。
99年広島へ。現在は全大津野球団所属。
 
1988 田口茂樹  西 城 陽   近鉄3位  投手。アメリカへ留学もしたが、肩を故障。
コーチの指導とも合わず、1軍登板ない
まま4年で引退。
 
1987 藤原清景  大   谷   近鉄3位  捕手。8年間在籍したが、1軍では出場
できなかった。96〜5年間ブルペン捕手。
塚本善之  西 城 陽   広島5位  投手。1軍出場ないまま3年で引退。
競輪選手に転向し、現在もA級在籍。 
北村俊介  大   谷    中日ドラフト外  89年代走で初出場。94年6月巨人の
斎藤雅から初ヒット。96年近鉄移籍、
翌年引退。現在、埼玉でKS野球塾塾長。
 
1986 山越吉洋  平   安 法政大−
本田技研 
阪急2位  内野手。守備要員としてベンチ入り。
守備は華麗、かつ堅実だった。94年、
滋賀県内のスーパーを継ぐため引退。
 
1985  北崎純一  京 都 商    広島ドラフト外  投手。ドラフト外で入団したが、3年間
で現役引退。89年から11年間、打撃
投手を務めて退団した。
 
1984 中村武志  花   園    中日1位  捕手。3年目から1軍で出場し、4年目に
レギュラー。星野監督から厳しい指導を
受けて成長し、88年と99年のリーグ優勝
に貢献。現中日コーチ。
 
1983  大門和彦  東 宇 治    大洋4位  投手。3年目から1軍で投げ、阪神キラー
のローテ投手として活躍。90年広島のアレ
ンに死球を与え、追いかけられた場面が
珍プレーで有名。94年阪神へ移籍、引退。 
清川栄治 京 都 商  大商大 広島ドラフト外  78年夏の京都大会で”2年の秘密兵器”
として優勝候補だった原田英彦らの
平安斬り。甲子園出場。
入団3年目から左のワンポイントとして
活躍。87年には29人連続凡打に取る。
91年近鉄移籍。98年広島に戻り引退。
通算364回で375K。広島、オリックス
で投手コーチを務める。 
1982   中島裕司 京 都 商  大商大  近鉄4位  高3の夏、4番ショートで甲子園出場。
大商大でも主力として活躍した。
近鉄には4年間在籍したが、1軍出場ない
まま引退。 
豊原 豊  花   園  大商大  近鉄5位  高3夏は4番のパワーヒッター。大商大
でも主力として活躍した。
4年間在籍したが、1軍出場なく引退。
現Kボール少年野球連盟の役員。 
堀田 徹   京 都 商    巨人ドラフト外  81年夏の甲子園で、3番ファーストとして
準優勝。
長嶋監督が80年までつけていた背番号
「90」を継承して話題になったが、1年で
退団した。
  
1981     服部浩一 京 都 商  大商大  阪神6位  高3の77年夏、エースとして甲子園。
大商大では外野手として活躍。
193センチのパワーヒッターで、
2軍では打点王にも輝いたが、1軍
では活躍できず、88年限りで引退。 
上本孝一  西 舞 鶴    広島5位  捕手。正捕手に達川がいて出場機会に
恵まれず、85年からセの審判員に。
球審を務めるまでになっていたが、
06年43歳で急逝。審判の袖番号「3」は
永久欠番に。 
中馬賢治 共   栄    近鉄5位  捕手。1軍出場がないまま86年に南海
へ移籍。その年限りで引退した。 
水本啓史 京 都 商    中日ドラフト外  81年夏の甲子園に1番ショート、主将
として出場し準優勝。
中日には6年間在籍。1軍では1打数
ノーヒット。
 
田島俊英 花   園    巨人ドラフト外  3年夏の京都大会では、6番ライト。
シード校ながら3回戦で洛星に2対3と
敗退も、3試合で11打数8安打。2回戦
の須知戦(11対0 7回)でリリーフ登板。
投手として入団したが、2年で引退した。
1980 広瀬新太郎 峰   山    大洋1位  投手。しなやかなフォームで注目され、
大洋でも背番号「18」と期待されたが、
1軍で勝てず、87年から西武へ。
91年、峰山の大先輩・野村監督率いる
ヤクルトへ移籍。中継ぎとして29試合に
登板した。翌年引退。
堀井恒雄 大   谷  大商大  大洋2位  85年サイドにして制球難を克服し5勝。
翌年リリーフとして47試合に登板。
88年ロッテ移籍し、90年引退。ロッテ、
横浜コーチを経て、現横浜のスカウト。
1978  北野明仁  宇    治    巨人ドラフト外  江川騒動でドラフト会議を欠席した巨人
にドラフト外で入団。
腰痛もあって3年後の82年には野手
に転向したが、その年限りで現役引退。
用具係を2年務めた後、打撃投手に。
特に王さんや松井君に気に入られ、
「松井の恋人」とも呼ばれた。
2011年限りで退団。ご苦労さまでした。
 
1976  斉藤明雄 花   園  大商大  大洋1位  72年6番センターでセンバツ出場。
大商大で投手に。通算30勝17敗。
77年8勝9敗で新人王。81年抑えに
転向してセを代表するクローザーに。
引退後は解説者やコーチ。98年は投手
コーチとして日本一を経験した。
1973  小竹重行 京 都 商 (同大、
日本新薬)
阪神3位  73年エースで4番として春と夏の甲子園
に出場。ドラフト指名されたが、阪神に
入団せず、同志社大、日本新薬で活躍。
平安の原田監督、成美の田所監督らと
都市対抗にも出場。 
1972    中井康之 西 京 商    巨人1位  日本中が驚いた巨人の1位指名。本人
も喫茶店に行っており、携帯電話の
ない時代なので大捜索が行われた。
投手として入団も、肩をこわし78年
外野手に転向。2軍では首位打者、
打点王をとったが、1軍では代走、
守備固め専門だった。
84年で引退。芝大門で居酒屋を経営。
 
本田勤  花   園    南海7位  72年センバツに3番レフトで出場。斉藤
明雄は6番センターで初戦の専大北上
戦でともに4打数ノーヒット。
大型外野手として注目され、ドラフト指名
された、。2年間で引退。
 
豊島 寛  京 都 商   中日6位  京商の4番捕手。強肩強打で注目され
た。1軍の経験ないまま、6年で引退。
 
1971 中嶋愛和 京 都 商   中日5位  高3夏は4番センター。シャープに打ち
分けられる左の好打者と評価された。
外野手。中日に4年間在籍も1軍出場
はかなわず。会社務めを経て、04年
から富士大総監督。09年大学選手権
で準優勝。10年から岡山の環太平洋
大学監督。秋に明治神宮大会出場。
江島聖一 平   安    阪神10位  70年春夏は控え、71年春は主軸として
甲子園に出場。大型外野手として期待
されたが、1軍出場なく3年間で引退。 
1970 中村順二 京 都 商 東芝  ロッテ3位  1年限りで引退。
マスターリーグの福岡ドンタクスに「ミス
ターZ」として参加したこともある。
 
市場博己 平   安    ヤクルト14位  70年春夏の甲子園に主軸として出場。
1軍出場ないまま5年で引退。
 
芦田 宏  福知山商    近鉄ドラフト外 高3夏は3番レフト。京都大会4試合で
17打2安と不振だったが、ベスト8進出
したチームの主軸打者だった。
近鉄へはテスト入団。2年間在籍するも、
1軍での出場は果たせなかった。
 
1969     渋谷 通  平   安    広島2位  68年春から4期連続ファーストのレギュ
ラーとして甲子園出場。1本足打法の
強打者として注目された。
プロでは王さんと同じ背番号「1」と期待
され、1年目から1軍に帯同したが、
1塁、外野でレギュラーに定着できず、
3年目のオフ、日本ハムへ。
ここでもレギュラーは取れず、80年に
引退した。
石山一秀 平   安    近鉄5位  67年春は控え、高3の68年は強肩
強打の5番捕手として春夏甲子園へ。
69年近鉄へ球団職員として入団。1軍の
ブルペン捕手として1年を過ごす。オフ
にドラフト5位指名された。
捕手に梨田、有田がいたので出場機会
に恵まれず、主にブルペン捕手。83年に
退団。
84年から元巨人の新浦とともに韓国の
三星ライオンズで活躍。88年近鉄に
ブルペン捕手として復帰。93年からは
コーチも。現在は東北楽天のアジア
担当スカウト。
 
川本浩次  平    安    阪神ドラフト外  68年から、強打の外野手として4期
連続甲子園に出場。69年センバツで
京都の球児として初の選手宣誓をした。
阪神の1年目オフに近鉄移籍。5年間
在籍して引退。74年にヒット1本を記録。
 
高原栄一  平    安 東映練習生  東映ドラフト外  高2の66年センバツに補欠として出場。
東映フライヤーズの練習生となった後、
ドラフト外で入団。2年後、トレードで阪急
へ。阪急に3年間在籍して引退。
 
1968     池田信夫 平   安  (法大、
大昭和製紙) 
ロッテ3位  1年夏は控え、2年春はレフト、3年の68
年春夏はエースとして4度甲子園へ。
小柄ながら左のスリークォーターから、
切れのよいボールを投げ込んだ。平安
に進学予定だった東尾(箕島→西鉄)が
平安に進んでいたら、彼の控え投手か、
サードだったと語った実力派投手だった。
しかし、入団を拒否してアマの世界へ。
法大時代は、関大の山口高志(阪急)が
ライバル心を燃やす相手だった。
現在は、拓大一の監督。 
植木一智 平   安  龍谷大  阪神2位  64年の春夏甲子園に、衣笠祥男とバッテ
リーを組んで出場。ともにベスト8。
大学では68年春リーグで8勝あげ、
龍大のリーグ戦初優勝の立役者に。
阪神では即戦力左腕と期待されたが、
5年間でヤクルト戦の2勝のみだった。
 
梅村好彦 平   安  龍谷大  南海10位  3年の春夏、梅木、衣笠らと甲子園出場。
本来は捕手だが、衣笠がいたので、
ライトやファーストで出場した。
龍大では植木とバッテリーを組んで
リーグ戦優勝に貢献。
南海では5年間在籍。通算30試合。
 
梅田邦三 京 都 商 日本新薬  巨人9位  高2の63年夏、甲子園出場。日本新薬の
4年目にドラフト指名を受ける。
巨人では出場機会少ないまま、71年に
西鉄へ移籍。ショートのレギュラー獲得。
地味ながら守備は抜群にうまかった。
76年から中日、80年の途中に日本ハム
へ移籍して引退。 
1967  江島 巧  平   安    中日2位  2年の66年春夏と67年春に甲子園出場。
この年の高校球界を代表する強肩強打
の外野手だった。
中日では2年目にレギュラー獲得も、
打撃に目覚めかけた5年目オフに
ロッテへ移籍。強肩を買われ守備固めの
起用が増える。83年で引退後。コーチ
や解説者。韓国でコーチも務めた。
1966        門野利治 平   安    近鉄1位
(2次) 
66年春、夏の甲子園にエースとして
出場。センバツ1回戦で優勝候補の
前橋工を完封(1対0)して注目された。
春夏ともベスト8。
新人の年に7試合登板したが、その後
は登板なく、3年間で引退。
 
杉政忠雄 平   安  (関大、
西川物産) 
阪神3位
(2次) 
66年春、夏の甲子園に4番ショートと
して出場。
阪神から指名も入団せず、関西大へ。
4番サードとして、4期連続リーグ戦優勝。
4年で大学選手権準優勝。
社会人時代も都市対抗に出場。
83〜08年岡山興譲館監督。
石川県白山市のアレア野球スクールでコーチ。
現在は金沢大野球部コーチ。
畑矢敬治 平   安  (京都大丸)  阪急3位
(2次)
66年春、夏の甲子園で門野投手と
バッテリーを組む。強肩強打の捕手と
して注目された。
阪急に3位指名されたが、入団せず、
京都大丸へ進む。
 
伊藤博昭 平   安  (法政大)  阪神4位
(2次)
66年春、夏の甲子園でパワフルな打撃
が注目された。
阪神に4位指名されるが、拒否して、
法大へ進んだ。 
内田平三郎 京 都 商 (日本新薬)  近鉄10位
(1次)
高2の65年夏の甲子園に出場。強肩強打
の捕手として注目される。
近鉄入団を拒否して日本新薬へ進み、
4番捕手として活躍。9年間で補強選手
も含み5度都市対抗に出場した。
06年秋に花園大監督。
山本忠男 平   安  龍谷大  南海2位
(2次)
高3の62年、春夏の甲子園に4番サード
で出場。龍谷大でも4番で活躍。
プロ1年目から内野の控えとして出場。地味
な存在ながら南海のリーグ優勝に貢献する。
73年からコーチ。その後、阪急、韓国の
三星でコーチ。三星ではシーズン途中から
監督も務めた。帰国後は龍谷大コーチも。
阪本敏三 平   安  立命大、
河合楽器 
阪急5位
(2次)
高3の61年センバツに出場してベスト8.
3拍子揃ったショートとして注目され、
立命館大へ進学。7シーズン連続で
盗塁王に輝く。阪急から2位指名された
が、河合楽器に就職。翌年も5位指名
され、入団した。
プロ2年目にレギュラー。西本幸雄監督
の下、阪急第一次黄金期の2番ショー
ト。69年盗塁王。4年連続ベストナイン。
71年日本シリーズ第3戦、王貞治に
逆転サヨナラ本塁打を打たれるきっかけ
になった長嶋茂雄のゴロを捕りきれず、
西本監督は東映のレギュラー大橋譲と
トレードを成立させた。以後、東映、
近鉄、南海と渡り、80年限りで引退。
84年から13年間、近鉄のコーチも。
 
1965     河端良二 伏 見 工   広島5位  投手。
第1回ドラフトで指名されたが、入団
せず。
 
阪本敏三 平   安  立命館大
(河合楽器)
阪急2位  入団を拒否して河合楽器へ進む。 
吉岡宣男 山   城  立命大、
(日本生命) 
西鉄2位  高3の61年夏、エースとして甲子園出場。
立命館大で内野手に転向。第1回ドラフ
トで指名されたが、入団せず、日本生命
へ。都市対抗にも出場した。
太田喜一郎 山   城  立命大、
(日本楽器) 
西鉄16位  高3の1961年夏、一塁手で甲子園出場。
立命大で外野手に転向。ドラフト指名さ
たが、日本楽器へ進んだ。
 
           

                                    トップページに戻る   資料室へ戻る